八丈島から産地直送でサンダーソニア、フリージア、パッションフルーツと八丈島産青唐辛子の香りをお届けします  

フリージア

フリージア

 お買い物ページへいく

フリージア祭り会場
2009年フリージア祭り会場にて撮影

八丈島のフリージア球根栽培の歴史は長く、我が家でも作っていました。

小学生の頃から、春休みはお弁当持ちで花の切り落としを、5月の連休は球根掘り取り、夏休みは午前中球根の根もぎをしてから午後海水浴に行くというのが当たり前でした。

フリージア

春の花切りは球根を大きくするために切り取るのですが、満開の花びらをひょいと引き抜いて甘い蜜を吸ってはおいしいなあーと嬉しかったものです。

球根の根もぎは病気の源にならないようにきれいにするためにします。ゆきよおばあちゃんの昔の歌の鼻歌を聞きながら一緒にもいだものです。

今では球根生産より切り花として定着しています。

フリージア

奥山隆農園は切り花専門で古い球根は順次捨てられます。

オランダより輸入球を取り寄せますがフリージアは病気にとても弱いのでかなり苦戦します。

黄280

ボールバード
華やかな黄色の八重。
大輪。
蕾がかわいい。

ポルトサルート

ポルトサルートの蕾

ポルトサルート

ポルトサルート
鮮やかな黄色
大輪
香りも良い

フリージア

アンバサダー 
オフホワイトの上品な花びらで厚手です。
ブライダル用に素敵な色合いです。

フリージア蕾

アンバサダーの蕾
蕾のときは少し緑色がかっています。

フリージア

パープルレイン
牡丹色で重ねの多い八重咲品種
八重の品種は1輪目が開き始めたら収穫します。
早抜きは蕾が綺麗に咲きにくいからです。
人気物ですが蕾が大きいので箱詰めのとき苦労します。
長持ちします。

フィガロ

フィガロ
半八重タイプの橙赤
とても香りが良い

ブルームーンの蕾

ブルームーンの蕾
優しい色です
開くと色が少し薄くなります

フリージア

エンパイアー
白の八重
開き初めはバラの花のようです

フリージア

エンパイアー

クレア2

クレア
サーモンピンクです
がっちりしています

 お買い物はこちらから

フリージア切花栽培の様子

初秋

フリージア畑の準備。

フリージア畑の準備

少しベッドを高くして露地の場合は雨水、ハウスの場合は潅水による病気の流入を防ぎます。
フラワーネットを設置。植え付け後設置することもあります。

フリージア植え付け

球根の準備。
輸入球は消毒済みで届くのでそのまま速やかに植え付けますが、自前の堀上げ後保管していた球根はホーマイで消毒してから植え付けます。

球根の植え付け。

輸入2作目はウイルス病に罹病したものが多くなるので抜いて捨てることを予想して間隔を狭く植える。

フリージア植え付け

春に向けてすくすく生育中

早春

フリージア切花出荷調整の様子

フリージア切花出荷調整の様子

初夏

フリージア球根の堀上げ

フリージア球根の堀上

フリージアの花が終り葉が枯れたら球根を掘り上げる。
掘り取った後、網に広げてしばらく風乾します。

フリージア球根

フリージアアラジンの球根
親球と木子

根を取り除き、親球から木子を離す。
網コンテナに入れ風通しの良い日陰に保管し
どちらも来年の切花用になる。

フリージアバイラス

抜き取ったウイルスの葉。
葉がモザイク状になり、白化してくる。
花にウイルスが発現するとまだら模様になり、ひどくなると縮れてくる。
秋に植え付けるが輸入2作目はウイルス病に罹病したものが多くなるので抜いて捨てる本数が多い。

 お買い物はこちらから

a:16759 t:3 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional