八丈島から産地直送でサンダーソニア、フリージア、パッションフルーツと八丈島産青唐辛子の香りをお届けします  

農園の様子

奥山隆農園の様子

農園の今日

9月30日
昨日苺の高設栽培を決定したのに、今日変更。土耕中高設かな。少し低めだけど、去年の土耕よりはかなり高くできそうだ。費用も三分の一くらいでできそう。設置が人力で大変そうだけどなあ~。

9月29日
9月もあと1日。
苺を手作り高設栽培ですることになった。廃材パイプ管があるのと、出荷かごを栽培かごとして使えるので、部材を一部買わなくてもよさそうだけど、培養土にかなりお金がかかりそうだし、初めての高設栽培になるので一からやり直しになるようだ。膝はちっともよくならないので、これで良いのかも。
フリージアの球根があまりにも大きい物があるので、これをハウスに植えつけたら全部倒れてしまうことになるので、販売することにした。小さいのだけ手元に残すことにする。後は輸入球の到着を待つのみ。

9月22日
スト連右伐採終了ゴミを出して水掛けたっぷり。
パイプ3連中のパッションがあっという間に枝を伸ばしてきた。
苺小苗にIB。
今朝も寒かった。そろそろ薄い長袖をだしておこうかな。
そろそろフリージア予定地を耕運しなくては。
その前に球根の準備を終わらせなくちゃ。

9月21日
鉄骨ハウスサンダー予定地被覆終了。
パイプ単棟のYH巨大パッション2個が熟してネットの中に落ちていた。後はY長だけが数個残っているだけだ。Y長は色がわりに濃くて
色落ちも遅い。開花は一緒でも熟するのは他品種に比べてかなり遅い。YKの3品種は全部引き抜かれてしまったので、今年でおしまい。Jの蕾がかなり付いているが全部剪定することにする。
パッションの苗は順調に育っている。

9月20日
昨晩は寒くて、家中の窓を全部閉めて回った。
外は煌々とした月明かり。二重毛布を掛けて眠った。
静かで虫の鳴く声しか聞こえなかった。
今日も静かだ。
フリージア用スト連左被覆。
パイプ3連中パッションの枝選定。一節残して切り落とす。早い所は新梢に蕾がついている。
冬の実を採ることにする。

9月15日
昨日は風もあり、夜中に土砂降りもあり、降るかと思ったら朝から青空、晴天。風は台風がもうすぐ来るぞという感じの時々強風。
船は欠航。飛行機も1便は欠航。午後も無理だろうな。
ハウスを閉めこんだけどこの暑さでは、又開けなくては!風は吹きこむし困ったなあ。

9月11日
フリージア球根の販売ページを作った。
少量の予定だが、今年の春の球根の育ちが良くて大き過ぎるものが多いので要望も多いことだし販売することにした。
あと1か月もすると新種の輸入球がくる。今年は数種新しい物が来るので楽しみだ。
苺の苗が予定より少ないが、それでもかなり場所を取るので台を広げなくてはならない。
膝の痛みは相変わらずなので、どうにか棚栽培ができないものかと思う。

9月10日
パッションの挿し木はすこぶる順調。99%活着。
1回目の肥料を入れた。

9月8日
ヤギョウパッションはスト連左、パイプ単棟にほんの少し残っているが、鉄骨ハウスパッションはまだ残っていて頑張っている。

9月7日
苺苗広げる

9月6日
新スト2号被覆

9月5日
新スト4号被覆

9月3日
このところ生実のあるうちにと思ってジュースとジャムを頻繁に作っているので、はっきり言って60代3名はクタクタ気味。
暑い中で熱い仕事だし風がある日は網戸にもできない。
パッションの苗10日目。今のところとても順調だけどこれから数日が勝負。

8月30日
スト単パッション、パイプ3連左伐採終了。スト連左の手入れ伐採中。まだ少し実が残っている。スト連右もまだまだ実が残っていて手入れ切り。パイプ3連中はほんの少し実がのこっている。パイプ単棟はまだ青い実がある。新スト1号の遅れのところにまだ少し残っている。鉄骨ハウスパッションはまだまだ残っているが。枝数が減ってきたのでちんたらと収穫中。
ネットの受付を終了することにした。これからとれる実は自家販売のジュースやジャム用になる。
花の露用出荷あと1回で終了。
雨も降るようになってきたし、朝晩には秋の気配も感じる。台風の季節がそこまで来ているぞ。準備を始めなくては。

8月22日
今年もあっという間に夏が過ぎていこうとしている。
パッションも残り少なくなったとはいえ、毎日収穫しなくてはならない。雑草がどんどん伸びてきて半端じゃない。終了目前のハウスが増えてきたので、伐採を始めることにする。挿し穂の準備を始める。じっと暑さに耐えている苺の手入れもしなくては。

8月15日
母のお盆の3年法要も今年で終わった。提灯をお墓で燃やす慣習があって、不燃物が混じっていたらできないことになるので家で分解してから燃やすことにした。提灯は電池式で金具がついている。
今後の法要は極近い親戚だけですることになる。ひと区切りだ。

8月6日
箱が届いたのでひと安心。今日は観光客も多かったようだ。
ジュースの瓶が明日届く予定。いろんな物が次々と在庫不足になって毎日慌てている。それだけ頭が回らなくなってきたということだ。ガス台を取り替えた。農協に任せたら、便利なようで不便なものに変わっていた。フライパンの外側を焼こうと持ち上げたらすぐ火が消えた。あっという間にまた消える。たまごを焼くときに持ち上げられなくなるのか?どうやって火力を調整しろと?手で火を弱めようとしても回すダイヤルが無い。レバーを横に動かすのだが、見にくい。温度設定ができるのだが、メガネが無いと文字が見えない。メガネをかけたら湯気で曇ってしまう。

8月2日
ギフト用箱はまだ来ないし、在庫が大量に増えるので、ご家庭用として大放出することに。期間限定。

7月31日
ギフト用パッションフルーツの箱が在庫切れ。困った!
届くまでにまだ2~3日はかかるかなあ。

7月28日
隆は昼から夜中まで浜遊びで留守。
苺の苗の切り離しと不足分の苗採りがほぼ完了した。
スト連左が伸びた脇枝で暗くなってきたので切り落とし作業を2割終了。スト単は枝先に1個づつくらい残っている感じ。新スト1号とパイプ3連左の脇枝に新しく蕾が着き始めた。
全体に脇枝の勢いがすさまじくなってきて、あっという間に真っ暗になりそうで大変。

7月22日
スト単パッションは終わりそうでまだ終わらない。相当の数が生っていたようだ。
雨がもう何日降らないだろう。水を掛けても翌日にはカラカラだ。
町が節水を呼び掛けている。

7月15日
昨日今日と八丈島も猛暑だ。と言っても30度は越してないらしい。
湿度があるのでよけい暑い。
急に暑くなったからか、パッションが緑っぽいまま皺が入って落ちたものが出てきた。
全体には例年になく色着きが良い。良すぎたのでB級品がなかなか出ない。まだ大きいサイズが主でLサイズは不足している。

7月9日
朝は霧が降りていたが午後は一挙に好天気。

7月7日
関東は梅雨明けらしいが、八丈島は連日曇って蒸し暑くベタベタ、やっと梅雨らしくなってきたなあと思っているところだ。
雨は降らない。鉄骨ハウスの農業用雨水タンクが空になりませんように。
きゅうりが急に終わりになってきた。プリンスメロンが割れてきた。スイカはゼロ、実が止まらない。ゴーヤ初採り3本。ナス順調、ミニトマトまあまあおいしい?シソ、バジル、コリウス、フダンソウ、サンチュ、全部ほんの少し作ったのに手入れできない~。ヘブンリーブルーもまだ鉢に入ったまま。

7月5日
スト単パッション、残り少なくなってきた。
鉄骨ハウスパッションは順調によく色着いて収穫中。
八丈富士の山裾まで雲で見えなくて又も欠航続きかと思ったら夕方は
晴れた。こゆちゃん2歳の誕生日。

7月3日
パッション新スト1号収穫始まる。まだ最初の3株のみなので少量。
パイプ3連左、中も収穫始まる。スト連右収穫はまだ少ないが色着いたものに袋掛けするのが大変。
YHの花が特大。Y長、Y丸の開花が増えてきた。F1は全部のハウスで開花ゼロ。しばらくたってから1週間?くらいで最後の枝先再開花するだろう。
全体で4L~2Lがほとんどで、Lがなかなか出なくてLの発送ができない!

6月30日
薬草研究会の総会でお茶つくりと手作り昼食会。
くさや、ぶど、黒蜜寒天、杏仁豆腐、バニラアイスのパッションフルーツかけ、パッション果実、甘酒などスイーツの差し入れが沢山。
鉄骨ハウスパッション収穫が本格的に始まった。
連日八丈島の最高気温は関東の中で一番低い感じだ。
最低気温はあまり変わらない。
朝方は冷える。
F1の交配は殆ど終了。YK、Jはまだ咲いている。Y長がぽつぽつ開花。Y丸は蕾をつけながら成長中だが、蕾がつかなかったところも多い。自家受粉しないので花粉確保が大変になってきた。

6月26日
今日はお昼頃から風が出てきて雨が吹き付けてきた。
1便は飛んだようだが、2便、3便は欠航になってしまった。
スト連右初収穫。まだ全体には色着いていない。遅れの株のみ開花中だがあと2~3日で花が終わりそう。
スト連のYK1と2はよく花が咲くが3は咲いても落ちる。YTは蕾がついてこない。パイプ単棟のYHに開花。花が大きい。Y丸は葉が少し小さく蕾も小さめ。新スト1号は開花中。パイプ3連中少々開花、3連左は開花終了。Jは実が増えてくると極端に力が弱くなってくる。かなり肥料を必要としているようだ。Yよりは落花は少ないように思う。
鉄骨ハウスのパッションが色よくなってきた。やはり例年よりも1週間くらい早く進んでいる。

6月21日
次郎君と三郎君のポット付け終了。

6月20日
次郎君と三郎君のポット付け。

6月19日
南西の風。台風4号の余波かな。波の音が聞こえてくる。
ヤギョウスト連左スト単共にほとんど交配終了し、収穫が増えてきた。そろそろ出荷したいが、台風で時化だし、風はさほどではないが霧が深くなりそうだ。
スト連右は遅れの株のみ花盛り。収穫はまだまだ。
パイプ3連中、左も交配終了近い。
パイプ単棟のF1は最盛期、Y長開花近い。Y丸初開花、これは主枝の蕾。Y丸の結果枝の蕾はまだ膨らんでいない。Jは1枝に5~6個着果したあと休んでいる。YHは蕾がまだつかない。
スト連のYK①②③は実が付き始めたが開花数はまだこれから。
YTは相変わらず枝を伸ばすばかりで蕾は見えない。
新スト1号はかなり追いついてきて、蕾も元気。
霧が出てくると交配した花が落ちてしまうので困る。
色着いた実に白ネットを1個1個付けているので手間が大変だが、落とすよりはと頑張っている。
鉄骨パッションの先端の花ももうすぐ終了しそうだ。
連続生り28個の枝を発見。去年27個が最高記録だったので、わが家のギネス更新だが全部の枝をチェックした訳ではないので、まだあるかもしれない。
鉄骨ハウスに青ネット設置。ぽつぽつと収穫始まる。

6月15日
梅雨といってもまだそれほど蒸し暑くはなかったが、珍しく今日は汗がどっと出た。小雨かと思うと急にかんかんに照り付けたり、曇ってきたかと思うと温度が下がり、体温が追いつかない。
パッションの花は雨が天敵なのでハウスの天窓を開けたり閉めたり、微かな雨音に敏感になる。
パッションフルーツも収穫できているが、やはり初めの物は水分が少なめで酸味が強いので自家用にしている。もう少し温度が欲しい。味が良くなってからお客様にお渡ししたい。
鉄骨ハウスパッションは開花が少なくなっていたが今日から増え始めた。
ヤギョウパッションはスト単、スト連左共に脇枝のみに少々開花。結果枝は花終了。
スト連右にまだ開花あり。3連パイプ中は、植え付けが遅かった分立花が多く、今は開花は多いが先の方で黄色い蕾になった枝が多くみられる。3連パイプ左はよく成長したが途中葉の黄ばみが出てしまった。現在は葉色も戻りつつある。
新スト1号はずっと遅れていた株がやっと伸びてきて開花中。頑張れ新スト!パイプ単棟のY丸がやっと蕾を見せ始めた。あまり成長はよくなさそう。Y長はグングン蕾を大きくしている。Jは数個実を着けて現在お休み中。F12株は普通に成長を続け、作りやすい。
YK,3株はどんどん成長中。実をつけ始めた。YTはまだ蕾を付けずに枝ばかり蔓延らせる勢い。
白アリは1株だけに見られる。根本に脱皮阻害薬を設置して観察中。なかなか中へ入ってくれない。
ヤギョウスト連左パッション初収穫2個。

鉄骨パッション交配600。
ヤギョウスト単棟パッション交配20。
ヤギョウスト連左パッション交配30。
ヤギョウスト連右パッション交配137。Y,5。
ヤギョウ3連中パッション交配140。
ヤギョウ3連左パッション交配150。
ヤギョウ新スト1号パッション交配87。
ヤギョウパイプ単棟パッション交配F1,15。
苺は次郎君と三郎君が頑張っている。もう4~5日の辛抱。
マイマイガの小さな幼虫を毎日5~6匹、親株の根本に隠れているのを補殺。ハウスのサイドに網を付けたいのだが、温度が下がりにくくなるのでできない。
野菜ハウスの奥半分を草刈り機でやっつけてもらった。ほっとした。
挿し木で増やした中玉トマトの株が大きくなってきた。牛の堆肥と苦土石灰のみで栽培。枝豆とうまい菜は根切り虫の被害遭遇中。

6月13日
バジルと大葉定植。ミニトマト初採り。毎日きゅうりばっかり採れて少々うんざり。どうしよう、なにか加工したいけど時間が無い。水太りが増長するぞ~。
ヘブンリーブルーのポットがツルを伸ばしてきた。定植したいけどなあ。

6月3日
アラジン掘り取り終了。
ヤギョウパッションフルーツの袋掛け開始。
2個収穫。
今日は立花が少ないが花も少ない。午前中は冷えた。

6月2日
時々小雨。
太郎苗をポットにセット終了。次郎君がどんどん伸びてきている。
アラジン掘り取り開始。木子が大きく育っている。
今日のパッションは立花はあるもののかなり回復してきた。
脇枝はやはり実の数が少なく、いつの間にか先の蕾が黄色く死んでしまった枝が目立ってきた。

6月1日
昨日、今日と、鉄骨ハウスとヤギョウハウス共に立花が非常に多い。鉄骨ハウス殆ど、ヤギョウハウス3分の2が立花。
あんなに晴天が続いていたのが、嘘のように突然梅雨真っ最中になってしまって、湿度は高いし寒いしで口内炎が出てきて風邪気味だ。
パッションも疲れが出てきて一休みしたいのだろう。
J初開花2輪。YK3、4輪め。
スト単F1、2個初採り。

5月30日
今日も時間がかかり、交配が終わったのは17時15分。大丈夫かなあといつもは花ばかりを追いかけて見ているのに、ふと、実を見てみたら紫色が飛び込んできた!ギョッとして見廻ると他に薄紫のものが3個ある。
ウオーッツ。どうしよう。まだまだやることが沢山残っているのに、今、収穫が始まったら大変なことになる。野菜畑の草取り…どうしよう。5月に収穫したことなんて無いぞォ~。あわててハウスを冷やすことにした。効果あるかどうか…。

5月24日
タンポポ学級の農園見学。ヤギョウのパッションの交配したものに印を付けて、熟したらプレゼントする約束をした。
パッションのぶら下がった中を通るのが面白いようで楽しそうだった。
質疑応答の書き込みを終えて鉄骨ハウスへ移動し、自家製パッションジュースを皆で飲む。
苺の苗の台をPC波板とコンテナでどうにかセットを始めた。
準備が前後してしまったので、結構手間がかかり大変。
ヤギョウパッションはスト単、スト連左ともに順調に実を着けて、花も少なくなった。
スト連右も順調に枝を伸ばして、花も大きく、枝先を止めた所が増えた。3連中も花は小ぶりだが葉の大きさは良くなってきて、花数も順調に伸びてきた。もう一息でいつもの生育に追いつきそうだ。
3連左はぐんぐん成長中。枝先を止めた所が増えてきて、葉も花も大きい。新スト1号は遅れの株のうち1株に開花始まる。
パイプ単棟F1初開花。Jの蕾が増えてきたが開花はまだまだ。
Y長Y丸はやっと横向き先止め進行中。
スト連YKに花芽が増えてきた。YTはまだまだ。
千両ナスが収穫できそう。ゴーヤが脇枝をどんどん伸ばしてきたのでどうにかしなくっちゃ。
ツルなしいんげんも種まきしないと。ミニトマトのつり上げも~
ヘブンリーブルーが伸び始めてきた。鉢あげしなくっちゃ~

5月20日
昨夜からの雨で恵みの雨だったが、夕方には濃霧。
交配した花が結果してくれるかわからない。湿度が高く筆がすぐに濡れてしまったので、指で交配した。
ヤギョウパイプ単棟のF1がぐんぐん伸びて蕾が増えてきた。
Jは脇枝が伸びて蕾が見えている。Yはやはり伸びが遅く脇枝が出ているがまだ伸びてこない。

鉄骨パッション交配820。
ヤギョウスト単棟パッション交配130。
ヤギョウスト連左パッション交配174。
ヤギョウスト連右パッション交配227。
ヤギョウ3連中パッション交配56。
ヤギョウ3連左パッション交配15。
ヤギョウ新スト1号パッション交配27。

5月19日

鉄骨パッション交配600。
ヤギョウスト単棟パッション交配75。
ヤギョウスト連左パッション交配100。
ヤギョウスト連右パッション交配124。
ヤギョウ3連中パッション交配37。
ヤギョウ3連左パッション交配5。
ヤギョウ新スト1号パッション交配15。

5月18日
鉄骨は順調に結実しているが葉が小さくて黄ばんだ株あり。
ヤギョウはスト単は葉は小さいが実はおおきい。交配は殆ど終わりに近く、立花が多くなってきた。実の色着きも近い。
ヤギョウ3連中は葉が大きくなり始めて、結実が始まった。
その他のヤギョウは葉が大きく実も大きいが、葉が大き過ぎるところもあり、棚が重すぎて心配。
苺のツルに萎れが3本。

鉄骨パッション交配1008。
ヤギョウスト単棟パッション交配147。
ヤギョウスト連左パッション交配193。
ヤギョウスト連右パッション交配172。
ヤギョウ3連中パッション交配54。
ヤギョウ3連左パッション交配21。
ヤギョウ新スト1号パッション交配26。

5月15日
パッションの立花が少々。
スト単ほとんどの枝で蕾終了。2番目の脇枝開花中。
スト連左は枝も太く実が3L級。早い枝はそろそろ終了。遅れの枝がぐんぐん太くなりつつある。あまりに重くなって下がるので、真ん中の列もカーテンを挟んでトップから吊った。
苺のランナーポット受け始める。
苺プランター移動でランナーに傷がついたようで、何本か茎がしぼんでしまっていたので抜き取ったが様子見。
2回目味みのり撒いた。トマト挿し芽。うまい菜、バジル、種まき。きゅうりがそろそろ収穫。

5月14日
パッションの立花がほとんど出ない。回復!

5月13日
パッションの立花多い。

5月12日
突如パッションの花がほとんど立花。

5月11日
雨。

5月10日
今年のパッションは今のところ立花が非常に少ない。
立花の起きる原因は複雑な条件が重なると思うが、まず、株に花が多すぎるとき、株の力が落ちている時、温度、湿度の変化が大きい時、など。
要するに株の力のバランスが悪い時に、花が着果したくないよ~といっている。なるべく楽に実を着けさせてやればいいのだと思うが、そこが収益の分かれ目なのだ。
例年5月3日頃から12日頃に調子が崩れてくるのは、実と花が多くなってきて負担になり始めているところに、温度や湿度の急な変化に対応しきれなくて休む花が出やすいのだと思う。強い枝は2輪、弱い枝は5輪前後休むとまた元気に正常花を咲かせ始め、実も少し大きくなる。平棚の場合、ツルの成長が早く開花数が多くなるので、立花の出る確率も高いように感じる。垂らしの場合、次の開花までの時間が平棚よりも長い。
摘果すればよいように思えるが、着果しても日射不足で幼果が落果することがあるので、着いた実はできるだけ大事にしたい。
単に大きい実を取りたいなら実を減らせばいいが、それでは採算が合わない。
小笠原ではパッションの白アリ被害は珍しくないそうで、即抜いてしまうらしい。当園では初めてのことなので、取りあえず脱皮阻害のエサを巣まで運ぶという人畜無害の薬を傍に置いて巣を壊滅する作戦に期待する事にしたが、周りが山林なので気の遠くなる話だ。

5月9日
普及センターに枯れたパッションの株を見てもらう。
白アリの被害。
大賀郷小学校タンポポ学級の農場学習の打ち合わせ。

鉄骨パッション交配900。
ヤギョウスト単棟パッション交配135。
ヤギョウスト連左パッション交配229。
ヤギョウスト連右パッション交配22。
ヤギョウ3連中パッション交配1。
ヤギョウ新スト1号パッション交配6。

5月6日
パイプ3連中開花始まる。2輪。
遅く植えたのに思いの外、よく枝を伸ばして花芽も順調。葉は小さかったが大きくなり始めた。温度高め。
新スト3号のフリージア整理半分終了。
3連中よりずっと先に植えたパイプ3連左パッションは未だ開花なし。温度低め、サイド側を開放する時間が長いためか。葉の大きさや茎の太さは良好。
新スト1号はまともに成長した株3つは羽を大きく広げてサイドへ向かっている。いまだ到達しない株があり、なかでもひどく遅れている6株は原因不明。
パッションの成長にはやはり温度が一番影響する。
あまり怖がらないで春先まで温度をやや高めに管理すること。

鉄骨パッション交配700。
ヤギョウスト単棟パッション交配177。
ヤギョウスト連左パッション交配250。
ヤギョウスト連右パッション交配12。
ヤギョウ3連中パッション交配2。
ヤギョウ新スト1号パッション交配2。

4月30日
スト単パッションの枝上げ終了。
枝が重くなってきて下がってきた。
スト連左の枝がかなり下がってきたので明日はここを枝上げすること。
パイプ3連中パッションの枝が増えてきた。
パイプ3連左のエスター線を張り終わる。

鉄骨パッション交配620。
ヤギョウパッション交配440。
新スト1号開花。

4月26日
晴れたり曇ったり。ハウスの開け閉め忙しい。
2連パイプ右フリージアの片づけ終了。苦土石灰散布耕運。自家野菜用。
2連左の掘り取り始め。特大球終了。
イチゴ親株がどんどん大きくなってきてランナーが続出。早くしないと地面についてしまいそうだ。新スト3号フリージアの片づけを急がなくちゃ。
今日はパッションの花が少ない。
スト単は終わりの枝が多くなってきた。
スト連は花が大きく、枝もニョキニョキだけど、枝数が少ない。
スト連右開花。
鉄骨パッションは枝の交差するところが出てきた。

鉄骨パッション交配320。
ヤギョウパッション交配250。

4月24日
鉄骨パッション交配610。
ヤギョウパッション交配412。

4月20日
鉄骨パッション交配410。
ヤギョウパッション交配405。

4月19日
鉄骨サンダー堀りA棟右端2列終了。
A,B棟谷間2列残り。
ぎっくり腰が治りきれない。

鉄骨パッション交配500。
ヤギョウスト単棟パッション交配210。
ヤギョウスト連左パッション交配150。
スト単に立ち花4。

4月18日
時々小雨。
スト単パッションの枝の先に咲いて終わりの枝が出始めた。
スト単左右サイドのみ追肥。
3連棟中、左追肥。
パイプ単棟追肥。
新スト1号追肥。
3連棟中の主枝左振りの先4枚ほどで伸びた所だけ止めた。遅れて伸び始めの株が40%ほどある。
苺株抜き取りの準備開始。
親株からランナーが出始めたが、早すぎだ。

鉄骨パッション交配200。
ヤギョウスト単棟パッション交配160。
ヤギョウスト連左パッション交配75。

4月17日
パッションの花が少し小さくなってきた。
授粉できていると思われた花粉の出るのが16時過ぎになった花は、結局ダメだった。
スイカ予定地に石灰散布、耕運。次回24日。

鉄骨パッション交配300。
ヤギョウスト単棟パッション交配212。
ヤギョウスト連左パッション交配50。

4月16日
今日も暑かった。
日差しが強い。
泳ぎに行きたくなる陽気だ。
鉄骨パッションに追肥たっぷりと水たっぷり。
サンダー掘り取りあと三分の一。
フリージアの掘り取りはじめる。
ぎっくり腰になりかけていて危ない!
こんな時の立ち上がり方を発見した。息を吐きながら動くと痛くない!
パッションの交配は順調。
急に気温が低くなった日は昨日の花が閉じていなくて、しかも今日の花粉が出てくるのが午後4時過ぎということがあった。
心配したが、ほとんど授粉できているようだ。

スト連右がめきめきと成長している。結果枝の先を数本止めた。
スト連左はまだ結果枝が出そろっていないがほぼ順調に開花が始まった。。
スト単は咲き終わる枝も出てきた。順調。
花は真ん中の列が大きい。
3連棟左は主枝が伸び始めた枝もあり遅れ気味だが太い。
3連棟中は伸びてきて結果枝が出始めたが枝も細く、葉も小さくなかなか追いつかない。
パイプ単棟は温度が高くなってきてやっと伸び始めた。まだまだ。
新スト1号は相変わらず伸びない株はそのままで、上まで到達してない。
新スト3号、4号のフリージアに水掛け。3号の抜き取り準備にかかる。4号は未だ球根が成長してない。
クワゴマが少し減ってきた。

4月12日
寒い。
フリージア球根発注。
鉄骨パッション交配150。
ヤギョウスト単棟パッション交配210。
ヤギョウスト連左パッション交配11。

4月11日
鉄骨サンダー球根掘り取り開始。
スト単パッション枝先止め、追肥。
新スト1号フリージアの整理始める。
鉄骨パッション交配52。
ヤギョウスト単棟パッション交配168。
ヤギョウスト連左パッション交配3。

4月9日
今日も風が強い。
スト連左開花始まる。
冷やしてきたせいか、スト単より2週間遅れている。
炭そ病が葉に出ていたのを消毒しなかったが、枝を更新した現在は全く見られない。
蕾が枝先5~6個の枝はさらに更新したので、開花は遅れる。
今年は秋から冬が冷えがきつかったので、パッションの初期生育が非常に遅れた。
スト連右パッション 早い株の脇枝が伸びて花芽を付けてきた。遅れた未だ上まで到達してない株、数本あり。
新スト1号は伸びた株はどんどん脇を伸ばしているが、いまだそのまんまの株があり、困ったものだ。

鉄骨パッション交配22。
ヤギョウスト単棟パッション交配187。
ヤギョウスト連左パッション交配2。

4月8日
隆、2便で帰島。
タクボン入学式。

鉄骨パッション交配21。
ヤギョウスト単棟パッション交配131。

4月7日
昨日から低気圧が吹きまくっている。台風並みだ。
フリージア祭り最終日。
帰れないお客様は気の毒に明日も危なそうだ。
風が強いのでハウスを閉め切ると、雨は対して降らず青空が広がっているせいであっという間に高温になる。
鉄骨パッション交配16。
ヤギョウスト単棟パッション交配191。

4月5日
隆、恵比寿花祭りの太鼓で上京。
夕方苺到着。ベンレート1000浸漬後植付け終了。
苗は小さく枚数があり、クラウンが太くて綺麗でしっかりしているが、根がかなり伸びていて鉢底から出た部分をむしった。
鉄骨パッション交配4。
ヤギョウスト単棟パッション交配170。 

4月4日
苺用プランター土入れ。鹿沼、燻炭、タキイ培養土。プランター1個に12Lほど入る。ベンレート潅注。

ヤギョウスト単棟パッション交配78。

4月3日
鉄骨パッション1輪開花。驚いた。
鉄骨パッションの整枝作業。このところ急に伸びてきた。
ヤギョウスト連左パッション、枝が太くてもったいないが枝先花芽が5個くらいしか無い物を切り落とし、脇枝と更新した。
スト単パッションは順調に開花中。枝数もおおよそ確保。
苺の親株植え付け準備。
アラジンが遅れていたおかげで、どうにか花束用に間に合っている。あと4日で終了。最終日まで残ってくれるか?ぎりぎりだ。
利休草も伸びてきた。

鉄骨パッション交配1。
ヤギョウスト単棟パッション交配118。

4月2日
ヤギョウスト単棟パッション交配80。

4月1日
いよいよ4月だ。
仕事では特に変わったことはないが、周りが新しい季節ムードいっぱいだ。
フリージアもあと5日で終了させて、花を飛ばしたりダメなものを抜き取ったりして、球根を育てる準備をしなければならない。
サンダーソニアの球根の掘り取りも待っている。
パッションの枝もどんどん伸びてきて、整枝作業が待っている。
その前にイチゴの準備だ。
ヤギョウスト連左パッションは、冷やしていたせいか、花芽の着くのが思いのほか遅くなって、枝の先の方でついている。
枝がぐんぐん伸びてきて整理が遅れてしまっている。
他の新パッションは生育がかなり遅れてどうなることやら。
鉄骨パッションは、去年よりは枝の出るのが遅かったので、ちょうど良い位置に花芽が着いている。咲き始めはあと10日後くらいか。

ヤギョウスト単棟パッション交配45個。

3月31日
ほとんどのフリージア終了。
アラジンと少量のアンコナが残っているが、これは花束に毎日使う。
ヤギョウスト単棟パッション交配74個。

3月30日
ヤギョウスト単棟パッション交配50個。

3月29日
ヤギョウスト単棟パッション交配25個。

3月28日
ヤギョウスト単棟パッション交配16個。

3月27日
ヤギョウスト単棟パッション交配8個。

3月26日
ヤギョウスト単棟パッション交配4個。

3月25日
ヤギョウスト単棟パッション交配4個。

3月24日
ヤギョウスト単棟パッション交配2個。

3月23日
パッション結果枝に咲き始める。
ヤギョウスト単棟パッション交配2個。

3月22日
アラジン丈の長いものだけ、少量咲き始める。
全体に丈がひどく短い。
まるで露地物のようだ。
花は綺麗なレモン色に近い黄色で大きい。
丈の伸びないわけは、輸入到着の延期で植え付けが11月9日に遅れてしまった事、寒かったこと、植え付け遅れに対して植え付け間隔が合わなくなっていたこと、などが考えられる。

3月18日
マーキュラス咲き始める。
綺麗な一重の濃い紫。
丈が伸びない。

3月17日
ボールバード咲き始める。
丈も十分あり、かわいい半一重のレモン色の花。
新エンパイアーだと思っていた輸入球が混ざりになっていて、他の白い一重の花の方が圧倒的に多い。少し弱めの茎と花で、緑かかった蕾の感じは、3年目のアルバトロス、といった感じだ。

3月11日
アルバトロス3日で殆ど終了。
特大球、大球エンパイアーもうすぐ終了。
特大球Gフィンガーもうすぐ終了。
特大球ボヘミアンもうすぐ終了。
特大球クレア開花始まる。
フィガロ大球開花始まる。
新エンパイアー開花始まる。

3月8日
輸入ポルト(黄)が色着いてきた。びっくり!。やはり超早い。
エンパイアー(白八重)、アルバトロス(白一重)数本初採り。ボヘミアン(薄紫)が2日遅れで色着きそう。Gフィンガー(黄)は全部揃って数日後に収穫になりそうだ。白と黄色が早くて、色が2色になってしまう。

2013年フリージア

咲く色の順番
エンパイアー特大球(八重 純白)
アルバトロス特大球(純白)
新ポルトサルート(黄色)
遅れて
⇒ボヘミアン特大球(薄紫)
遅れて
⇒ゴールドフィンガー特大球(黄色)
さらに遅れて

⇒アンコナ特大球(八重 薄紫)

もっと遅れて
⇒クレア特大球(ピンク)
⇒フィガロ(半八重 橙赤)
⇒新エンパイアー(八重 純白)

少し遅れて
⇒新マーキュラス(紫)
⇒新ボールバード(八重黄色)
ずっと遅れて最後に
新アラジン(黄色)が咲く予想。

この中間にそれぞれの大球から小球までが入り混じって咲いてくるが数は少ない。
なかなか予想通りにいかない。

3月3日
フリージアの蕾が全体に膨らみかけてきた。
背の高いものは、1mを超えた。
まだ色は出ていない。
あと1週間くらいで色着くのが出るかもしれない。
今日はとても冷えたので、昨日、一昨日の暖かさで進んだけど、またも一時ストップだ。
咲くとなると、一挙に出荷になりそうな気配だ。
スト連のポルトがぐんぐん伸びてきてかなり追いついてきた。
2連棟Gフィンガーとアンコナがやっぱり早いのかなあ?
アンコナがゆっくりと膨らんできている。
Gフィンガーはクルクル回ることなく、とても良い状態。
新スト1号のフィガロがやっぱり頑張っていて早くなりそうだ。
エンパイアーは新スト1号でも花芽が立ち上がってきて、全体に早く終わってしまいそうな気配。
新スト3号のマーキュラス、ボールバードも花芽が上がり始めた。
新スト4号のアラジンは全く動かない。
3連棟フリージアは中間に咲きそうに動いている。
鉄骨パッションは主枝に花芽がついてきた。これは摘雷する。
まだ主枝を止めてないところが数か所ある。
結果母枝に枝元近くから花芽が着いてきた。
サンダーはまだ出荷が続いている。早く終わってほしい。
苺は花が落ち着いてきて、交配が減ってきて実になるのを待つばかりだが、葉の成長が止まっている。
かなり思い切って古葉を取ったのが影響しているのかも。

2月28日
スト単のパッションの蕾が順調についてきている。長い枝は60㎝くらいで下がってきた。実はほとんど終了。
スト連は遅れている。あまり花芽はわからない。まだ実がかなり残っていて、青みの残った実もある。新梢は10~30㎝くらい。

2月21日
パイプ単棟にY丸、Y長、J、F1定植
フリージアの茎がぐんぐん伸びてきた。
アルバトロスの中にポルトが数本混ざっていたようで、黄色い色が少しわかる。Gがどんどん逞しい太い茎を伸ばしてきたが、先の方で去年のようにクルクル回るのではないかと気になるが、今のところ良さそうだ。
収穫になるにはまだまだ。やはり3月10日前ごろか?
ほんとに冷える毎日だ。

2月20日
なかなか最低気温が上がらない日々が続いているが、日中のハウス内は上がったり下がったり、調整に苦労している。
太陽が雲間からちょっと顔を出すと途端に30度を越してしまうし、慌てて開け放つと12度くらいになってブルブルだ。フリージアハウスは暖めすぎると、茎が曲がってしまうので暖めたいけどできない。冷やしすぎると丈がちんちくりんになってしまう。毎日毎日、赤ちゃんの成長を見守る気分だ。13棟のハウスをぐるぐる回って時間が過ぎていく。
スト単パッションの新花芽が大きくはっきりしてきた。まだ実が付いているので早く終わらせたい。
このハウスは開くのを待っているアカコッコがいて、いつも入っていてときどき閉じ込めてしまう。ちょっと開けてやるとスイ~っと出ていく。慣れたもんだ。
鉄骨パッションの主幹はすべて先を止め終わった。主枝の伸びきってない株がまだある。結果枝に花芽が見えてきた場所がある。

2月16日
昨日午後一時大雨。
寒い。
鉄骨パッションの主枝の伸びた所を止めた。まだ伸びてない株いくつかある。早い枝に結果枝がでてきて花芽が確認できた。

2月15日
隆 2便で静岡へ太鼓出演17日最終便帰島予定。
午後東海大学来園。ヤギョウハウスを案内した。

2月12日
苺の小さい蕾をかなりとって花数を減らしているが、授粉作業は増えるばかり。真っ白の大き目の花で綺麗だ。
ハダニが出るので、毎日葉裏を擦るのに時間がかかる。
今後株数が増えたら、ミツバチさんや、天敵さんに活躍してもらわないとやり切れないと思うが、そこまで大きく栽培するかどうかは、難しい。まずはハウスが足りない。人手もない。先立つ物が無い。

2月10日
3連中にパッションF1定植。12月予定が相当遅れた。

2月9日
2連、3連左パイプのエンパイアー、アンコナ、2連ボヘミアンに花芽。
3連は冷やし気味にしないと。同時に開花になると出荷しきれなくなる。
その他の輸入球は生育中。輸入アラジンはかなり遅れている。

2月7日
午前中法政大学フリージアウイルス調査隊来園。今年は春の陽気。
2連パイプのアンコナ、アルバトロス、クレア、Gフィンガーと、スト連右輸入ポルトサルートにところどころ花芽が顔を出し始めた。全体的にはまだまだ。
遅れてきた輸入球の他の品種も伸びているが花芽分化したばかり。輸入アラジンはまだ葉数が足りていない。
パッションは未だ青みの残ったものがあり、なかなか終了してくれない。スト単パッション新梢に花芽が見えてきた。スト連は半分冷やしているのでなし。
3連パイプ中にパッション設置準備。
左のフリージア棟の花芽はまだ見えない。
鉄骨サンダーA棟の切り花用ベッドの開花が始まった。
B棟はまだ1ベッド残っている。
苺は一番枝は殆ど終了し2番枝の開花の真っ最中。花数が増えたので授粉作業が大変。

1月28日
隆、昨日の続き全部終了。
3連に換キットが付いたので、これで毎日の換気がとても楽になる。

1月27日
3連パイプのマイカー線本止めを隆一人で処理。

今朝はこの冬一番の冷えだった。
珍しく手袋を箪笥から引っ張り出し、ハンドルを握った。
10時頃にはハウス内の温度が上がったので引き戸を開けた。
冬実のパッションがぽつぽつと採れ始めた。1月いっぱいには収穫を終えるかと思っていたがまだまだ青い物があって、なかなかだ。
トマトジュースに混ぜたら、トマトジュースがぐんと美味しくなったが、パッション味が薄れてしまう。

1月26日
パイプ2連のビニール張り。
今日も時々突風がありてこずったが、午後は無風。
2連は完了。

1月25日
秋田設備3名と隆でヤギョウ3連パイプハウスのビニール張り開始。
風があり、てこずる。サイド、谷の換気キット設置。マイカー線仮止め。

1月21日
今日も日焼けするような風のない暖かい一日だった。
明日は雨で風が吹くようだ。
苺をイソヒヨドリに食べられてしまう日が続いていたので、やっとネットを取り付けた。
クワゴマダラシロヒトリの害は思ったより少ない。毎日外の草木をチェックして潰した成果だなあ。
後から補植した株にもどんどん花が咲いてきたので、真っ白なかわいい花が目を楽しませてくれる。
鉄骨パッションの主枝が伸びてきた。まだ主幹が伸びきってない遅れの株もあるが、ほとんどは止めた。
ヤギョウパイプパッションが冷えで黄色く固まっている。
新スト1号は全然伸びてこないので、IB追肥した。
スト連右は最後に植えたのに一番伸びている。
スト連左とスト単は芽かきを終わりにしようかと思う。
まだ冬実がついている。

1月20日
今日は風が静かなので暖かく感じる。
大寒も過ぎることだし、あと1か月余りで春だ!
夕方がどんどん明るくなってきて、パッションの花芽ももうすぐ。
フリージアの茎も中に花芽をもって太くなり始めた。

1月19日
母の3回忌を少し早めに無事終えた。
天気も良く、サンダーの出荷を早めに終えてバタバタしながらもお寺の時間に間に合わせることができた。
サンダー出荷もピークを越えてこの次のピークは2月初めころからになりそうだ。
毎日寒い日が続いているが、寒い寒いと言いながらも結構薄着をしているせいでことさら寒い。
苺が甘くて美味しいが、1番果が小さくかわいい実になってきて、そろそろ終わりそうだ。2番果の花がどんどん咲いてくるのでなかなか暇にならない。ミツバチさんの手を借りたいものだが、八丈島では野生の日本ミツバチは殆ど見たことないので無理そうだ。

1月12日
あっという間に1週間過ぎてしまった。
サンダーソニアの出荷に追われる毎日だ。
本日1900本出荷。
月曜日に台風並み低気圧が島を通る。
フリージアのパイプハウスのビニールを剥がしてあるので、どうにかしないと被害にあってしまう。

2013年1月5日
サンダーのJA出荷39ケース。やっと本格的花切りの始まり。
昨年より1か月遅れ。今回は冷える日が多かった。
苺はかなり甘くなってきて、孫たちが喜んで食べてくれたので、目的の第一段階クリア。春に花粉症を抑えてくれるようになったら目的達成。

12月24日
サンダーを少々どうにか切ることができた。
市販のスポンジと47パーセント生クリーム、自前イチゴで友人と小さなケーキをデコレーション。
甘さ控えめの生クリームと苺を2段に挟んで、あっさりとして美味しかった。
ヤマザキのクリスマスケーキが甘ったるく感じられて、簡単手作りの自前ケーキのほうが断然良かった。

12月21日
サンダーがまだちらほらとしか咲いてこない。
早切りでやっと少し切った。
まだまだだ。クリスマス前後特に冷えるようだ。
Y.K1号試食。皺が少、濃いオレンジ、濃厚な味、水分多く、皮薄く、二重丸。

12月20日
苺がまあまあ採れたのでジャム用に冷凍してみることにした。うまくできるかな?
スーパーで買ったイチゴより自前のイチゴのほうが断然おいしかったので、少し自信になった。
でももっと甘くてもいいかなと思う。

12月16日
鉄骨パッションAB棟線超えのもの止めた。
まだ伸びきってない株が数本ある。

12月8日
鉄骨パッションAB棟の遅れている株に液肥500倍。
例年のように半分から奥がかなり遅れている。
東側のかぶさった防風林を伐採したので明るくなった。
まだ南側が暗い。
スト連パッションは遅れて植えた場所も伸びが良い。ポルトやフィガロが葉数が出てきたのでサイドを開放したいが、風が強いので夜は閉めている。
パイプ2連、3連はグングン伸びて、今のところ旧アラジン、アルバトロス以外バイラスはほとんど見えない。葉の幅もありがっちりして良好。
新スト1号が3枚になってきたので昼間サイドを開ける。
4号は暖め気味。
空き倉庫で3連パイプ用雨樋14枚のペンキ塗り1回目終了。

12月7日
イチゴの葉にエコピタ終了。
澱粉でできているので、毒は無いがベタベタしてかかった虫が窒息する。
パイプ用雨樋到着。夕方からペンキ塗り準備。

12月6日
ポットパッション苗にIB。

12月5日
大きいイチゴが少しづつ採れ始めた。
とても艶のある綺麗な色だ。
トミーの濃度を薄くすることにした。
イチゴの補植18株。ほぼ終了。
まだ4~5株はあるかもしれない。

12月4日
連日寒い日が続いている。
イチゴは締め切って25度~28度。曇ってくると20度まで下がってくる。
スト連パッション、スト単パッションの芽かき。
Y.K1のパッション試食。香も良いし、コクがあり味も美味しい。果皮は薄く水分も多い。実は小さい。

12月1日
イチゴの補植苗がかなり活着してきた。
ポットに切り離したものはもう2日もすれば活着しそうだ。
昨日まで日差しの強い時間は日除けをしていたがそろそろ太陽を当てたい。
日中は締め切っても28度位までしか上がらなかった。
青虫が出てきたので、葉を点検補殺中。1か所アブラムシ発見。
クワゴマダラヒトリも入ってくる。おんぶバッタ、サツマゴキブリをたまに見つける。
そろそろサイドにネットを張ってもよさそうだ。
スト連パッションがなかなか色着いてこない。
フリージアは新スト輸入球アラジンがやっと発芽が多くなった。
マーキュラスは葉が2.5位。早そうだ。輸入ポルトはさすがに早くてどんどん伸びそうな気配。
クレアに少し病気が出てきた。球根が柔らかくなっている。2度目のベンレート潅注をするべきか?
サンダーは連日の冷えで開花が遅れそうだが、それでもどんどん伸びてきている。
パイプ3連の修理準備。あと4~5日で材料が届く予定。

11月26日
パイプ3連中用にパッション苗を86株4寸ポットに鉢上げ。
谷樋取り替え、ビニール張替後に定稙になるので時間がかかるため。
イチゴの補植株に数回水を噴霧。かなりの株が立ち上がってきた。

11月25日
隆10時からお昼まで八丈島夢伝に参加協力し、14時から16時回遊魚祭り太鼓に協力。時間がないのでエダマでお弁当を食べたが、久しぶりに海を眺めた。
イチゴの成長しない株、20株を抜いてベンレート潅注。
まだ数株残っているが様子見。よい株の花が大きくどんどん開花してくる。
最後に植えつけた新スト1号のクレア木子にベンレート潅注。

11月24日
鉄骨Pに油粕、硫安を追肥。
サンダー植え付け終了。
サンダーの切り花用がぐんぐん伸びている。
イチゴのポットにセットした苗を切り離した。123株。残り40株ほどあり。
葉は大きく4枚ほど。まだ根の張りが足りないものもあるが、本体の負担を減らすために離し、植穴にベンレート潅注し植えつけた。
ポット植えにしてあった、計130株の苗は10株ほど残して補植終了。10月に補植したものは葉数7枚ほどになった。

11月23日
スト連Yk2個目が熟して落ちていた。
F1は4~5個色着いてきた。
トミー液肥3本。
フリージアの2作目はどんどん伸びている。バイラスがほとんど出ていない。ベンレート潅注が効いているのかクレアにバイラスの気配なく順調。
3作目のアラジンと、アルバトロスはやはりバイラスが出てきたが、今のところ少ない。
輸入球根も揃って芽を出し始めたが、球根の小さかったアラジンが遅れて、未だ揃っていない。

11月22日
近頃は今日をいい夫婦の日というようだけど、結婚記念日でもある我が家ではボジョレヌーボーを開栓し、さて何年目?う~ん?と相変わらずの会話。
普及所の先生にイチゴの食味をしていただいた。ガクの近くが硬い。温度があるので熟するより色着くほうが早い、もう少し寒くなってきたら、この色でもう少し柔らかくなるだろうということだった。まだ形も不揃いで小さいけど、わりと綺麗なものが控えているので楽しみだ。
鉄骨ハウスの外にやっとにんにくと玉ねぎを植えた。長年ほっておかれていたシルバーのマルチを引っ張り出して敷いたけど、これって温度が上がらなくするためのものじゃないの?これから冬なんだけどなあ。黒マルチを買いに行くのを渋った結果…。
鉄骨ハウスパッションB棟にエスター線を超えたものが出てきた。
遅いものは棒より出ていない。去年より遅れている。寒い日が多いせいか?肥料も今年はカリとリン過剰のため控えて入れている。

11月19日
イチゴ補植。
ランナーを30ポットにセット。
そろそろ5~6個収穫できそう。数日まえから赤くなってきたけどいつ採ったらいいのかな~。
フリージアにオルトラン散布。
フリージア水掛け、新スト3号、4号。

11月18日
フリージア水掛けパイプ2連、3連、新スト1号、スト連。

11月17日
台風並みの低気圧?
夜になっても吹きまくっている。
わりと暖かい。
フリージアに支柱を差してネットあげをしたが、風はますます吹き荒れているので心配。クレアや他の品種もかなり伸びている。
パイプハウスはクルクルを設置していないので開けたままにしてあるが、これほど荒れるとは思わなかった。
サンダーは最後の7箱を冷蔵庫から出して選別中。
最初に植えた場所はグングン伸びてきている。
サンダー3

11月16日
イチゴ補植。
1個収穫。

11月15日
イチゴネタヒム右

11月14日
朝から冷える。ほとんど曇り。
隆は朝から昼まで祭りの後片付け。
イチゴの補植と交配。

11月13日
優婆夷宝明神社のお祭り。朝6時から餅をついて餅撒き準備。夜、心配した雨にならなくてよかった。

夜は演芸会。出し物がさまざまあってなかなかの高尚レベル。楽しかった。
抽選会は終わるまでの時間が長すぎて、冷え切ってしまった。
この後のご苦労様の宴会の後片付け終了は午前1時近く。布団に入ったのは2時。

11月12日
イチゴ苗補植。
いまだに葉が萎れる株が出る。
ランナーをポットにセット。
スト単のパッションの枝整理。
あっという間にぐんぐん伸びる。
YT1の実の成長が止まらない。あまりの重さに枝が折れそうだ。
今年の八丈はバナナ年らしくあちこちでおいしそうな露地バナナを見た。我が家でも久々に2本の株から収穫。味は◎。

11月11日
フリージア輸入球3回目植え付け終了。手持ちフィガロ特大~小、クレア木子で一旦終了し、残りは3連棟の中のみ。
イチゴ初採り1個。
ランナーを50ポットにセット。

スト連パッション1個収穫。
他はまだ色付かない。

11月10日
フリージア輸入球アラジン、マーキュラス、黄八重、エンパイアー、ポルトの2回目植え付け終了。
スト連右の1と3パッション垂らし植え付け終了。
イチゴ苗補植23株。
ランナーをポットにセット。
鉄骨サンダー植え付け。

11月9日
今朝フリージア輸入球ようやく到着。
今回は発送が大幅に遅れたので、彼岸に間に合うか心配。
午前消毒、午後から1回目植え付け分、終了。
明日2回目、11日3回目植えつけて終了予定。
そのあと残った手持ちの球根を植えれば最終。
新スト1号パッション植え付け。

11月8日
イチゴ苗補植35株。
ランナーをポットにセット。
花が増えてきた。
特大球フリージアがだいぶ伸びてきたので一部ネット上げ。
サンダーが伸びてきた。

11月6日
しばらく留守にしていたら、イチゴ苗がぐんと伸びていた。
欠株のところに補植できそうだ。
Yの交配もうまくいっているものもある。
フリージア用ハウスのベッドの準備、半分終了。
輸入球根が7日に来る予定が1日伸びたので困った。
8日に消毒、乾燥し9日から3日に分けて植え付け予定になるが、11日から13日は祭りの手伝いなのでほんとに困る。
スト連右2列目パッション植え付け。

11月5日
帰島。留守を託したパートさん二人、ご苦労様でした。

11月4日
強羅温泉1泊。次男夫婦、こゆちゃん。
紅葉の始まりだった。登山鉄道スイッチバックはなかなか楽しかった。露天風呂にはまった。

11月3日
1便にて川崎市民祭りで太鼓。

11月2日
パッション1個だけ色着いてきた。

11月1日
新スト1号、フリージア用肥料散布耕運。
新スト3号、フリージア用肥料散布耕運。
スト連右  フリージア用肥料散布耕運。
YK3とYK1交配

10月31日
広とYK3、YK1を交配

10月30日
パイプ3連棟左フリージア植え付け終了。
YK3とYK1を交配。多分ダメだと思う。
新スト2号ベンレート500灌注。
新スト4号、フリージア用肥料散布耕運。

10月29日
サンダー植え付け。

10月28日
スト連パッション枝整理。

10月27日
サンダー選別、植え付け。

10月21日
パイプ2連左右フリージア植え付け。
Gフィンガー大~中、アンコナ大~中、ボヘミアン小。
パイプ3連左フリージア植え付け。
Gフィンガー小、アンコナ中、クレア小、ボヘミアン木子。
パッション植え付け。
サンダー選別。

10月20日
パイプ2連左フリージア植え付け。
エンパイアー特大~小、クレア大~中、
サンダー選別、植え付け。

10月19日
パイプ2連左右フリージア植え付け。
アルバトロス特大~中。
フリージア選別。

10月18日
パイプ2連左右フリージア植え付け。
クレア、アンコナ、ボヘミアン、アラジン、Gフィンガー、各特大球。

10月16日
イチゴ抜き取り8株。
鉄骨ハウスA棟パッション定植終了。
まだF1の花が少し咲くがそろそろ終わりだ。
Yも先の方の花芽が終わりそうな気配。
パッション苗の黄ばみ葉は少し波打って縮れがある。先端の展開してきた葉は復活。
フリージアの球根の選別終了。
ヤギョウパイプ2連の施肥耕運終了。

10月15日
イチゴ抜き取り5株。
鉄骨ハウスB棟パッション定植終了。
YK№3咲いた。

10月12日
パッション苗の黄ばみ葉は回復したものと、遅れているものとの差がはっきりしてきた。大方は綺麗なグリーン。

鉄骨ハウスA棟はがし耕運。
イチゴ抜き取り12株。
トミーグリーン1本(3)
F1、54。Y、14。YT、1。

10月11日
イチゴ抜き取り10株。
トミーグリーン2本(1と2)
Yはまだ先に花芽が着いてくるがF1は終了のようだ。
そろそろYTの花が咲きそうだ。
F1、60。Y、7。Y立花6。

10月10日
鉄骨ハウスB棟苦土石灰投入耕運。
イチゴ抜き取り6株。
抜き取り後にベンレート500倍潅注。
F1、80。Y、12。Y立花16。

10月8日

曇り、風強く肌寒い。時々雨。
スト連右フリージア用消毒。
残りはパイプ単棟の整理と消毒のみ。
スト単垂らしにほとんど花芽が無い。
スト連垂らしのYはどんどん花芽が増えているが立花が出た。
パッション苗の黄ばみ葉は少し良くなってきたものもあれば、そのままの物もある。
F1、54。Y、6。Y立花12。

10月7日
イチゴ抜き取り6株。
F1、25。Y、2。Y立花2。

10月6日
イチゴ抜き取り1株。合計16株抜いた。
サンダー用パイプ3連棟中消毒。
鉄骨ハウスB苦土石灰耕運。
F30。

10月5日
イチゴの摘蕾。
萎れて抜いたところにベンレート潅注。
アミスターで全面消毒。
フリージア用パイプ3連棟左消毒。
F1、14。Y、1。

10月4日
パイプ2連棟左右1回目耕運。
新スト1号フリージア用消毒。
スト単の花が咲き始めた。
F1、12。Y、7。

10月3日
鉄骨A棟消毒終了。
パッション苗IB追肥。
イチゴ3輪開花。
F1、12。Y、3。

10月2日
またも次の台風が近付いてきた。
苺に数株腐る株が出てきた。4株抜いた。
鉄骨A棟消毒途中で耕運機故障。

10月1日
昨夜は煌々と照らす満月に驚いた。
台風の心配ばかりして灯りを消すまで気づかなかった。
二晩続けての月見ごろ寝だ。
カラスアゲハの幼虫は貰われて行った。
ちゃんとアゲハになってほしい。
鉄骨B棟はがす。A棟準備。
F1、26。Y、3。

9月30日
台風17号はどうやらよけてくれるらしい。
ハウスを閉めきったが、南西の風でかなり温度が高くて心配だ。
カラスアゲハの幼虫は黄緑色のかわいい芋虫だった。
2匹とさなぎ1個発見。先日1匹を外に出したのに、まだ残っていてビックリ。クサギや柑橘の樹が好きらしい。
F1、32。Y、6。
鉄骨の鉢のパッションに1輪開花。

9月29日
隆1便で福島へ太鼓フェスティバル参加。
次の台風が来てるけど1日に帰ってこれるかな?
F1、26。Y、2。

9月28日
台風18号は昨日の方が吹いたかな。心配したけど大丈夫そう。スイカがまた育っていた。ちいさいけど甘くてびっくり。
F1、27。Y、3。
パッション苗がすくすく伸びてきた。

9月27日
台風18号の影響でかなり吹いてきた。北西の風でかなり涼しい。17号もゆっくり後からやってきそうだ。
F1、18。Y、2。

9月26日
F1、7。
苺苗植付。

9月25日
寒いくらいに冷えたので、パッションのハウスを閉めた。
台風の影響か風も結構吹いている。どうやら今回の台風18号はやってくるらしい。
F1、7。

9月24日
F14輪開花。

9月23日
パイプ2連棟消毒。
パッション苗広げる。
黄ばんだ苗がある。

9月22日
新スト3号、4号剝す。
鉄骨A棟ほとんどの引き下ろし終了。

9月20日
パイプ2連棟消毒準備。
パッション苗順調に伸びている。
最後のY苗箱もそろそろ発根してきたと思う。

9月19日
新スト2号苦土石灰1袋。牛ちゃんパワー3袋を20M。
Y2輪自家受粉。
鉄骨ハウスB棟消毒。
雄太東京へ帰る。

9月18日
鉄骨ハウスB棟半分消毒。
パッション苗後口に追肥1回目。
紫葉、ワイヤープランツ、薄雪蔓を挿し木。
レモン苗にアルバリン。

9月17日
スト連左、スト単のパッションの新梢の整理とひげ取り。
幾度も整理を続けて、ようやく思うような枝が増えたがまだ蕾の遅い枝が出てくる。8枚で出ない枝は切り捨てている。あまり遅くなり結実が真冬になるようでは困るが、やってみなくてはわからない。この後涼しくなってきたら、途中蕾がダメになるのもなくなるだろう。
YF1受粉はとまったようだ。

9月12日
パッション苗先口に追肥1回目。
全体の活着率90%。暑すぎて心配したが思ったより順調。

9月10日
足の方はOK。
右胸筋、肩甲骨の筋が痛くてまたも痛み止めを飲みながら仕事する。ちょっと違う使い方をするとすぐにピンチ。歳は取りたくないものだ。
新スト3号、4号の整理終了。
パイプ2連棟の右の整理終了。
パイプ2連棟の左の伐採終了。
スト連右、スト単の新梢の再整理をした。なかなか思うような新梢が出てこなかったが、かなりよくなってきた。
新スト2号の被覆をはがす。
鉄骨B棟はほとんど抜いた。数か所実を残すのみ。
A棟はまだ数個実が落ちないで残っている。

9月9日
1~2回目発根確認。

9月8日
挿し木Y長6、Y小丸12
YKに花芽が付き始めた。
F1数輪開花。
スト連左の伸びた新梢をほとんど止めた。
スト単伸びた新梢ほとんど止めた。
どちらも次の小さな新梢あり。

9月7日
左足の外側の筋を痛めたようで、5日の夕方から仕事を休んでいる。今日はどうにかゆっくり歩けたので、明日は動けるだろう。
特に何もしてないと思うのに、痛み止めも効果なし。
一日中パソコン検索漬け。
パッションストックポイントへ5袋入庫。

9月5日
午前中は東大農学部の農家調査隊のうち4名が来園。
ヤギョウ緑肥の漉き込み終了。10/5に土壌処理すること。

9月4日
鉄骨B棟4列目の株の株元の切り口にできたカルスのような白い大きな塊は何故出来るのだろう。導入した苗だけに出ている。ヤギョウスト連左の1列目、2列目も同じ苗だがやはり出ている。自家苗には出ない。今年初めてだ。鉄骨はすべて抜いて処分予定。

9月2日
パッション販売終了。
ネットのカート販売も終了。
あとは自家用ジュース用に50K確保すること。
ぎりぎりかな?

9月1日
スト単剪定終了。
パイプ3連棟左、中、ネマキング刈取り中。
スト連Yの自家受粉2個は今日見たらだめになっていた。
最初の1個は育っているが、花粉が2種ついている。
Y1号丸実はどれも美味しいので挿し木することにしたが、中身がビッシリ入っていても量が少ない。中身40%。
Y2号は中実57%で重量は良いがやはりえぐみが強い。

8月31日
新スト2号土壌消毒。
挿し木3回目140本

8月30日
風邪をひいたらしい。
ガラガラ声。夏バテのようで夜いくら眠っても足りない。
じーばー農業もけっこうキツイ。
スト連Y28日交配成功。
自家受粉できるようだ。
あとは2か月後くらいに味を見るのが楽しみだ。
新スト3号4号終了。
スト単わずかに残った。
鉄骨パッションA棟は前半分にまだ1枝に5~6個ほどづつ残っているところが多い。B棟は枝先に1個づつ残っている。
スト単剪定始める。
新スト2号、土壌消毒の準備OK。自家用アレルギー対策苺の予定。
Y、丸実青ガク、匂いにクセ無し、美味しい。長実紫ガク、中身がものすごく多いが匂いにクセあり。

8月29日
スト連Y27日交配、結実した。
新スト3号、ほとんど終了。
新スト4号、わずかに残っている。
スト単、わずかに残っている。
ヤギョウパイプパッション終了。
スト連剪定終了。

8月28日
スト連Y2輪自家受粉のみ。

8月27日
スト連Y1輪自家受粉の後F1の花粉をつけた。

8月26日
ヤギョウパイプパッションの伐採を始めた。
スト連の1列目のパッションの結果枝をすべて切り落とした。
生きた花芽は先の方にしか無く、黄色く死んでいた。
2列目はかなり花芽が生きていそうだが、伸び過ぎている。
4,5輪咲いていた。
鉄骨Jが3輪咲いたが、あとは死んでいる。
去年に比べてかなり暑い。
在来種からのウイルス媒介を避けるため、挿し木を破棄することにして、種をまいた。

8月25日
挿し穂160本

8月23日
挿し穂80本

8月22日
夏休みを11日間八丈で過ごしたチビたちが帰って行った。
水中メガネを使うと海中が見えることを体験して、無我夢中で潜って石や貝を拾ったり投げたり。足さえつけば怖がることなく一人でどんどん入っていく。3歳と5歳は海を満喫した。

8月21日
久し振りに富士牧場へドライブ。
子牛が4頭ほど。
ちょうど餌やりの最中で、係員がミルクビンを持って子牛の後を追っていたようだった。
連日の好天気で黄色や赤の旗がはためいているのが不思議なくらいの海だった。
鉄骨パッションの青ネットの1本をついに撤去。
終わりがどんどん近づいてきた。
隆が少々風邪気味。
扇風機に一晩吹かれっぱなしのせい。

8月19日
お盆も過ぎ夜風が涼しくなってきた。
夕陽も小島の左側へ沈むようになって、夏も終わりが近い。
いつもながらあっという間に季節が移ろう。
パッションもあと少しで終了だ。
スト連、スト単の垂らしの新梢がグングン伸び過ぎて、またも整理しなくては。花芽がなかなか着かない枝が多かったが、どうにか丁度良い所に着き始めたようだ。
スト単F1一輪開花。
他種の開花なし。
鉄骨パッション両サイド共に手前に多く残っている。
奥が遅れていた筈だが奥は奇形花が多かったので、結果、手前の方が成績が良いようだ。

8月17日
J4輪開花。
他種の開花なし。

8月13日
Y多数開花。
他種の開花なし。

8月11日
長女夫婦タクボンみつき来島。
みんなで花火見物に底土へ。

8月10日
次男夫婦こゆっきー来島。
こゆっきーはヨチヨチ歩きでニコニコ。

8月5日
来園者多数。隆は地区の草刈りに参加したので、忙しい一日だった。
パイプY6輪。スト連3輪。Jなし。

8月4日
8月に入って、急にパッションの収穫量が減ってきた。
鉄骨ハウスの真ん中はすでに収穫を終えて実がまばらになり始め、
両脇の収穫が始まった。まだ青い物がたくさんあるが、8月の暑さで熟する速さが増してきた。
お盆頃には残り少なくなる。
遅れのヤギョウ新スト4号は今がピークでまだ大きい物が取れている。
スト連パッションの主枝の収穫始まる。思ったより日数がかかっていて非常に大きくて立派だが、量が無い。
スト連F1、パイプY、鉄骨Jが1輪づつ開花していたことに夕方気づいた。
やはり去年と同じ時期に2度目の開花が始まった。今年は暑さがきついせいか蕾が連続しないが、同時に複数の枝で開花する。

8月3日
夏野菜も盛りを過ぎて、そろそろ秋野菜の準備をしないと自家用野菜が急に無くなってしまいそうだ。
Jの食味試食。収穫1週間から10日後。
8月2日
東京都給食会の御一行がサプライズ御来園。
いつか東京産パッションフルーツを使ったスイーツが給食に登場、なんて日があったらいいだろうな~

7月31日
7月の最終日に台風の影響の突風が吹いてきた~
最近の八丈は台風の被害が前よりぐっと少ない気がする。
油断禁物!と、思って夕方ハウスサイドを下してきたけど、どうってことなかったようだ。
2本のバナナが実をつけた。計12房ぐらいだけどちゃんと育つかな?台風で折れたりしたら泣くぞ~
パッションの枝がグングン伸び始めてきて大変なことになってきた。
整理しなくっちゃ!
時間が無い、どうしよう!

7月25日
パッションの収量がぐっと増えてきた。
収穫箱が足りない。
去年より暑い!
新梢の花芽がなかなか思うように育たない。
収穫に追われて枝の整理が進まない。

7月20日
隆、太鼓連盟講習会講師として3泊4日で岩手へ出発。
昨日今日と大雨。雨水タンクが空になりそうだったので恵みの雨だ。
今日は涼しかった。
Zパッションの挿し木13本。

7月16日
梅雨明けしたかのような日が続いている。
スト単パッションは主枝はほとんど終わり、結果枝の収穫が始まっている。主枝より小さいが大きさの割には重い。
スト連パッションは主枝にまだ2~3輪花が咲く。
鉄骨パッションは不思議なくらい連日素晴らしく色よく収穫できている。梅雨が明けて暑い日々が続いてもこうあってほしいが…。
全体的にサイズが大きい。相変わらず2L中心で、Mは極少ない。

7月4日
トウモロコシ4本収穫。
あじみのり1回目そろそろ終わりそう。
紅まくらそろそろ良さそう。
最初に交配したころはよかったがその後台風のころからすべて落花するようになり、紅まくらただ今大きいものが9個のみで花が咲かない。
花が咲くのは梅雨明けまで我慢、我慢。去年のようにお盆のころに山のように採れるといいな。

J初収穫。2個。
スト単パッション交配10個。ここ以外はほとんど花が無い。Y18。

7月1日
終わりそうでなかなか終わらないパッションの交配。
いよいよ蕾が残り少なくなってきた。
と思っていたら枝先に次の小さな蕾が見えている。
もつかどうか。去年のように涼しい7月だと耐えるかもしれないが、少々疲れてきたぞ。
枝先を止めた場所の花は今日でほとんど終わる。
スト連パッションは伸びた結果枝の蕾は黄色く死んでいてまったく蕾がない。
スト単の結果枝1個収穫。
パイプパッションは結果枝収穫始まっているが、主枝にもまだ残っている。
新スト3号、4号はまだ。
鉄骨パッションは順調に綺麗に色着いてきた。ヤギョウ、鉄骨共に玉が大きく4L3L2LでLがなかなか出ない。Mは当分出そうもない。

鉄骨パッションB棟交配数 40
鉄骨パッションA棟はすでに終了。
ヤギョウスト単パッション交配数4。
ヤギョウ新スト他パッション交配数140。
J終了。Y2。

6月29日
ヤギョウパッション交配数129。
Y18。

6月24日
台風と霧で1週間ほどの島外との欠航続きも22日に船が入港し飛行機も就航できてやっと解消かと思ったら、今日は朝から雨。風はなくこれでまた霧になったらどうなる?
昨日の朝は数時間太陽が照りつけて、あわててハウスを開放したがそのうち曇り。この一時的好天気でパッションの花が一挙に満開。全部の枝に咲いたかと思うほどだった。
おかげで、JAの総代会は隆のみ出席。久し振りの八丈島開催だったが欠席せざるを得なかった。
パッションの蕾も残すところ1~2個で終わりそうだ。
あとは収穫に備えてのネット張りや脇枝整理。

6月23日
今年は5月の晴天続きで、パッションの連続成りが我が家のギネス更新。なんと27個連続成り。あまり連続成りが多いと樹上でしわになる実が多く出るので要注意。すでに出始めている。

6月22日
鉄骨パッション落下受け青ネットに3個落ちた。
もうすぐパッションシーズン到来だ。
ヤギョウスト単の主枝収穫始まる。

6月20日
鉄骨パッションに落下受け青ネット設置始める。

6月19日
鉄骨パッション4月14日初開花の実がようやくかすかに色着き始めた。
あわててネットをかけて観察中。

6月17日
ヤギョウパッション少しずつ収穫。
結果枝はまだまだなので数がまとまらない。

6月10日
ヤギョウパッション初収穫3個。

5月28日
連日快晴。
眩しくてパッションの交配するのに目が明かなくなりそう。
順調だったスト単開花も昨日から奇形花が出始めた。
140くらい咲いた中、奇形花が10くらい。
鉄骨パッションは花数がぐっと減ってきたし奇形花も多かった。
しばらくしたら回復すると思うが、奇形花になりそうだ。
プリンスメロンが止まり始めた。
きゅうりも3~4本収穫。すぐに最盛期になりそう。

5月19日
スト単開花増えてきた。
花がいくらか小さい。
ところどころ黄色くダメになった花芽はあるものの、全体には順調。
パイプパッションのサイドにぶつかるものが多い。
新スト3号かなり広がって、サイドに届くものが出てきた。
新スト4号は遅れている。
鉄骨パッションのB棟に乗り越えるものが増えてきた。
明日くらいから花が一時無くなるだろう。

鉄骨パッションの交配500。奇形花100。
ヤギョウパッション交配450。奇形花2。

5月18日
良い天気。
鉄骨パッションは昨日の分までかと思うほど快調に開花。
昨日のヤギョウパッションは少ししか奇形にはならなかったようだ。

5月17日
小雨。けっこう寒い。
鉄骨ハウスパッションはあと3~4個咲いたら4~5日休みに入りそうだ。
連続成りは今のところ19個で、先の花が止まれば22個連続。
15~16個連続が多い。
ヤギョウパイプは生育がいまいち細い。
スト単は順調。遅れの株の結果枝が伸びてきたがこの枝の蕾がどれくらい暑さに耐えてくれるかが収量を大きく左右しそうだ。
スト連は主枝が伸び始めてきた。あと1か月で結果枝をつけさせられるかどうかだ。
鉄骨パッションの交配90。奇形花大量。
ヤギョウパッション交配280。奇形花不明。

5月16日
風が冷たい。
鉄骨パッションの交配560。奇形花60。
ヤギョウパッション交配 。奇形花不明。

5月15日
久し振りに1日中雨。
梅雨入りが近いなあ。八丈は沖縄が梅雨入りすると一緒に梅雨状態が多くなる。
鉄骨パッションの交配580。奇形花2。
ヤギョウパッション交配387。奇形花0。

5月14日
結果枝の蕾が黄色くダメになっているところが目立ってきた。
このところ天気がよく高温の日が続いている。
ジャガイモを早堀りして自家用つるなしインゲンを少しだけまくことにした。
鉄骨パッションの交配772。奇形花3。
ヤギョウパッション交配182。奇形花0。

5月13日
ヤギョウパイプパッションの枝がサイドにぶつかり始めてピンチするものが増えてきた。
新スト3号はかなり繁茂してきたが、新スト4号は相当遅れている。
まだ1番花が咲いて無い枝多い。
スト単は結果枝に開花が増えてきた。先を止めた枝あり。他にも数本出そうだ。
ジャガイモの試し掘り。なかなか良さそうだ。不思議なことに塩ゆですると甘味をはっきり感じる。?こんな味は知らない。
鉄骨パッションの交配705。奇形花15 。
ヤギョウパッション交配237。奇形花0。

5月12日
鉄骨パッションの交配586。奇形花10 。
ヤギョウパッション交配118。奇形花0。

5月11日
スト単の真ん中あたりはどんどん伸びてくるが入口、出口方向はかなり遅れている。スト単の結果枝に開花が増えてきそうだ。
入口近くの脇の高温になる所の結果枝の蕾が黄色くダメになっている。
鉄骨の奇形花がおさまったり増えたりしているが、花が小さくなってきた。
ヤギョウの奇形花は若い木でも弱い木でも強い枝でもあまり差がなく出ている。実が少ないところでもおなじ。

鉄骨パッションの交配833。奇形花140 。
ヤギョウパッション交配261。奇形花4。

5月8日
鉄骨ハウス、パイプともにサイドにぶつかる枝が出てきた。
新スト3号の結果枝の開花始まる。
鉄骨パッションの交配650。奇形花60。
ヤギョウパッション交配120。奇形花8。

5月7日
日中ものすごい大雨と雷。
夜12時30分から2時間ほど停電、稲光が途切れることなく光り続けて工事現場のようだった。音はそれほどでもなく不思議な雷だったが、翌朝防災放送があり、坂上の温泉に落ちたらしい。
スト単の結果枝に3個目の花が咲いた。
脇枝1節目発生3か所、それぞれに花芽あり。

5月5日
スト単の主枝で2日~3日の雨で雨漏りしていたところだと思われる場所の花が止まらなかった。J2花同じくダメ。
ボリジ、バジル、小ねぎ、小松菜、青梗菜の種まき。
ハウス回りにラウンド3回。
スト単のパッションの枝がグングン伸びてきて間延びしてきた。
スト連の右側到達した主枝をピンチ。
鉄骨パッションの交配600。奇形花98。
ヤギョウパッション交配108。

5月4日
鉄骨パッションの交配310。奇形花150。
ヤギョウパッション交配34。奇形花38。

5月3日
鉄骨パッションに奇形花が出はじめた。6花。

5月1日
ヤギョウパイプパッションに奇形花が出始めた。6花。
鉄骨パッションB棟1列目主枝開花始まる。

4月30日
新スト2号あじみのり3回目反対側、途中から早生黒頭巾1本。
鉄骨パッションA棟は順調。1週間もしないうちにサイドにぶつかり始めるだろう。
今年もやはり南東側のパッションが遅れていて一番花がまだ開花してない。
苗は大きいものを意図的に植えたがやはり遅れるようだ。
開花から約2週間経過したが、花は順調に交配されている。
ヤギョウパイプは主枝に結果中でやっと結果枝開花が少し始まった。
スト単かなりの主枝開花中。脇が垂れ始めた。
パイプは脇開花がはじまった。
新スト3号は脇がよく伸びはじめた。主枝に蕾なし。
新スト4号は主枝に少し開花。脇はまだまだ伸びてない。
スト連左は定植から少し伸び始めた。クワゴマにかじられた所数か所。
鉄骨パッション交配841
ヤギョウパッション交配67

4月29日
キャンベラ90、2回目。
J2号交配。

4月28日
J1号初交配。

4月24日
新スト2号あじみのり2回目、5スパン。
チコリ、ロメインレタス、カモミール少しづつ。
鉄骨パッション交配110
パイプパッション交配21

4月23日
鉄骨パッション交配150
パイプパッション交配15

4月22日
新スト2号あじみのり1回目、8スパン。

4月18日
良い天気が続いている。
スト連棟左パッション植付終了。
パイプパッション交配13

4月17日
スト連棟左耕運。ベッド80幅
鉄骨パッション交配13
パイプパッション交配4

4月16日
新スト2号フリージア抜き取り。
スト連棟左に堆肥、鶏糞、過燐酸石灰、苦土石灰。
スト連棟右は自家用野菜の予定。

4月15日
今日も快晴。
あびの花が最盛期だ。

4月14日
5月の陽気だ。
日焼けすると疲れる。
新スト3号、4号のフリージアすべて抜き取り終了。
かなり球根が大きくなっている。
木子はまだあまり大きくない。
クレアの色がかなり濃くなって、サーモンピンクよりオレンジ系の色味が強くなっている。温度が高く、日射も強いし、乾燥しているせいだろう。
ヤギョウ交配数 20
鉄骨ハウスパッション、開花始まる。
今年の鉄骨パッションは伸びが早く、蕾の着く位置が枝先からになってしまった。植付が去年より3日早かったのと、低温で花芽が付かなかったようだ。サンダーの病気が多発したので換気のためサイドを大きく開けていることが多かった。

4月11日
ストロング連棟左のフリージアすべて抜き取り終了。

4月10日
満希の幼稚園入園式。

4月9日
ストロング連棟右のフリージアすべて抜き取り終了。
フィガロ、アルバトロス、アラジン、ポルトサルート、ブルームーン。
ヤギョウパイプパッションの主枝の花を交配。
寒かったり暑すぎたりで、夕方から咲いて翌朝まだしぼまない花が時々出ている。夕方花粉が出てない花もあり翌朝元気だ。
そろそろ安定してくると思う。
交配数 10

4月8日
本日朝にてフリージア祭り用島内花束終了。
フリージア祭り最終日。
4月2日 
香雪の保育園入園式。9か月。
ヤギョウパッション主枝初交配2。
鉄骨パッション結果枝はまだまだだ。
B棟1列目苗はまだ到達していないものがあるが、そろそろ揃いそうだ。
2列目苗はまだまだだが、蕾が付いてくるので取っている。

4月1日
個人直販終了。
あとは島内フリージア祭り用予約品のみ。

3月20日
咲く順番

ポルトサルート(黄色)少量です。終了。

ブルームーン(薄いブルー)ほとんど終了。

⇒エンパイアー(八重 純白)もうすぐ終了。
⇒アルバトロス(純白)   もうすぐ終了。

咲き始めます。
⇒ボヘミアン(薄紫)
⇒ゴールドフィンガー(黄色)
⇒フィガロ(半八重 橙赤)

さらに遅れて
⇒アンコナ(八重 薄紫)
パープルレイン(八重 牡丹色)少量

もっと遅れて
⇒クレア(ピンク)

最後に
アラジン(黄色)が咲く予想。
アンコナとクレアが予想以上に遅れている。
アルバトロスとボヘミアンが早かった。

3月1日
茎の曲がるものがかなり出た。
すべて折り取る。
フリージアの今年の咲く順番予想
特大球ポルトサルート(黄色)バイラス抜き取りのため極少量。
木子ポルトサルート(黄色)バイラス抜き取りのため極少量。
輸入アンコナ(八重 薄紫
輸入エンパイアー(八重 純白)

少し遅れて
輸入2作目ブルームーン(薄いブルー)木子
輸入2作目フィガロ(半八重 橙赤)木子

さらに遅れて
輸入2作目パープルレイン親(八重 牡丹色)バイラスのため少量。輸入ゴールドフィンガー(黄色

もっと遅れて
輸入ボヘミアン(薄紫
輸入2作目アルバトロス(純白)
輸入クレア(ピンク
輸入3作目フィガロ親
輸入3作目ブルームーン親
輸入2作目アルバトロス木子

最後に
輸入3作目アラジン親(黄色
輸入2作目パープルレイン木子
輸入3作目アラジン木子

ヤギョウパイプパッションの伸びている最中の主枝にほとんど2節で花芽が付き始めている。いつもならこれは摘蕾するのだが、成長が遅れているのでこのまま成らせたいなあ。
鉄骨パッションの結果枝は伸びるばかりで、全然花芽が来ない。困ったものだ。
水不足かもしれない。

2月29日
午前中サンダー切り。
大急ぎで農協へ出荷し、14時から園芸センターの試験発表会に隆と二人出席。
パッション、菊池レモン、イシカグマ、病気のことなど。
レモンの話が面白かった。
午前と夕方から2回低気圧の通過。
18時ごろは台風並み。
明朝ハウスがどうなっているか心配。

2月28日
ヤギョウサンダーが切れ始めた。
色よく、花も大きく、茎もしっかりしている。
背丈は少し詰まり気味だがバランスは良い。A級品。
日中温度差が激しく、寒かったり、煮えそうになったり、開けたり閉めたりが、大変だ。

2月25日
鉄骨パッションB棟のパッション植え替え。
遅れているので密植にした。
J4株。
夏果がどれだけ取れるかわからない。

2月21日
ハウスの中は暑くて、開けたり閉めたりと忙しい。
夕方は曇ってきて寒かった。
フリージアのエンパイアーとアンコナの蕾が上がってきた。
いつもと順番が違うようだ。
ポルトサルートの超巨大球はもうすぐ開花するが、これはバイラスで抜きまくった残りなので、ほんの少しだけだ。
全体に一斉に咲きそうな気がして、ほんとにそうなったらえらいこっちゃ。開花をずらしているつもりのハウスが、あまりずれてこない。
鶯はのんびりと鳴いているし、風もなく、春の忙しいシーズンがもう目の前に来ている感じだ。
のんびりとしていられない。でもまだエンジンがかからないな。

2月13日
今日は生暖かい。
日焼けしそうだ。
父ちゃんが張り切って、ジャガイモ畑をつくり、植えた。
こんなに作って、草取りはどうするんじゃ~と突っ込まれながらも、おれがするう!と返事していた。
信じていいのかな?

2月8日
極寒は過ぎたかな?
空気は冷たいがハウス内は開けないと熱くなり過ぎてしまう。
鉄骨ハウスは20度を超えて天窓が自動開閉していた。
ヤギョウサンダーが太くしっかりした茎で良さそうだ。
ヤギョウパッションは相変わらずゆっくりと伸びているが、上まで届くものが増えてきた。
ポルトサルートの特大球の茎が3~4段目のところでポッキリと折れている。特に寒暖の差がきつい時にでるように感じるが困ったものだ。
他のフリージアには花芽はまだ出てこない。

1月26日
夕べは24時から4時間、停電の日だった。
丸いのやら四角いのやら、ローソクをトイレの足元にまで用意したが結局ぐっすりねむった。
朝からベランダを壊した後の釘だらけの古材を燃やした。
鉄骨B棟パッションに枯れるものが出た。
普及所の先生に見てもらう。
サンダーは完全に谷間に入った。

久しぶりに大粒の霰がドンと降って積もった。
パソコンをWindows7に変えたが引っ越しに伴う設定にくたびれきった。
1月23日
昨日母の1周忌法事を終え、長女夫婦とたくちゃん、みーちゃん、
長男、三番目の姉が帰京した。
同時に父の17回忌、祖母33回忌、姉の50回忌を終えた。
昨日までは雨嵐で船も欠航続きだったのが、暖かい静かな陽気の一日だった。
急にだれもいなくなり、ぱっと日常に戻る。
寂しくなるのは、夕方帰った時におかえり〜の声が聞えてこないときだ。ああ帰っちゃったんだっけ…と。
2〜3日は寂しいなあ…でもそんな事も言っちゃいられないんだよね。
春はもうすぐにやってくる。
畑が待っているぞお〜

1月15日
日中はわりと暖かくなってきたものの、夕方から急に冷えてくる。
鉄骨ハウスの外では今日も大きな黒猫が刈った草の上に寝転び、昼寝をしていた。
どうもお腹が大きいようだ。
そのうち子猫がお目見えするかも知れない。

1月12日
今日の最低気温は5度だったらしい。
家の中は夜は相変わらず10度前後であまり変わらなく感じる。
日中はかなり温度が上がって、あわててヤギョウハウスを開けた。
風が無く昨日よりも暑かった。
新スト4パッションの主幹3本止めた。残りあり。
A棟は結果枝が10cmくらい伸びたところもあり、すくすくと伸びそうだ。
鉄骨B棟パッションはゆっくりと伸びてきている。
節間が詰まっていて寒くて伸びませんという様子で、葉色は黄色っぽい。15cmほどに伸びたところも多いが、まだ伸びてこないところもある。
AとBでは全く成長の様子が違う。
Aのほうが初期成長は良さそうだが、暖かくなってきたらBに追い越されるだろう。
ビューホテルの売店でもパッションフルーツ梅酒八丈を売り始めたようで、良く出ているらしい。

1月9日
ほんとに毎晩よく冷える。
ハウスの中で花を切る指がかじかんで来て、17時30分にはもう帰ろうよォ〜と言う声が2箇所で聞こえるのだ!
とはいえそんなに早く帰ったら家で非常に暇してしまう。

袖なし肌着に速乾性Tシャツ、割烹着に首タオル。チョッキ。
寒いわけか。でもこれ以上着たら、動きにくいしなあ。

鉄骨ハウスの灯りの下で、ゴソゴソなにやら仕事して18時30分頃ご帰宅。
サンダーソニアの色がなかなか進むようで進まない。
パッションフルーツも同じくゆっくり。

1月7日
鉄骨ハウス前の草刈り。
鉢花の植え替え。
八丈レモンの放ってあった苗をやっと鉢上げ。24鉢。
どうなることやら。
10年後にたくさん収穫できるかな?

1月6日
サンダーソニア採花
フリージアバイラス抜き。
後口アラジンがやはりバイラスが多そうだ。
輸入エンパイアーにまだ少し出る。
ポルトサルートは残した大株にも、うっすらと出始めたので抜いた。これは葉がオレンジ色になるのではなく、緑の濃淡。
根元の部分にかすれた白っぽい班点が出ているものもある。
この株の葉は、今のところは綺麗。

1月5日
新スト4パッション伸びきってないが、主幹の先を止めた。
まだ止められない株もある。
新スト3は終了。
鉄骨パッションA棟の主枝の伸びたものだけ止めた。
鉄骨パッションB棟は主枝に脇芽が10センチ程伸びてきたところと、小さいところ、見えないところとあり、バラついている。
12月が思いの他寒い日が多く、例年より成長がゆっくりのように感じる。
ヤギョウパッションが保温しているにもかかわらず伸びてこない。

1月4日
サンダーソニア出荷、1400本。
次男夫婦が川崎へ帰る。
数日間ではあったが、家に帰るとお帰り〜と、声がかかるのは嬉しいものだ。こゆきの愛らしいつぶらな瞳に癒される毎日だったなあ。

1月3日
サンダーソニア採花、1日中。

1月2日
サンダーソニア初出荷

平成24年1月1日
サンダーソニア今年初切り。
2日に共選組合の集荷があるのだ。
元旦から花切りは初めてだ。
出来ることなら、避けたいなあ。
といっても、年末休みの間は出荷が無いので有難い事なのだが。
29日から良い天気が続いて、いくらか色付きが早くなってきた。

12月30日
次男夫婦と香雪(5ヶ月)帰島。

12月23日
サンダーソニアはB棟の最後の列とA棟最初の列を切り始めた。
連日の冷えでなかなか思うようには色付かない。
あと2回で年内JA出荷が終了だというのに、暇をしている。
といっても、育成株の蕾を取ったり、天を止めたり、ネットを調整したり、消毒と仕事は尽きない。

12月22日
連日とても寒い。内地は極寒波。
安納芋を6株植えたら、1株に大小10個も付いていて、ビックリ。
掘り取るのに苦労した。
しかも夕方掘って1時間後に電子レンジで数分チンした物が、しっとり、ほんのり黄色くて程よく甘かった。このまま寝かせたら、どのくらい甘くなるか楽しみだ。

12月20日
新スト3パッション主幹を止めた。上まで伸びてないものが2本。苗が後口分だった物のようで、生長が遅れている。
新スト4はまだまだ遅れている。
急激な冷えが続いているので、3,4号はサイド、入り口を細くしている。

フリージアの木子に追肥。苦土安3号。1回目。
今年は、丈を抑えたいので追肥控えめにしようと思う。

フリージアは輸入エンパイアーにやはりバイラスが出るが、問題なほどではない。
クレアはぐんぐん伸びて、少し伸びすぎかな。
アンコナは成長が緩慢だったが、此処に来て伸び始めてきた。
アンコナは大体いつも咲く頃にはグンと良くなる。
ボヘミアンに腐る物がたまに出てきた。ベッドの中央で、水滴が原因か?
ゴールドは球根が小さく、硬かったので心配だったが、今のところまあまあだが、やはり少し発芽が悪いようだ。
今年の輸入球はさほど問題はなさそうだが、後は咲かせてみてからだ。
ポルトサルートは親も子もどんどんバイラスで無くなっていく。
輸入3作目のアンコナがほんの少しあるが、これも殆どバイラスで、抜いてしまった。
輸入2作目パープルも結構抜いたがまあまあ。
フィガロ少し、ムーン大丈夫。アラジン、いつもほど。
アルバは素晴しく、殆ど出ていない。
全体的に、病気で枯れていく物は今のところ、ほとんど無い。
首腐れ症状も殆ど見られない。

12月13日
鉄骨パッションA棟最後の株の主幹を止めた。
早いものは主枝8枚ほどで長さ50cmほどに伸びてきた。
B棟の主枝に脇枝が少し見え始めてきたが、水を控えている為か緩慢で、A棟に追い越されそうな気がする。
B棟のサンダーは2ベットが残り少なくなってきた。
立ち枯れ症状は減ってきたが、まだ少し出る。ダコニール灌注。

12月5日
サンダーソニア、共選出荷31ケース。

12月4日
リキュウソウ用地のベッド作り。80CM×28M。10株植え。ネタヒム3本。 
サンダーソニア採花。

12月3日
サンダーソニア、共選出荷始まる。
育成球の中にSサイズの物が咲き始めたので、採花して出荷することにした。少し混みあっているのを解消することと、密植による病気を防ぐ目的のため。
切花用ベッドからMが少し採れ始めた。

11月30日
3号パッションは半分は線まで伸びた。
4号は動かない。

11月27日
パイプ1、2、八丈みどり 新スト3、4、S1追肥。
スト連のポルトサルートの親、木子もバイラス多発でどんどん抜いて少なくなっていく。仕方ない。
輸入フリージアはエンパイアーに少々バイラスが出たが、後は良さそうだ。
輸入黄色が芽立ちがいくらか悪いが、まあ順調だ。
輸入アンコナは弱々しいがこれは後からぐんと伸びてくるだろう。
2作目輸入球のムーン、アルバ、フィガロは今のところ快調。
今年はフリージアの作付け面積を減らしたので頑張って育って欲しい。
サンダーソニアが少し咲き始めてきた。
丈のある物はまだまだ。

11月22日
鉄骨パッションA棟の主幹を数本伸びきってないものを残し止めた。

11月21日
鉄骨パッションB棟の脇枝を全部切り詰めた。最終仕上げ。

11月18日
鉄骨ハウスB棟のサンダーに疫病が出たのでホーマイ潅注。
新ストフリージアに青虫、ハスモンヨトウ、が多発。葉を1枚1枚点検して捕殺した。2日はかかりそうだ。

11月17日
パイプ1にパッション植え付け終了。
パイプ2にJ4、Y2、F13。
新ストの種子島ポルトサルートは大部分がバイラスに犯されていて、今日殆ど抜き取った。去年1作目でかなりウイルスが出たので、丁寧に抜き取り残りの良い物だけを保存したが、やはり感染していたようだ。
空いた場所をどうしたものか思案中。

新スト3号の11月3日植えパッションは伸びたものはもうすぐ線を越えそうだ。
このまま順調に育って欲しい。

11月16日
12日、13日と優婆夷宝明神社の例祭も良い天気に恵まれる中、無事終了。くたびれたァ〜
2日間ほどボォ〜としてしまっていたが、今日は水掛けに追われた。
2〜3日の間にパッション苗がグンと伸びていた。鉄骨A棟は頭が線を越えた物が多くなってきたが、まだ揃っていない。

11月7日
スト単、パイプ1号撤去完了。
パッションカードを頂く。色よくとても美味しい。
我が家のパッションでも作ってみようと思う。

11月6日
ヤギョウパッションの据え置き試験圃場のサイド際にネコブが付いているのが分かったので、撤去した。9月末に交配した実がおよそ数百個あるがまだ青々として、中身は種もまだ白いが、かなり大きい実もあり残念だ。
やはり毎年改植するのが正解だろう。
今日は隆は地区の作業が一日あったので休み。パートさんと二人で半日で100坪分伐採終了。女性パワーはすごいよ!

11月5日
リキュウソウの仮植えしてあったのを、1年ぶりに掘り取ったら、かなりの苗数だ。さて何処に定植したものか。

11月4日
日暮れが早くなって、17時には暗くなってきた。
農作業に追われて、日誌の記録を忘れて眠ってしまっている毎日だ。
今日は22時まで作業場でサンダーソニアの球根割りを頑張った。
夕食は冷蔵庫からありったけ引っ張り出して、ここにあるもの食べて寝るぞォ〜と、宣言。
食べ終わらないうちにこっくりこっくり居眠りしてしまった。
フリージアはおおよそ植えつけ終わって、残すところあとひとハウスのみ。
サンダーの新芽が15センチほどに伸びてきた。鉄骨ハウスB棟は植え付け終了。A棟残り3ベット。

11月3日
新スト3号パッション植え付け。

10月2日
隆 世田谷六所の森コンサートに八丈太鼓出演。
げんも見に来る。

10月1日
埼玉氷川神社で七五三。

9月30日
タクの七五三を早めにすることになり、ご招待ツアーで上京。

9月24日
この頃夜が急に寒くなって、パッションの色着きが遅れている。
試験栽培のつもりなのだが、どうしても手抜きになっている。
数日で一度に収穫になると思うので、それを待って木は伐採したほうが良さそうだ。
フリージア予定地 新スト3 ガスタード終了。
鉄骨B パッション新梢の手入れ3回目。勢いがよいのですぐに邪魔になってくる。冷えてきたので少し止まるだろう。1芽確認して止めた。
パッション苗はどうにか伸び始めてきて安心。
9月23日
鉄骨B サンダーベット作り。

9月22日
サンダー予定地 鉄骨A 被覆終了。

9月21日
鉄骨B サンダーベット作り。

9月20日
フリージア予定地 新スト1 ガスタード終了。

9月17日
邪魔になっていたキキョウラン苗200本を鉄骨ハウスサイドにくっつけて仮植え。春に挿した物が150本くらいは脇芽が出ていたが、50本はそのまま。もう少しで脇芽と根が出てきそうだ。来春に少し使いたい。
自家のお墓用としてドラセナ類を数本挿した。

7/28頃交配したヤギョウパイプパッションが数個熟してきたのを試食。色良く、皮薄く、甘さと酸味があり香りもとても良かった。試食をお願いした方より糖度19あり、実も詰まっていて良好との連絡有り。あと10日程で8/8日交配したものを試食出来そうだ。

台風で真っ黒になったルコウソウを元からやり直したら、ぐんぐん伸びてきて、花も咲き始めた。きゅうりネットを作業場の庇に吊るし、プランターに縛り付けた物。もう少しで庇にぶつかる。

9月14日
鉄骨パッションB棟の今後の手入れについて現地検討。
残す枝の処理について。
この後、新梢2芽残しとりあえずピンチすることに。
苗はほぼ発根した模様。最後に追加した分はもう少しかかりそう。
いつもより生育が良くない。
連日の猛暑と強光対策として遮光カーテンを使ったのが、発育の遅れに関係したかもしれない。
Jは16日遅れで挿した苗よりも伸びていない。やはり生育が緩慢らしい。Y5は順調のようだ。

9月13日
試験地の圃場を見に行く。
普及所の先生にパッションの今後の手入れについて相談。

9月11日
隆 朝から八丈島 RAINBOW CUP 2011 フットサル大会決勝へ。
45歳以上のリーグでなんと準優勝。
今年は決勝戦で松木安太郎チームと対戦。負けました。
午前で全部終了。隆は午後から翌朝まで家で眠っておりました。

9月10日
午後から八丈島 RAINBOW CUP 2011 フットサル大会予選リーグ。
隆60歳、今年も参加するそうだ。去年は松木安太郎チームと対戦。
負けました。大好きな松木安太郎氏はうまかったけど、けっこうお年でした…。

9月9日
ヤギョウの堀り残していたアルバトロスを掘ったらものすごい木子が着いている。親は芽が伸びていたので使えるかどうか。
地中深く潜っているので、スコップじゃないと掘り出せない。

9月8日
アラジンが思ったより良い状態。
終了。

9月3日
残念ながら2日連続で飛行機欠航。今日も欠航。
秋田行きは中止。
台風が過ぎたかなという頃から風が強くなってきた感じで、行ってしまってからもちっともおさまらない。
変な台風だ。
パッション酵母の食パンを頂いた。
もっちり感が強いように思う。トーストしたらフランスパンみたいにカリッとして、とても美味しかった。

9月1日
台風12号はどんどん左へずれていって八丈島にはさほど被害はなさそうになってきた。
時々強い雨。
隆 明日の1便発 秋田にて3泊4日で太鼓予定。

8月31日
自家用冷凍パッション2ケースストックポイントへ。

8月27日
挿し穂 2回目  
ジャイ14挿し穂は100%OK
8月24日
鉄骨パッションの切り落とし開始。
A棟全面撤去の予定。
B棟は少し方法を試験してみる予定。
ヤギョウも全面撤去は作業的にきついので、手抜き管理栽培を模索することにしたいがうまくいくかどうか、心配もある。
挿し穂 1回目  

8月21日
鉄骨パッション、ヤギョウパッション共に殆ど終了。
ヤギョウスト単パッションは160個、テニスボールほどになっている。交配時間が夕方5時半から6時過ぎたものもあったが、全部とまった。交配しなかった物は花落ちしたので、虫や風による自然授粉は無かったらしい。交配時間が遅かったので、中身の授粉状態が疎らかどうかが気になるところだ。
この時期に交配を試みたのは初めてだが、今年はずっと例年とは違った状況にあると思うので、来年の参考になるのかどうか疑問もある。7月が八丈島は本土よりもずっと涼しい日が続き、全体でも本土より気温が低かったせいで、8月はじめから大量の花が咲いたと思われる。又、ヤギョウパッションスト単は早期にチャノホコリダニ発生で枝が伸びなかったことで、実が着いていなかったところへ、7月にぐんぐん枝が伸びて末から蕾ラッシュになった。
8月5日から1週間程咲き続け、ここから後は又、高温の為か蕾が全部黄色くなって落花。現在は枝先に花芽有り。これが咲くのは1ヶ月先か?だとすると収穫は年末か?年内に剪定できるならやってみる価値はあるかもしれない。

8月18日
節子、タクたちを送って上京。
2泊。
8月15日
母の新盆
2番目、3番目の姉が来島。
次男、長女夫婦とタク、みい、4番目の姉家族と孫達。
叔母、叔父、従弟達、親類、ととても賑やかな初灯篭だった。

8月10日
昨日と今日、ヤギョウパッションスト単交配は忙しくて出来なかった。
午後5時半より盆踊りのチョウチン付け。
花の露さんへ盆休み前の発送終了。次は14日から発送。
挿し穂 ジャイ14
8月8日
ヤギョウパッションスト単交配72

8月7日
午後1時よりやぐらの準備。
ヤギョウパッションスト単交配86

8月6日
ヤギョウパッションスト単に開花する蕾が出てきたが、結局忙しくて交配を忘れてしまう。
実が着いているので枝の整理をしていないから花は小さいし、葉の陰で花を見つけにくい。葉掻きをすればよいのだろうがとてもそんな時間は無い。

毎日波が高く、南西の風に乗ってまさに潮風が降ってくる感じだ。

隆の足の様子がおかしい。痛み止めを飲む。
連日みいとタクを連れてみんなで海へ1時間半ほど行っているが、
水の湧いている場所では海水が冷たすぎて、ひいひい言っている。
今日は小雨が降り止まなかった。

7月31日
長女、タク、みいが最終便でやって来た。

7月20日
ヤギョウパッション交配1つ。
秋の花芽が付くのが早い。
枝先にどんどん蕾が付いていく。

7月15日
毎日暑い日が続いているがパッションは色付き良く収穫出来ている。
例年よりも色の悪い物が少ない。
鉄骨パッションは4L3Lの物は少なくなってきて、3Lに近い2Lが多い。中心は2L〜LでSは無い。最後までSは出ないだろう。
ヤギョウパッションは大きくて箱に収まらない。

6月28日
昨日、今日と非常に蒸し暑く、作業中も汗でびっしょり。
鉄骨パッションがうっすらと広い範囲に色付いてきた。
早落ちする物は無く、なかなか落ちそうも無い。
カメムシは殆ど見えなくなった。
ヤギョウパッション交配20個
ほとんど終了。

6月27日
花の露さんのポスター用の撮影。

強い枝に少しだけ特に早くに咲いた花が実ったので、どうにか撮影用の実を用意できた。

6月26日
なかなか鉄骨パッションの交配が終わらない。
でも今日で殆ど終わった。
ホッと一息。
ヤギョウパッション交配も、もう2〜3日で終わりそうだ。

今年は花が咲き始めたのが遅く、しかも黄色くなって育たなかった蕾が多かった。
結果枝を昨年よりかなり減らしたが、今年もシワになって落ちてしまう実が場所によりかなり出てきた。
1本の枝に付く実の数も例年より3〜5個くらい少ないように思う。
実の大きさは平均して大きいと思う。

カメムシが異常に多い。こんなことは初めてだ。
小さな若い実の汁を吸ってシワシワボコボコにされてしまった。
薬は使えないので、全て捕殺。
たとえ薬を使ったとしても、外部から浸入してくるので効果は薄いということだった。
1日中グルグル見回って潰した。

6月25日
珍しく蒸し暑い一日。汗びっしょり。
毎日霧なのに雨が降ってない。
パッションの花が多い。

6月24日
隆 JAの総代会出席の為、1便で上京。26日帰島予定。

6月19日
鉄骨パッションが最後の復活。
明日、明後日でおおかたの交配が終了する見込み。
サイド側の枝先は殆ど止めた。
交差は様子を見ながら止めているがなかなかやりきれない。
脇枝の取り忘れをチェック。
青くてシワになるものが数個出てきた。
◎5月15日 7個 2〜3週間で全て落果(シワになったまま赤い色が出た実が3個)未熟果。
◎ 6月15日 6個 現在シワ進行中。
◎ 6月19日 4個 現在シワ進行中。
梅干はこれまでにどちらの圃場も少しづつ出ているが今のところ問題なし。
この後梅雨明けまでが注意期間。
綺麗な実3個収穫。これまでの実は全て3L〜2Lサイズ。
結果枝にミニネットを付けた。収穫が始まるまでには後、2週間くらいか。
受けネットの仕度を急がねば。

トキタ種苗のトマトベリーガーデンがわりと美味しくなってきた。
甘みと酸味が少し増した。
たしかに普通のミニトマトとは全く別物。

鉄骨パッション交配  53
ヤギョウパッション交配  280

6月18日
プランターのトキタ種苗のトマトベリーガーデンが色着いてきた。
形はハートというよりパプリカに近いかな。
味も甘みがあるが酸味と臭みがなく、肉厚なのでパプリカの味だなあ。
まだ本物の味ではないのだと思う。
土植えの2株にも色が出てきたので楽しみだ。
パッションの結果枝にやっと色が少し着いた物が出始めた。

6月17日
ムッとするような肌寒いような変な陽気だ。
太陽が出ない。
日照不足で、パッションの蕾がある程度大きくなって生きてはいるが黄ばんだ物が出始めた。
思い切って枝の間引きをしようか、いや待ってみようか、と思い悩むところだ。
鉄骨パッションは3回目の休みにはいっているが、明日、明後日くらいからほとんど最後の開花が始まりそうだ。
数は少ない。
交配の合間に蕾の無い枝を止め始めたが、時間がかかるのでなかなか進まない。

今年パラパラと最初に咲いた1〜2個の花が綺麗に色着いて2個目の収穫。
67日かかっている。例年50日くらいで色も早目で落ち始めるがこんなに遅いのは初めてだ。
咲いたのが一斉でなくその後もパラパラ、入梅が12日も早く5月末〜6月が寒い日が多かったことなどで、色よくゆっくり熟してきているのだろう。
本格的に色着くのは例年よりかなり遅れそうだ。

父ちゃんが又やってしまった。
パッション棚を無理に持ち上げて太い枝を根元からバキッと…あ〜あ。大小数十個ボツ。前回は80個ボツだったなあ…

ヤギョウパッションは遅れているのでまだ300くらいづつ咲いているが、これも終りになりそうな場所が出てきた。
最後に定植した新ストは、どうにか枝が伸びて小さな蕾も沢山着いたが、育ってないものもありいつまで黄色くならずにもつかが問題で、寒い梅雨に期待だ。

6月13日
梅雨真只中。風は凪た。
ハウスの中はいくらかむっとするが温度は26℃くらい。
鉄骨パッションの開花は減少したが蕾の位置確認作業で時間をとられる。立花あり。
ヤギョウパッション立花が急増。
遅れた苗は順調に蕾を着け、脇枝も出ないと思っていたが、思っていたより成長が良くなってきた。大株のほうが不調。
夜は涼しい。
午前中4者打ち合わせ。

6月12日
風雨強くかなり時化た。
サイドから吹き込んでくるのでビニールを途中まで下ろす。
交配した花がとまるか心配だ。

6月10日
晴れのち曇り
 
6月9日
花の露さん1便御来島。日帰り。
今年の打ち合わせ会議。
鉄骨ハウスのパッションの状況をご覧になり、実の連なっているのを見て楽しそうでした。

6月7日
梅雨に入って寒い日が多い。
連日本土より最高温度がぐっと低い。
パッションフルーツの花にとっては良い傾向だが、実の熟するのは遅れそうだ。
昨日梅雨の晴れ間で青空だったせいか、パッションフルーツの花が2日分一斉に咲いたようだ。
2個連続咲きがとても多かった。
今日も昼抜き、3時抜き。5時に終了。
いつもの濃くおとした珈琲にバニラアイスをドドンと入れてがぶ飲み。
父ちゃんはなまの茄子をかじりたがっているが、明日は食べれるかも。採ってすぐに食べる茄子は何もしなくてもそのままで本当に美味しいのだ。

鉄骨パッション交配  1880  
ヤギョウパッション交配  327

6月6日
休んでいたパッションフルーツの花が咲き始めた。
例のごとく昼食の時間が取れない。
きゅうりをもいでポリポリかじりながら交配作業。
朝は昼に帰るつもりで出てくるのだが、結果は4時までかかってしまうとこのまま仕事しようということになってしまい、濃くおとした珈琲にバニラアイスをドドンと入れてがぶ飲み。
鉄骨パッション交配    
ヤギョウパッション交配 
 
6月5日   
鉄骨パッション交配  177  
ヤギョウパッション交配  165

6月4日
鉄骨パッション交配  29  
ヤギョウパッション交配  63

6月3日
鉄骨パッション交配  6  
ヤギョウパッション交配  62

6月2日
鉄骨パッション交配  6  
ヤギョウパッション交配  51

6月1日
鉄骨パッション交配 5   
ヤギョウパッション交配  26

5月31日
鉄骨パッション交配  20  
ヤギョウパッション交配  105

5月30日
鉄骨パッション交配  30  
ヤギョウパッション交配  120

5月29日
鉄骨パッション交配  65  
ヤギョウパッション交配  82

5月28日
鉄骨パッション交配   349 
ヤギョウパッション交配  121

5月27日
今日関東も梅雨入りしたようだ。12日早いらしい。今日の八丈はまさにそのものだ。
超大きな台風2号が今沖縄あたりで、島にも来るようだ。
鉄骨パッションは立花は殆どなし。
ヤギョウパッションも立花はまだ無いが、モジ花多い。

鉄骨パッション交配  763 
ヤギョウパッション交配  142

5月26日
鉄骨ハウス1列目2列目前半分は殆ど休みにはいったので、1週間くらいは無いだろう。
その他の場所は1個、遅れている枝は3個くらい続いている。
1列目サイドにぶつかる枝が増えてきたがまだ止めてない。
交差は乗り越える枝が出てきた。
ヤギョウパッションは枝がまあまあ伸びてきたが、絶対的に枝が足りない。どこまで追い上げるか。最後のパイプ3連右ハウスの主枝を止めないで花を着けさせ伸ばしている。

鉄骨パッション交配  432
ヤギョウパッション交配  71

5月25日
鉄骨パッション交配  563
ヤギョウパッション交配  76

5月24日
鉄骨パッション交配  416
ヤギョウパッション交配  76

5月23日
鉄骨パッション交配  693
ヤギョウパッション交配  62

5月22日
鉄骨パッション交配  958
ヤギョウパッション交配  43

5月21日
鉄骨パッション交配  1239
ヤギョウパッション交配  31

5月20日
鉄骨パッションのA棟手前半分の枝がサイド近くなってきた。
2列目を乗り越えそうな枝も出てきた。
明日、明後日くらいからモジ花突入がはじまるので、花が激減しそうだ。
鉄骨ハウスのタンクが空っぽになりそうだ。
日曜日にほんとに雨になってくれないと危ない。
鉄骨パッション交配  1300
ヤギョウパッション交配  26

5月19日
黄色くなったり先のほうで成長してなくてすでにダメになっていた蕾が目立ってきた。
これはヤギョウハウスにもあり、咲き始める前の株にも出ている。

鉄骨パッション交配  667  立花、モジ、多い
ヤギョウパッション交配  12

5月18日
鉄骨パッション交配  1394
ヤギョウパッション交配  21

5月17日
鉄骨パッション交配 1415 
ヤギョウパッション交配  14

5月16日
鉄骨パッション交配 1163 
ヤギョウパッション交配  12
5月15日
鉄骨パッション交配 1235 
ヤギョウパッション交配  5
5月14日
鉄骨パッション交配 417 立花多い
ヤギョウパッション交配  6
5月13日
鉄骨パッション交配 144 立花多い

5月12日
梅雨のような天気で花が良くない。
今日が底だとよいのだが。
そろそろ回復して良い頃だ。

鉄骨パッション交配 217 立花多い

5月11日
鉄骨パッション交配 685 立花400

5月10日
母の100ヶ日法要。
日が過ぎるにつれ喪失感が濃くなるように思う。
老いた父母を看取って自分の老いを自覚した。
両親ともに亡くなるという事はこういう事なんだなあと実感する。

鉄骨パッション交配 982 立花112

5月9日
この頃は大雨の後に大晴天で高温の日が必ずあって、いつもの事ながらやはり花が良くない。
明日、湿度が低ければ回復すると思うが、高湿度ならもう一日だめかもしれない。
鉄骨サンダーの根っこ取り全部終了。
ヤギョウサンダーの開花球を掘り取り始めた。
フリージアの掘り取りも急がなければ。

鉄骨パッション交配 482 立花150

5月8日
大雨の後はたいてい花の調子が崩れてくる。
鉄骨パッション交配 850 立花58

5月7日
大雨 1日中雨か曇り 肌寒い
ヤギョウストロングの1株、もうすぐ開花
鉄骨パッション交配 686 立花4

5月6日
鉄骨パッションの1列目と2列目の交差は前半分はかなり深くなってきておおよそ塞がってきた。後ろ半分は強い枝のみ交差しているがまだまだ遅れている。道路側はまだ余裕があるが1.5mくらい。
3列目と4列目は遅れている。
今日から脇芽の処理法を少し変えてみることにした。

鉄骨パッション交配 516

5月5日
鉄骨パッション交配 571 立花 4

5月4日
立花の出始めは例年この頃なので、気候の影響が大きいと思う。
枝ぶりは去年とはかなり遅れているし葉も小さい。
フリージアも2週間遅れたが、春先の冷えの影響がここでも出ている。
ヤギョウパッションもかなり遅れていて早く追いついて欲しい。
初開花まで5日くらいかかりそうだ。

鉄骨パッション交配 685 立花 30

5月3日
鉄骨パッション交配 507  立花 1

5月2日
鉄骨パッションは去年より2週間ほど遅れている。
鉄骨パッション交配 568

5月1日
鉄骨パッション交配 583

4月30日
鉄骨パッション交配 430

4月29日
鉄骨パッション交配 335

4月28日
鉄骨パッション交配 379 

4月27日
鉄骨パッション交配 245

4月26日
鉄骨パッション交配 274

4月25日
鉄骨パッション交配 168

4月24日
鉄骨パッション交配 119

4月23日
鉄骨パッション交配 119

4月22日
鉄骨パッション交配 114

4月21日
鉄骨パッション交配 214

4月20日
陽射しはつよいものの風は冷たく、翳ると寒い。
鉄骨パッション交配 75

4月19日
鉄骨パッション交配 115

4月18日

鉄骨パッション交配 84

4月17日
鉄骨パッション交配 75

4月16日
鉄骨パッション交配 24

4月15日
鉄骨パッションの蕾がぐんと増えてきたが相変わらず奥のほうの遅れはなかなかだ。
ヤギョウパッションはストロングは伸び始めたが、パイプハウスは遅々として伸びない。

鉄骨パッション交配 16

4月14日
小雨 曇り 午後雨上がる
サイド換気カンキット101 2個 104 12個 農協発注。
鉄骨パッション交配 13

4月13日
晴天
鉄骨パッション結果枝の蕾が揃い始めた。
最後に植えた3列目が先に植えた4列目よりも成長が早いのは何故か。間に植えた野菜の肥料や水が効いたのか、温度が高かったのか?
どの列もやはり手前から先に花を着ける。ハウス内の温度がかなり違っているのだと思う。
意識的に奥の方はあまり開放しないようにしたつもりなのだが。

ヤギョウ奥の露地手前に堆肥と鶏糞、苦土石灰を散布。
夏野菜の準備。
ハウスを空けて果菜の準備もしなくては。

鉄骨パッション結果枝交配 8 立花

4月12日
晴天
印刷機買い替え。
ローマ、ロメイン、の種蒔き。
鉄骨パッション交配1

4月11日
鉄骨パッションの結果枝に開花始まった。1輪のみ。明日も1〜2輪だろう。
今日の交配数5個。
東北、関東で昨日今日と震度6の地震があったようだ。八丈島は昨日はがたがたっと微動を感じたが今日は全く分からなかった。

4月10日
ヤギョウパイプ1号のフリージアの整理を始めた。
旧ポルトは殆ど捨てることにした。
種ポルトは良い物だけ抜き採ったが少量だ。
フラワーネットは巻き取った。
パッションに追肥。
パッションは水を控えていた分成長が緩慢で節間も詰まっている。
早く伸ばして脇枝を育てなくてはならない。

4月9日
ストロング連棟とストロング単棟の残ったフリージアを抜きヤギョウパッションに追肥。
鉄骨パッションの本格的交配作業開始はまだもう少し先になりそうだ。
昼間はフリージア整理、夜は鉄骨ハウスでサンダー球根の堀上。

4月8日
鉄骨パッションの入り口側妻の伸ばしている枝交配。1箇所。

4月7日
鉄骨パッションの入り口側妻の伸ばしている枝初交配。2箇所。

4月6日
サンダー球根堀上始める。

4月5日
早いものでもう4月も5日だ。
フリージアに追われていた日々が嘘のように消えた。
これだから農家はやっていけるのだろう。
さあ 次の作物の準備だ。
楽しい気持が湧き上がってくる。
今年はどんなパッションフルーツが出来るだろう、どんな風に仕上げようかとワクワクする。
失敗は宝。
頑張る力にしなくては意味が無い。
今年もまた何か新しい事に挑戦するぞ〜

3月30日
本日普及センターの矢野先生と、都の野瀬さんが離島した。
皆さんにお世話になってきたが、野瀬さんは6年間在任されて本当にお世話になったのでとても寂しい。
宮下さんも離島したらしいが、転勤を知らなくてお別れを言えなくて残念だった。

震災でキャンセルかと思ったフリージア発送は1件以外はすべてお届けできた。ずっとお待ちくださったお客様に御礼申し上げます。
サンダーソニアの市況も戻り出荷も終了した。
後はパッションの手入れ、サンダーソニアの球根の堀上、フリージアのあと少しの出荷と球根の堀上だ。

3月21日
フリージアが昨日、今日と3000本を越える収穫だ。毎晩パートさん2〜3人も残業を9時、10時ごろまでしてくれてどうにか乗り切っている。サンダーソニアも同時にピークになっていて、いったいどうなることかと心配したが還暦前後の4人でなんとか回っている。
サンダーソニアの市況は震災後2回経験したことの無い最悪の大暴落だ。

3月16日
震災の為東北、北海道など発送がストップになった。
キャンセルが出始めたが多くのお客様は解除を待って下さるとの事、感謝します。

輸入フリージアのパープルレインが咲き始めた。
アルバトロス、フィガロ大量に収穫。
あっと言う間に終了しそうな勢いだ。

3月14日
輸入フリージアのアルバトロス、フィガロ、ブルームーンが咲き始めた。

3月12日
東北関東大震災のため、フリージア町長キャラバン中止決定。
用意していたフリージア2000本近くは半分はお世話になった方々などに配り、新しいものは島外へ発送したりしてどうにか整理した。

3月11日
東北関東大震災
ヤギョウストロング単棟で一人、フリージアの収穫をしていたら、いきなり聞いたことの無い音量のサイレンが短く鋭く鳴り響いて、
大津波警報、海岸近くから逃げるようにと防災無線が繰り返し放送を始めた。
最初はどうせ来ないだろうと思って仕事を続けていが、あまり繰り返すので心配になりとにかく花の収穫を終えて帰ろうと急いで作業した。
帰路もいつもの海岸方面への道路を反対周りに遠回りして鉄骨作業場へ着くと、地震で揺れたらしくパートさんたちが私を心配してくれていたらしい。
私は動いて働いていた為か全く揺れを感じなかったのでかえって驚いた。

3月10日
サンダーソニアがピークに入った。
フリージアと重なり大変なことになっている。

3月5日
昨日の冷えでフリージア黄色(ポルト)の色が進まない。
赤がもうすぐ。ブルーはもう少し後か。
鉄骨パッションがぐんぐん伸びてきた。花芽も増えてきた。
元の脇枝はやはり伸びすぎるが、切ってしまうと枝数が不足するところはそのまま伸ばしている。
生育の悪い株の根元に補植したが結局最初に植えた物の方が伸びた。
ヤギョウパッションは風を通しているのでなかなか伸びない。

3月3日
フリージア黄色(ポルト)がピークに入り始めた。
巨大球根のものはやはり花も茎も背丈もものすごく良い。が、生育を抑えた分だけ球根は全く育っていない。
他の色はまだ変化無し。遅れている。

2月26日
母の忌明けを早いが今日済ませた。
天気にも恵まれ近い親戚の方々に参列いただき納骨し、宗福寺で姉夫婦の富次朗商店お手製の仕出し弁当で会食。母も喜んでくれたと思う。
明日からはフリージアの作業が待っているが、サンダーソニアも咲き始めるので大変だ。

2月23日
園芸技術センターの発表会に遅れて隆と出席。
農薬、肥料の話の中で参考になる事が沢山あって出席してよかった。
鉄骨パッション結果枝に花芽が少し見えてきた。
元から出る伸びてしまった長い枝は一節で落とした。
今年の挑戦は出来るだけ元から花芽を着けさせること。
蒸散のコントロールの方法の選択。

フリージアポルトに色が出始めた。
あと2〜3日で初収穫かも。
サンダーも次が咲き始めてこりゃ大変になりそう。

2月22日
雄太がアメリカへ向けて八丈島を発った。
約半年近く一緒に当農園で仕事をしてくれた。
アメリカ本土やハワイへ飛んだり、友人の訪問で休んだりと居ないことも多かったので、今回も又すぐに帰って来そうで行ってしまったという実感が湧かない。
じわじわと寂しくなるのだろう。
雄太が建てたストロングハウスは、この先20年は残るだろうけど私達は生存してるかなあ。

2月19日
一日中小雨が降ったりやんだり。
案外寒い。
ポルトに少し色が着いたものが出てきた。
冷やしているので膨らみはゆっくりだ。
エンパイアーが少し伸びてきた。、アンバサも数本花芽が顔を出してきたが、今年のアンバサはウイルスで抜いたものが多く殆ど残っていない。
輸入2作目なのに痛手だ。
フィガロとブルーはだいたい上がって来始めたが、パープルレイン、アラジンは全く無し。
アルバトロスが数本顔を出し始めた。初めてなので楽しみだ。

パッションにはまだ花芽が見えない。
枝は去年よりかなり遅らせているのでゆっくり伸びている。
鉄骨パッションは早いものは摘芯を終り、結果枝が伸び始めてきた。
手掛けなのでどうしても潅水の回数が不足気味になってしまう。
サンダーソニアの後口が予定よりかなり遅れていてフリージアと出荷が重なりそうで困った。
ヤギョウパッションはハウスを冷やしているので全く伸びない。

2月14日
フリージアポルトの枝はぐんぐん大きくなってきた。
ブルーとフィガロの花芽が少し顔を出し始めてきた。
ピンクと白は全く変化無し。まだまだだ。
3色揃う時がなかなか難しくなりそうだなあ。

深夜低気圧通過中。
小さな台風のように吹きまくっている。
フリージアに被害が出なければいいのだが。

2月12日
2便で帰島。
午後から新ストロングの水道工事終了。頭上潅水設置。
後、出入り口のネット設置を残すだけになった。
ほっと一息。

2月11日
久留米城島の蔵開きに八丈太鼓で招待いただき、1日3万人来るという町ぐるみの行事に初参加。一時小雨もあったが思ったほどは寒くなかった。雪の予報は次の日にずれ込んだようだ。
蔵元花の露さんの太く真っ黒な柱や床の歴史ある大きな蔵は、お寺を思わせるような雰囲気で圧倒された。

2月4日
新ストロング4号、5号のビニール貼り。
時折風があり、5人で作業するも結構大変だった。

2月3日
新ストロング4号、5号のビニール貼り準備。
サイドのビニールやクルクル、ハウスバンドの設置。

2月1日
10日ぶりにフリージアのハウスに行って見ると、黄色の品種の花芽が顔を出し茎も太く伸び始めていた。主が居なくてもちゃんと育っている。寒い日が続いていて、品種によっては葉に寒さによる紫色の変色が少し出ている。
このぶんだと黄色ばかりまとまって先に咲き始めるなあ。

1月30日
母の初七日も終り、明日からは仕事も始めなくては。
3年余り母の介護に携わり、毎日が母に合わせた時間割だったのに自由に動けるようになった事が、何か忘れ物をしているようで引っかかる。

1月19日
サンダーソニアの採花は増えたが、寒さの為か開花が進まないのでなかなかピークがこない。
このままダラダラと続きそうな気配。
いつもなら咲き始めたら1週間程で終わるペースが、なんと同じベットをまだ採花している。

ストロング建設、今日からシンペイが応援隊で参加してくれる。

1月18日
ヤギョウパイプパッション追肥。

1月11日
フリージア種ポになんと花芽がもうすぐ顔を出す様子。
去年よりも10日は早い。ギョギョギョッツ!
後口のはずが一番乗りになりそう。
もう少し待ってよッ まだサンダーソニアの最大のピークが来て無いんだから…

1月10日
この冬最も寒い日。
指がかじかんだ。
忘れていた感覚に懐かしくなった。
今日の鉄骨ハウス内 8.5度。

1月8日
ストロングハウス2棟分のアーチ建て始めた。
鉄骨ハウスパッションに追肥。

平成23年年1月1日
恒例の我が家の新年会。
長女家族、次男、姉達家族。

今年は雄太君が混じって寿司を握ってくれた。

12月13日
暖かい日が続いている。
日焼けしてしまう。
リキュウソウを掘る準備を始めなくては。
長期予想では12月は寒くて2月は暖かいということだったが、連日温度が高い。フリージアの花芽分化が気になるところだ。
夜になると雨が降る。
雄太君そろそろ帰国。

12月7日
鉄骨ハウスパッション伸びの遅れた物残し全列ピンチ。
去年より10日遅いが丁度良さそう。
今年は伸びない株が5本出て、経過を観察していたがこのうち4本を植え替え。1株は先端の復活が見られたのでそのまま育成。
鉄骨パッション追肥全株。
フリージアネット上げと直管の打ち込み。
今年の種ポルトは多少バイラスが出るものの今のところとても良い。
新ポルトよりも自前旧ポルトの方が断然よい。
他の輸入フリージアは今のところは例年通り。

12月3日
ストロング�4 鉄骨養成苗パッション植え付け。15株

12月2日
ストロング�5 ヤギョウ養成苗パッション植え付け。14株

11月24日
雄太君今後の仕事の打ち合わせでアメリカへ一時帰国。

11月22日
結婚記念日
雄太君、来島中のケイスケと雄太の友達、とでお祝い会食。

11月20日
最後のフリージア木子(パープル、アラジン、エンパイアー、アンコナ、ブルームーン)をストロング単�5に植えた。残り1ベットにフィガロ木子を植えたら終了。いつもは露地に植えていた、4月初めまで咲く分。

11月16日
食品衛生責任者講習会受講。

11月13日
2棟目のビニール張り終了。
ドア部分と内張りカーテン、潅水がまだ。

11月11日
祭りも終り、父ちゃんホッと一息。
それでもまた次の催し物の会議なる物が2〜3同時進行中。
オイオイ還暦だぞォ〜。

新ストロングは内張りカーテン設置終了し、潅水管も準備した。1棟目ほぼ完了間近い。外の水道設置のみ。
2棟目は明日のビニール張りに向けてドア部分設置中。
風は明日も凪る予定。静かでありますように…。

11月7日
優婆夷宝明神社のお祭り
朝6時に集合し餅つき。
晴天に恵まれ無事10時過ぎには餅まき用カゴ115個完了。
夜は5時から夜店と芸能、大抽選会と最後に餅まき。

11月6日
風もなく晴天。
優婆夷宝明神社の神輿。
6時半に会館へ。
送り出した後昼食、夕食の準備。今年は参加者少なく、60名ほど。
夜9時に片付け終了し帰宅。

10月28日
ほんに毎日よく降るなあ。
パイプハウスのボロビニールに擦れ穴が沢山!雨漏りが乾く暇が無いのだ!
仕方ないので強引にフリージアを植え込んで一区切り。
後は新ストロングの完成を待つばかりなのだが、ここもストップしたまま。
困った、困った。
サンダーソニアの植え付けは、どうにかゆっくり進んでいる。
パッションは台風回避のため三連棟中はストップ中。

10月27日
鉄骨ハウスに自家用セロリーとブロッコリーを少々植えた。
これぞ隙間園芸!かな?
葉物の種撒きも急がないと食べる野菜が無いぞォ〜
鉄骨ハウスパッション1回目。

10月25日
鉄骨ハウスパッション3列目、植え付け完了。

10月24日
今日はフリージア植えのパートさん達はお休み。

10月23日
連日の雨続きで遅れ気味の定植も、やっと今日の晴天で進むかと思ったのに夜には又雨だ…。
フリージア定植、スト連スト単パイプ2連はほぼ終了。
パイプ3連中は1ベット終了。
この後の植床が出来て無いので困った。

10月22日
連日の雨でハウス内が雨漏りだあ〜
フリージアのベッドのあちこちに雨漏りが出て、仕方なく湿った土を掘り返しながらの定植。

10月21日
鉄骨ハウスパッション4列目後ろ半分、植え付け終了。

10月19日
鉄骨ハウスパッション4列目前半分、植え付け終了。

10月18日
鉄骨ハウスパッション1,2列目、植え付け終了。

10月15日
輸入フリージアをホーマイで消毒。
今年の輸入フリージアは球の大きさはほぼ揃っている。
白の新しい品種を入れてみた。

手持ちの球根の準備。

隆 サンダー球根割り。

10月14日
雨。
輸入フリージア 4品種福岡空港よりヤマト便で到着。11日発送。
送料が高い!

雄太君 ハワイ行きの為出発。戻るのは11月。

ストロングの妻部分の柱設置終了。
ドアの組み立て終了。

午後サンダーソニアの初回植え付け用球根の準備を始める。

10月13日
風もなく陽射しが暑い。

10月5日
新築ストロングハウス、サイド換気部分を先に取り付け始める。
48ミリ用のキャップが表記よりも70個も少なく送られてきていた。

姉が上京の間のばあちゃんのショートスティ、4泊で迎えに行く。
今回で2回目。迎えに行った時は活発だったが、帰ってすぐ夕飯を済ませたら大人しく眠ってしまった。

10月3日
新築ストロングハウス、男3人で奥の2棟のアーチを建てる。筋交も終了。
後はロープ、妻部分と内張り遮光カーテンに移る。
サイドの換気部分はその後。

米麹をふやかす。

10月2日
鉄骨ハウスに耕運機。

ストロング単棟の唐辛子の抜き取り処理を全て終了。
潅水1時間。
潅水ノズルの先端部分が1箇所抜け落ちて、ミニ滝状態だった。

10月1日
ストロング単棟の唐辛子を18株のみ鉢上げ。
上向き種、下向き修型、下向き坂上型、大葉ミニ型の4種。
下向き型は辛味が少なく、かじってみたが舌にさほどの刺激無し。
上向き型は火傷しそうな感じだった。この時期になるとかなりの違いが出るのかもしれない。

下向き型は花の咲き始めも遅い。

隆 JA棚卸し。終日。

9月30日
前日の続き。終了。

9月29日
JAミニユンボで新築ストロングハウスの奥2棟の基礎の埋め立て整地。竹の根がまだまだ残っていたのを拾いながらやった。

9月26日
隆、1便にて上京。
曇り空。少し寒いが日中は暑そうだ。

9月25日
強い台風12号が小笠原方面から来る。
昨日からビュンビュン吹きまくっていたが、八丈島の右側を通過することが判っていたので、いくらか安心だった。
幸い、我が家関係にはおおよそ被害なし。
夕方には凪た。

原宿のお祭りの太鼓の依頼があり上京の予定だったが、2便欠航で最終便に乗れず、明日の1便で予定。

パッション鉢上げ。4.5寸。

9月21日
ストロング左被覆終了
右側 チップを振るって散布

9月20日
草刈
ストロング単棟整理
パイプ2連棟左被覆終了

9月19日
パイプ2連棟右被覆終了

9月18日
鉄骨ハウス被覆終了。

9月17日
時折スコールに見舞われながら、ストロングの基礎の太いアーチパイプを立て終わった。

9月16日
新ストロング建設始める。
半分の面積を先に建てる。

9月15日
パッションフルーツ終了。
鉄骨パッション撤去終了。
これで今年のパッション棚は全て撤去された。苗も順調に生育中。
異常に暑い中の挿し木に少々不安があったが、97%の成功率だった。

新ストロング墨付け。

9月7日
6日間でようやくコマツ組の作業終了。

9月1日
隆組にコマツ組加わってヤギョウ開墾。
ユンボ2基
作業員5名。
雄太君が今日から農園でアルバイトを始めた。

8月29日
鉄骨パッションフルーツは終わりそうでまだ終わらない。
早く落ちてきてくれ〜。
1日半ケース。良い色のものは少し薄い。実はLが多いが全体量が少ないので半端だ。
そろそろ伐採したいんだなあ〜。
真っ暗になってきたし。

ヤギョウに植えた4株のナスが大繁茂。
うお〜。8月初めに剪定したつもりが大変なことになっている。
大きなナスを見つけて鶏の手羽先と煮付けにしたら、とろけそうに柔らかく、手羽先もトロトロに炊けた。
ビールと薩摩の焼酎のオンザロックで美味しかった!

ストロング単棟の下向き唐辛子にやっと花が咲いて、小さな実が着き始めた。

8月26日
朝晩は涼しくなってきたが、日中の暑さは半端じゃない。
作業場は窓も戸口も開け放って冷房をかけるという異常な状態。
締め切ると返って暑いのだ。
冷房の涼風を体に受けてしのいでいる。
ヤギョウのパッションは、秋の実を採ろうかと考えたがあまりの暑さで花芽が死んでしまったのでやめた。
1週間ほど前にストロング単棟を残して伐採ほぼ終了。
この後はフリージアになる予定。
鉄骨ハウスはまだ少量枝に残っている。
これがちんたらと落ちてくるので、伐採はまだ出来ない。

父ちゃんは農協の賃貸ユンボで、連日新ストロングハウス建設予定地の開墾だ。

8月18日
涼しくなるかと思えばまた猛暑を繰り返し、7月末から一旦着き始めたパッションの花芽が止まってしまった。
パッションフルーツはそろそろ終了の気配だ。
あれほど手入れし明るさを保っていたハウスも、枝は勢いを増し更に伸びて、今は真っ暗になりかけている。

農園の夏の終りだ。
秋の植え付けの為の準備を始めなくては。
パッションの不足で、農協出荷が殆ど出来なかった事が反省点だ。

8月17日
次男夫婦が東京へ帰った。
パッションフルーツの選別作業など手伝ってくれ、家事もさっさとこなして、釣ったムロアジで作ってくれたハンバーグは美味しかったよ。すっかりお客様になって楽させてもらいました。
ありがとう。

いよいよ新ストロングハウス建設予定地の開墾始まった。

8月16日
2週間余りいた長女と孫二人が埼玉へ帰って行った。
前半は連日の晴天で毎日海へ1時間ほど連れて行ったが、後半は連日雨と曇りの日々だった。
今年は誰も熱を出さず、孫達のパワーは全開。
盆踊りも花火大会も満喫して帰った。
一人で3歳と1歳の子供連れて来たので、かえって疲れてしまったのではないかと思うけど、よく来てくれました。
ありがとうね。ばばは農作業も介護もあって大変だったけど、気持はとっても楽しかったよ。

8月8日
今日は久し振りの雨。降ったりやんだり曇っている。
又も雨水タンクが空っぽになるかと心配な毎日が続いていたが、これで一安心。
人間の心は勝手なものだ。1日曇っただけで、晴れた天気が恋しい。
パッションは去年よりかなり少ない感じだが、この2〜3日収穫が増えている。暑くなってきたので色着きが悪い物が増えてきたが、第2農場の物は味がのってきた。

7月30日
夕べからの大雨で雨水タンクはあっという間に満水。
昼間は寒いくらいの曇天。
園芸ハウスの屋根に降った雨が全て雨水タンクへ入ってめでたしめでたし。

7月24日
梅雨明けから2週間余り。ほとんど雨が降っていない。
雨水タンクは1週間ほど前から空っぽで水道水を溜めては潅水している。タンクは2日間水道を出しっぱなしで溜めても満水にならない。
水道料を考えるとゾッとするなあ。
この時期はいつもなら早朝に毎日といっていいほどにわか雨が降るのになあ。

7月20日
急に30度近い日があったせいか、パッションの色着きの悪い物が出てきた。
夜中から明け方は寒いくらいだ。

7月14日
3日ほど前から夕方になると虫の鳴く声が大きく聞こえて梅雨明け状態だ。
パッションは真っ赤に色着いても、なかなか網に落ちてこない。
結果、色の悪い物が全く無い。
今日の収穫数2ケース。
またまとまって落ちようとしているのかね?パッション君。

7月8日
やはり今日の収穫は少ない。
又も十分赤くなっているのに落ちない実がある。

7月7日
赤く色着いてもなかなか網へ落ちてこなかったパッションフルーツが、いきなりなんと1日で23ケース収穫。3日分はありそうだ。
1日の収穫数としては、栽培を始めてから今までで一番かも。
お待たせの花の露さんにやっとまとめて送れそうだ。

レインズさん親子にも収穫作業をお手伝いいただいた。

7月4日
アメリカよりレインズさんご家族が今日八丈へ。
はるばる八丈太鼓の現場を体験したいとご来島。

連日曇りか雨。山は霧。
こんなに本格的な梅雨は久し振り。
いつもはいつ雨降るの?と思っているうちに梅雨明け。
水不足だあ〜と騒ぐのになあ。
今日の降り方もまるで台風の前のようだ。

パッションフルーツは思いのほか色着きが良く、跳ねだしものが殆ど出ない。

スイカが今日も授粉できずにダメだなあ。
今年は採れるか心配。全部黒くなって落ちていく。
ハウスメロンだけは、ゴロゴロ成っている。

甘長唐辛子、ナスもいまいち実止まりが悪い。
青唐辛子はもうすぐ収穫できそうだ。

6月17日
隆 帰島。
頼んでいた植物も買ってきてくれたし、ホームステイさせていただいたお宅のプロのチョコレートも沢山頂いて、わ〜い♪
留守の間に2K痩せたのになあ…
パッションフルーツの花は咲き始めたが明日の方が多くなりそうだ。

6月16日
隆 成田から直行で最終便で帰島のはずが、八丈空路全便濃霧で欠航。今晩発の東海汽船に切り替え。
なんとパッションフルーツが明日からどっと最終の花を咲かせ始める気配。
なんともお利口な花達じゃ。実も此処のところの雨冷えで遅れていたが少し色着き始めた。
花が休んでいる間にパートさんとパッションの手入れもまあまあ出来たし、気になっていた八丈レモンの鉢上げやコリウスの苗もプランターに植えて、私も命の洗濯の予洗いをした。

鉄骨パッション交配数28
ヤギョウパイプパッション交配数152

6月10日
梅雨入り近い空模様。
隆1便でハワイ行きのため上京。
オアフ島でスタッフと合流しマウイ島で八丈太鼓公演。その後講習会。
忙しい最中の旅立ちで心配したが、パッションフルーツの蕾の大方がなんと休みに入っている。あと3日くらいは花が少ないだろう。
パッションの実が数は少ないが少し色付いてきた。
隆が戻る頃には収穫が始まっているかもしれない。

鉄骨パッション交配数20
ヤギョウパイプパッション交配数92

6月4日
毎日良い天気続きでパッションの水掛けも半端じゃない。
雨水タンクが空になりそうになった日が何度もある。
鉄骨ハウスA棟の1列目右サイドの枝はかなり終了した。
左枝、および2列目は途中蕾が2度目の休みに入り始めたがその先端は復活する見込み。B棟は前半はA棟と同程度。後半はまだ延びている最中の枝多く、調子はまあまあ。
ヤギョウスト連はどうにか伸び始め、開花枝多い。
ヤギョウスト単はまだまだ枝が伸びてこないが5〜6個開花が始まった。
ヤギョウパイプ3連真ん中は順調だが、先がサイドにぶつかる物が増えてきた。
ヤギョウパイプ2連はまだ到達していない。どうなることやら。

鉄骨パッション交配数670
ヤギョウパイプパッション交配数170

5月31日
五月もきょうでおしまい。
いよいよ梅雨の六月。
涼しい梅雨の年はパッションにはとても都合が良いのだけど、どうですかね?
5日間アルバイトしたケイスケ、今日で終了。ご苦労様。

5月18日
一昨日が寒く昨日が花が少なめだったので、その分まで今日咲いた感じだ。今日も暑かった。
鉄骨パッション交配数1470
ヤギョウパイプパッション交配数64

5月16日
(有)山田屋さんで「ぱっしょんふるーつ梅酒 八丈」の発売開始。
日本酒生酒試飲即売会も開催され、また「花の露」も並び、盛況だった。
鉄骨パッションフルーツ20個連続成り1本確認した。
鉄骨パッション交配数1196
ヤギョウパイプパッション交配数32

5月15日
今日はりき君の結婚式で、隆出席。
殆ど一人で2圃場の交配作業はきつかった。
裏日で花が少ない。
陽射しは強い。
鉄骨ハウスは風が通り花粉もサラサラしているが、ヤギョウパイプは蒸し暑い感じがして、花粉も湿気気味。

鉄骨パッション交配数1095
ヤギョウパイプパッション交配数53

5月14日
大分実も増えて、棚が少し下がってきた。
画像の説明

今日は昨日の分まで咲いた。

鉄骨パッション交配数1568
ヤギョウパイプパッション交配数62

5月13日
昨日が寒かったせいで、今日は花が開かない。
枝の誘引と脇芽整理。

鉄骨パッション交配数674
ヤギョウパイプパッション交配数47

5月12日
雨。1日寒かった。
鉄骨パッション交配数1193
ヤギョウパイプパッション交配数30

5月11日
雨水タンク満杯 ひと安心。

鉄骨パッション交配数1356

5月10日
今日の立花は3個
鉄骨パッション交配数1295

5月9日
なかなか雨にならず。
沖縄が梅雨入りしたので、八丈島も曇りが多くなるだろう。
パッションA棟とB棟の谷間の枝が交差し始めた。
パッションA棟のサイドにぶつかる枝が多くなってきた。
最初の枝は22個の蕾でサイドにぶつかった。
また、1、2列目を互いに乗り越える枝も出始めた。

立花120 全体に拡がってきた。脇に多い。
鉄骨パッション交配数1441
ヤギョウパッション交配数42

5月8日
夕べ、雨が少し降ったらしい。
雨水タンクにどのくらい溜まったか?

鉄骨パッション交配数1276
ヤギョウパッション交配数27

5月7日
ハウス屋根に降った雨を溜める雨水タンクが空になったため、水道水で水掛する。パッションフルーツは多量の水を必要とする為、早く雨が欲しい。
雨乞いの太鼓を打つか!

鉄骨パッション交配数997
ヤギョウパッション交配数24

5月6日
ハウス屋根に降った雨を溜める雨水タンクが空になった。
鉄骨パッション交配数1095
ヤギョウパッション交配数22

5月5日
鉄骨パッション交配数801
ヤギョウパッション交配数15

5月4日
鉄骨パッションの2列目の�がどうも調子が良くない。
葉が萎れ気味だったのが少し回復してきたが、色は黄ばんだままで小さい。花が2日続けて立っている。
その他3株で1個づつ立花が出た。
毎年5月の連休から調子の崩れを見せる株が出始めるが、花も多くなり、実も大きくなってきてちょっと休みたいのだろう。
鉄骨パッション交配数901

5月3日
連日穏やかな良い天気が続いている。
ヤギョウストロングパッション初開花
鉄骨ジャステシアをヤギョウ奥単棟へ引っ越した。

鉄骨パッション交配数566
ヤギョウパイプパッション交配数6
ヤギョウストロングパッション交配数1

5月2日
鉄骨パッション交配数831
ヤギョウパイプパッション交配数2

5月1日
ヤギョウパイプパッション初開花
ヤギョウパイプパッション交配数1

4月26日
今日は朝から穏やかな暖かい1日。
半袖Tシャツに割烹着1枚で十分だった。
パッションの花は順調に咲き進んでいる。
4列目も開花が増えてきた。
パッション交配数699

4月21日
花の露さん来島。

4月18日
単棟パイプフリージアの整理終了

今日は咲き始めは早かったが、9時半から花粉の出ているものもあれば、13時近くになってもまだ開ききらない花もあった。温度は高くなった。
パッション交配数547+α

4月17日
パッションの開花数がひどく少ない。
急に極寒になったせいなのか、咲くはずの花が開かずにそのままだ。13時になっても開きかけの花や花粉の出てないものもあった。
明日に持ち越すようだ。
ヤギョウパイプのサンダー養成球の天を止める。生育は良い。
パッション交配数86

4月16日
「ぱっしょんふるーつ梅酒 八丈」の味見をお願いしたところ、アンケートを作ってくださり、回答をいただいた。、思いがけず的確な対応をしていただいて、驚きと感謝。

順調に開花が増えてきた。
日中は雨で風も台風並み。冷えた。
パッション交配数476

4月15日
風は無いが、しとしと雨。寒い。
パッション交配数250

4月14日
フリージアの露地の整理終了
連棟パイプフリージアの整理終了
単棟パイプフリージアの整理始める
整理するのは少し早いが、スズメノテッポウの種が落ちる前に処理。
ジャステシア出荷。あまりのボリュウムに10本ではスリーブに入らない為、5本束で1ケース10本入りで梱包。
リキュウソウも移植したものが程よく伸びてきたので、そろそろ出荷したい。
パッション交配数140

4月12日
鉄骨パッションの1列目と2列目の枝がかなり伸びて間に入り始めた。株元の花が予想より少ない。たまに黄色くダメになった蕾があるのを見ると、寒かったのかもしれない。
花は今年も各列の手前から咲き始める。
ハウスの手前の温度が高いのかもしれない。

明日朝入港予定の船は欠航となった。

パッション交配数29

4月11日
フリージアも4月1日に完全に終了し、ホッと一息…が、例年の事ながらパッションの花が開花し始めた。
今日は14個と少ないが2〜3日後には咲き始める枝がグッと増えてくる。
今のうちにサンダーソニアの球根の掘り取りと整理、フリージアの
掘り取りと整理、諸々やらなくてはならない事が次々と待っている。
このままじゃ年々若返らなくてはやってらんないぞォ〜
健康第一!
娘がなにを思ったか、疲労回復腰痛肩こり解消サプリメントを送ってくれた。
子供にこういう物を貰う年齢になったかァ〜… 
早速飲んでみた。ありがとうね!気持も元気になったよ!
パッション交配数14

4月9日
サンダー実生の発芽始まる。
パッション交配数10

4月8日
鉄骨パッション咲き始める。
P
ヤギョウストロング単棟 14
ヤギョウパイプ連棟右 21 左 33 残7
終了
3連棟中 12 止めた

4月2日
「八丈 ぱっしょんふるーつ梅酒 」 誕生!

#ref(): File not found: "�.jpg" at page "農園の様子"

我が奥山隆農園産だけのパッションフルーツの生を使用したリキュールが出来上がりました!

その名も 「八丈 ぱっしょんふるーつ梅酒」

なんと 九州は福岡 久留米城島町の
老舗蔵元 株式会社「花の露」さんの酒蔵で誕生!

日本酒ベースの梅酒に生のパッションフルーツを絞って入れてねかせた8度のリキュールです。
色と香りをとても大切にしてあって、冷蔵保存になっています。

飲んでみるとパッションフルーツの良い香りと微かな苦味があり
そこがとてもフルーティーな感じなのです。

さすが日本酒蔵元さん これ本物だーって感激しました。

外国産の原料使用が大方を占めるパッションフルーツ製品とは
全く違う 色と香り 味わいを堪能できます。

八丈島の氏神様にご報告して欲しいとのご依頼で
早速、優婆夷宝明神社にお願いしました。

販売はこちら
830-0291 福岡県久留米市城島町城島223-1 株式会社 花の露  TEL 0942-62-2151
八丈島のお店でも販売される予定です

大阪 天満天神梅酒大会にも出展されました。

2010年天満天神梅酒大会出展一覧ぺージより
http://www.umeshu-collection.com/detail_2010/8940.html

2010 年天満天神梅酒大会ホームページ
http://www.umeshu-collection.com/

3月30日
3月は例年のことながら、本当に忙しく辛く嬉しい月だった。
忙しいという事は喜ばしいことで、今年も乗り切れたということは
健康だったということだろう。

3月25日
3月に入って連日雨の日があまりに多い。
露地フリージアに病気が多発。
長年栽培してきて、こんなに雨も病気も多いのは初めてかもしれない。
外葉を取ると芯に近い葉と茎にサビ色の病班が現れ、葉の付け根から融けてくる。
フリージア個人宛出荷もほぼ終了。後は毎日きまった数の出荷をこなすのみ。
花を栽培していて一番の悩みは、春の輸送の不安定さだ。
まともに就航出来る日が何日あったことか。
たとえ就航できても、荷物は滞留し配送が遅れてしまう。

3月3日
フリージア 単棟ポルトサルートの特大球開花は残り少ない。
ストロングのポルトサルートも開花が始まった。
単棟特大球ブルーが蕾の上がりは早かったが、開花はストロングブルーの谷間横のほうが早そうだ。
単棟特大球とストロング小球がさほどずれないで咲いて来そうだ。
単棟特大球フィガロ、ストロングフィガロももうすぐ。
単棟特大球エンパイアーは大きいものだけ少し咲きそうだ。
パイプアンバサダー、ストロングアンコナの花芽が伸びてきた。
ストロングパープル、ストロングアラジンがこれに続いている。
3月1日
隆 帰島。
船は3日連続で欠航中。

2月28日
1便のみ就航。船欠航

チリ大地震による、津波警報で1日中落ち着かなかったが、どうという事も無く無事過ぎた。

2月27日
フリージア ポルトサルート初引き。200本明日発送予定。
最後のサンダーソニアの出荷のピーク。
隆が鹿児島へ八丈太鼓講師として出かけた後をパートさんと二人でどうにか乗り切った。48ケース 1440本出荷。

2月26日
隆 3泊4日で1便で鹿児島へ太鼓打ちに出かけた。

2月11日
本日は1日中パッションフルーツジュース作り。
冷凍保存しておいた果実1ケース138個入り。
このうち120個でコンク4リットル、残り12個でパッションジャム小瓶2個を作った。
種の部分の搾り方で採れる果汁の量が40個につき100CC前後増減する。強く絞り過ぎると渋くなるように思った。

課題
解凍の程度

  

2月10日
フリージアの予約が入り始めて、いつもの事ながら咲いてみないと
心配で、色は揃うだろうと思いながらもつい控えめな返事になってしまう。
フリージアは品種によって温度や湿度が開花にとても影響する。
去年早く咲いた品種が、今年も同じとは限らない。
秋の温度、春の温度が影響する品種としない品種があって、新しく導入した物はなおのこと判り難い。
蕾が早く上がっても、ゆっくり色着くものもある。
だから、ドキドキして楽しいのかもしれない。

2月9日
頂いた手造りの唐辛子入り米麹味噌がとても気に入ったので、米麹を購入しようと思うが、値段もいろいろ、グラムもいろいろで悩んでしまった。
この味噌をベースに鍋にすると、なんとも言えず美味しいのだ。
体も温まり、ヘルシーに食事を終えることができて痩せなくちゃと思っている我が家の二人にはもってこいだ。

2月8日
極寒の日々が続いたと思ったらいきなり暖かい。
うっかりハウスを開けるのが遅れると、息苦しいくらい暑くなってしまう。
風が強いのであまり開放もできないが、フリージアの早生種の黄色がグッと花茎を伸ばしてきて何処まで伸びるやらと、ちょっと心配しながらも、例年この時が一番ワクワクして楽しい。

1月29日
日中は暑いくらいの陽差しの日が続いて、日焼け止めが欲しいくらいだ。
その割には、夜はまだまだ冷える。
フリージアの極早生種、巨大球を植えた場所に蕾が出始めた。
後はまだまだ。

1月21日
ヤギョウ奥単棟フリージア特大球の花芽がもうすぐ顔を出しそうだ。
今年は病気を防ぐ目的で、初めてパイプハウスの天張を剥がさなかった。軟弱になるのではと心配だが花がきて見ないとまだ分からない。サイドはネット張り。病気は今のところ少ない。
露地はそれなりに病気も出ているが今のところは特に問題なし。

1月19日
サンダーの種蒔き終了。
鉄骨パッション1と2列目は、今のところイメージ通りの成長進度。
3と4列目は少し遅れをとったかな。
去年は思ったより早く成長してしまって、花芽の付き初めの位置が
遠かった。
今年うまくいけば、去年の4列目の結果と合わせて挿し木の時期を確定できると思う。

1月18日
サンダーの種蒔きを始めた。
ヤギョウ奥の露地1ベット。
ジャステシア120本出荷予定。12月20日頃から切ってなかったが相変わらず本数は採れない。ボリュームはかなりの物だ。
1月16日
連日の花切りでどうも体調が戻らない。
一番のピークは過ぎたが、次々と花が上がってきて嬉しいような辛いような、そんな毎日だ。
今日はJA出荷の後、清オジ宅のマクロザミアを撮影に出かけた。

何か気分転換を見つけないと、目が点どころか無くなってしまいそうだ。

1月7日
フリージアのネット上げ。
アンコナとアンバサダーに欠株が多い。
ポルトサルートは去年よりは良いがやはり欠株が出る。
パープルとアラジンは良い。
種子島アラジンは、購入した箱�で発芽に違いが出ているが、今のところ葉のバイラスに関しては良さそうだ。
全体に手持ち2年目球は良いが、特大球は伸び過ぎ傾向でエンパイアーは特に葉の幅が広いのでちょっと気をつけなくては。
手持ち2年目ブルームーンはバイラスがほとんど見えなくて、驚きの成績だが花を見るまでは安心できない。
手持ち2年目フィガロはとても良い。これも殆どバイラスが見えない。
手持ち2年目ポルトサルートはやはりバイラスが多く、かなり抜き取っている。

1月6日
5日の夜は隆の実家で新年会。
隆の大賀郷消防団として37年間途切れることなく続いた年末夜警がついに終了。
孫達は帰ってしまったがこの日を待って、ゆっくりと飲むはずだったけど、連日の極冷えで遅れていたサンダーが2回目のピークを迎えて、結局新年会の後はハウスで徹夜の花切りになってしまった。
長靴の底は氷の上にいるかの様に冷たかった。
朝食後も延々と切り続け、下葉を落として結束しスリーブに入れ、箱を作って入れて、午後4時に集荷場へ運んで帰宅。
69ケース。まあ二人だけでやるにはこれくらいだろう。
遅い昼食と夕食を兼ねて、頂いた日本酒で乾杯。

平成22年1月4日
ついに隆の消防団人生37年の最後の出初式。
大賀郷分団団長として最後の年に、20年振りの大賀郷分団操法大会優勝は、とても良い記念になった。
とても綺麗な演技で素晴しかったと思う。操法員や操法に関わった皆さんに感謝。

12月24日
急に天気が緩んできて朝から暖かい。
遅れているサンダーの2番目ベッドの開花が進むとよいのだが。

サンダーソニア

暖房を兼ねて電照の下で花を切る。
蕾の若い物が殆どで探しながら切るのではかどらない。

12月23日
ジャステシア出荷60本。なかなかまとまらない。
ストロングジャステシアにS1追肥。
極冷えで葉色が黄ばんできたので、控えていた水と肥料を与えた。

12月20日
隆 帰島

12月19日
1回目のサンダーの出荷中。
2回目の切り始めは少し遅れて25日以降になりそう。
隆 青ヶ島へ太鼓
サンダーソニア

12月15日
鉄骨パッションB2列伸びたものだけ摘芯。

12月5日
フリージアのバイラス抜き。
鉄骨パッションA棟に追肥。

11月28日
叔父7回忌と叔母1回忌の法事。

11月27日
鉄骨パッションA2列摘芯。

11月25日
ジャステシアの蕾がそれなりに上ってきている。
まとまるのにはもう少し日数がかかる。
ジャステシアに根瘤センチュウの薬を試し散布。
最初は小さめの瘤が付き始めていたが、今日掘ってみると綺麗な新しい根が多く伸びていて、これなら大丈夫そうだ。
念のためハウスのサイド周りの株に撒いた。

11月24日
サンダーソニアの1回目に植え付けた所に蕾がようやく見えてきた。
咲くのは12月の中頃かな。

11月23日
ジャステシア出荷2回目 まだまだ荷がまとまらない。

11月22日
ン十年前のこの日 結婚したっけなあ。シトシト雨の降る日だった

11月20日

オオバン

ジャステシアのハウスに、水鳥のオオバンが迷い込んできた。
八丈島で初めて見た。鶏かと思うような黒い大きな鳥だ。

11月18日
フリージアに苦土安3号追肥。
手持ちの大球、中球、小球共に色よく育っている。バイラスも少なく良さそうだ。
ジャステシア、共選へ初出荷。荷は、当分数がまとまりそうもない。
サンダーは最初のベッドの花芽が覗くのももうすぐだ。
鉄骨A棟のパッションが伸びてきた。エスター線を越える物が出てきた。
そのまま暫く伸ばして、全体が揃うのを待つ。
B棟は2週間遅れて植えた分伸びていない。

11月17日
ジャステシアの切り前や結束など、普及所、センター、の先生方と目合せ。

ジャステシア
ヤギョウパイプ5号被覆。

11月16日
今日は晩秋らしい冷えだ。幼い頃の郷社の祭りはこんな冷えだったな。
ジャステシアにカタツムリの食害が多発。
小さいカタツムリは誘引剤にもなかなか寄って来ない様で、葉の上や裏を毎日調べると大抵くっついている。
米粒の半分くらいのもいてゴミかなと思って潰してみるとカタツムリだ。
サンダーの輸入球は遅れて20日に着くらしい。
フリージアのバイラス抜き。
今年は今のところ手持ちの物は調子良さそう。
輸入のアンコナは発芽しない物、バイラスの物が出始めてきた。
ポルトサルートも発芽がイマイチ。頑張ってもらわないとなんだけど。
ポルトサルートは花色も澄んだ色で香りも良いが、発芽が去年も悪かった。

11月15日
ジャステシアとフリージアのハスモンヨトウ対策にアファームで消毒。ジャステシアのカタツムリの虫喰いの枝を30本ほど切って処理した。

11月12日
輸入サンダー鉄骨B棟に1万球植付け終了。次の1万球がすぐ来る予定だが、結構足や腰に疲労が溜まっているのできつい。

11月11日
露地フリージアはほんの少しの場所がまだだが、ほぼ植え付け終了。今年はハウスを増やし、露地はサンダーのために場所を少し減らした。全体では去年より80坪ほど増。

11月10日
ヤギョウストロングの雨漏りがひどくなったので、ダイヤスター用の補修テープで修理。ハウスバンドと直管との擦れが原因。特に峰の部分は殆どに穴が開いていた。
本来このタイプのPOフィルムには専用のハウスバンドが用意されているということを、初めて知った。八丈島は風が強いので建設が特別仕様になっているようだが、台風に強くてもフィルムに合わないハウスバンドでは、擦れによる消耗で白化し光の透過率が著しく悪くなるし、穴は開くしで困ってしまう。

11月6日
午前中ヤギョウ露地フリージア植え付け。

11月5日
ヤギョウ露地フリージア植え付け始める。

11月4日
鉄骨A棟サンダー植え付け終了。

11月3日
サンダー輸入球の植え付け

11月2日
サンダー輸入球の植え付け始める。
ジャステシアにネコブ出る。

11月1日
パッション定植 鉄骨B棟48株終了。
ヤギョウ露地フリージア用地の耕運終了。

10月28日
パッション定植 ヤギョウストロング連棟へ30株。

10月24日

フリージア

フリージアの極早生種の葉が伸びてきた。
この品種だけ先に咲き始めるので、色合せできなくて困ってしまう。

ジャステシア

ジャステシアに花芽が付いて、葉っぱもかなり大きくなってきた。
センターのを見せてもらったが、花芽の見えない枝が天を突き抜ける勢いでハウスの天井に迫っていた。ギョッとした。剪定の時期を逆算して決めなければならない。がっしりと、適度に丈を伸ばすのに苦労しそうな予感。

10月23日
サンダー球根割り

10月22日
節 風邪で休養
サンダー球根割り

10月21日
鉄骨ジャステシア 追肥 IB1�40グラム
八百辰さん来園
パイプジャステシアにフラワーネット1段設置終了。

10月20日
隆 最終便長野から帰島
サンダー植え付け大球から極小まで
サンダー球根割り 
パッション苗の鉢あげ90株。残りは後日。

10月19日
隆 1便長野へ太鼓
サンダー球根割り

10月18日
露地フリージア用地整理

午後5ベット分被覆
鉄骨被覆

10月17日
フリージア植え付け。
単棟パイプ
パート1.5

10月16日
フリージア植え付け。
パイプ1 PO
パイプ2 アラジン
パート2

10月15日
フリージア植え付け。
ストロング連棟右 ムーン、アラジン、
ストロング連棟左 アンコナ、アラジン、パープル。
パート2

パッション研修日 パッションの定植 鉄骨A棟へ48株

10月14日
1日遅れて、輸入フリージアが到着。
航空便の筈が、業者の手違いによりヤマト便を使用したので、船で着いた為。
POは今年も黄色くて硬い。
アンコナは小さく、柔らかくて煮えたような球根が混じっていた。
又、数も120球ほど不足だった。
アンバサは中のところが小。
アラジンは良。
パープルは小のところが中。
フリージア植え付け。
ストロング連棟右 フィガロ、PO。
ストロング連棟左 ムーン。
パート1

10月11日
帰島

10月10日
鶴岡八幡宮で挙式。
風もなく良いお天気だった。

10月8日
次男の結婚式の為ハウスの管理を友人に依頼して、最終便で二人上京。
台風通過後ギリギリで飛行機が就航。

10月7日
ジャステシア2回目定植。

10月2日
鉄骨ハウスAトラクターかける。1

10月1日
ストロング連棟1,2整地終了
鉄骨ハウスA 剥がす。
隆 JA棚卸し終日

9月30日
隆 理事会他終日
パッション苗IB3粒

9月29日
節 病院

9月28日
ヤギョウ単棟被覆
ジャステシア苗施肥IBS1 1粒

9月27日
ヤギョウパッション3号伐採

9月26日
ジャステシア施肥IBS1 1�50グラム

9月25日
ストロング連棟1,2肥料撒き終了。トラクター午後。

9月24日
ジャステシア消毒 Oさん ダコニール1000倍 コテツ2000倍 展着剤1000倍 ハダニ対策
隆 消防捜索活動終日
ヤギョウパイプ2被覆

9月23日
隆 午後消防捜索活動
ヤギョウパイプ1被覆

9月18日
ヤギョウパッション1号, ヤギョウパッション2号伐採終了。
ジャステシアの葉に紫色の斑点が出ている。
特大の台風が小笠原に接近中。風速50メートルから40メートルに小さくなった。小笠原と八丈の間を北東に抜けていくようで、助かった。風は現在強風。

9月17日
隆 畑灌組合の草刈
パッション挿し木苗、発根始まる。
パイナップルを頂いた。

9月16日
隆 ユンボ講習会終日
ジャステシア 6株のみピンチ
ヤギョウパッション1号、伐採始める。枝先には秋実がすでにピンポン玉くらいに育っているが、この後はフリージアを植えるので伐採する。

9月15日
隆 ユンボ講習会終日

9月14日
ジャステシア定植終了。426

9月12日
今日はお昼頃から非常に強い南風が吹いている。
まるで台風のような風だ。
鉄骨ハウスパッション伐採A棟終了。B棟はあと半分。

9月10日
ヤギョウストロング連棟右被覆終了。

9月9日
台風は今回も被害無し。
風も吹かなかった。

9月8日
ヤギョウストロング単棟剥がしてピートモスと苦土石灰を散布。
耕運終了。
ヤギョウストロング連棟左被覆終了。右側整理終了。

9月4日
予定より少し遅れたが、パッションの挿し木をする。
今年の秋が寒いようだとちょっと遅かったということになりそうだが、去年の4列目位の枝の初期成長が望ましいのでこれで丁度かな、などと思ってもみる。
明け方は寒いくらいだ。羽毛布団を引っ張り出した。
やぎょうハウスパッション収穫最終日。バケツ1杯。

9月3日
4回目パッション研修日
伐採、撤去。
節子 レイメイキング教室に参加。講師はハワイから来島。

9月2日
鉄骨ハウスパッション収穫最終日。収穫箱1つ。

8月25日
急に涼しくなって夜は肌寒いくらいだった。
パッションの収穫ももう少しで終了。
次の作物の為の畑整理にとりかかる。
撤去した島唐辛子で醤油漬けと葉唐辛子を作った。
抜いた島唐辛子と伏見甘長唐辛子は剪定して鉢上げした。、冬の間ハウスに入れてもう少し収穫を楽しもうと思っている。
8月14日
孫達が7月19日に来島してから、早いもので25日間過ぎて今日、帰る日になった。いつものことながら、あまりに忙しい毎日でおもいっきり一緒に遊んでやれなかった。孫達はどんどん成長していき、来た時にはあまり声も出さずハイハイだけのおとなしげだったミーは、すっかりキカン坊さを発揮して、つかまり立ちも上手になって、よく大きな声を出すようになった。タクボンは相変わらず時計が大好きで、活発な子だ。来た時にはオムツをしていたが、すぐにとれてほとんど失敗もなく、大人のトイレに座れるようになった。それぞれに成長して帰っていく。うれしいような、寂しいような孫達の成長だ。いつまでもこの日々が続く訳はなく、ジジもババもゆっくりと年取っていく。気持を新たにして、自分の人生を考えねば。

8月13日
隆の膝が腫れて歩くのがやっとの為、盆踊りのスタッフに負担をかけてしまった。初日を終え、こじんまりとはしているがいつものように賑やかに楽しんでいる子ども連れの方々の様子にほっとした。

7月25日
連日、梅雨の戻り陽気で蒸し暑く湿気ているのに、海水は冷たい。
山に霧と雲がかかるのは、どうやら南風が冷たい海水の上を吹き抜けてくるかららしい。ダイバーさんに教えてもらった。
少しずつ回復傾向だ。
これで急に晴天になると、これはこれで厳しい。
パッションの収穫最高潮。収穫箱が足りない。

7月4日
7月だというのにまだパッションの交配をしている。通常は6月後半で終了していた。
パッションは7月に入って、きわめて順調に綺麗な実が収穫できている。甘味ものってお客様に喜んでいただいて嬉しい状況だ。
霧や強風などで天気が不安定な日と良い日が1日置きのような感じで繰り返されていて、出荷しにくい。

鉄骨ハウスパッション交配数 3
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 150

7月3日
鉄骨ハウスパッション交配数 12
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 350

6月23日
濃霧注意報。
飛行機は2便目だけ就航。残り3便欠航。
パッションフルーツのお客様がチラホラと来園し始めた。
甘酸っぱいパッションフルーツを試食していただいているが、じとじとする日に爽やかに気分転換して頂きたいものだ。
鉄骨ハウスパッションA棟の花は153個。咲き終わりで目印が殆ど終了。交配終了寸前。
B棟は180個。
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号は今日は立ち花で殆ど交配できなかった。
ヤギョウも収穫が近いので、下がった棚をマイカー線で上げたり、花柄取りや枝整理に追われるがやりきれない。
鉄骨ハウスパッション交配数 333
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 99

6月22日
濃霧注意報。
鉄骨ハウスパッションA棟の花は200個。咲き終わりで目印が終了する枝が続出。
B棟は190個。
ヤギョウパッションは霧の影響か、花が上がり気味。交配はしたが明日になれば判定がつく。かなりの結果母枝の開花位置がサイドにぶつかって交配終了枝が多い。脇枝の開花多い。
鉄骨ハウスパッション交配数 390
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 490

6月19日
鉄骨ハウスパッションA棟の花は50個。ポツポツと咲いて、この後1週間くらいで交配終了になるだろう。
B棟はまだ蕾の数がある。
ヤギョウパッションは1号は枝整理したので少なくなった。
2号は枝整理がまだ出来てない。
3号、4号はまだ元気に伸びている。
5号の垂らし栽培は、特大玉でとても箱に収まりそうにないが数はどうなることやら。この先のお天気次第かな。1条植えで周りに陰になる物がないので、来年の参考になるかどうかだが作業は楽。

鉄骨ハウスパッション交配数 350
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 680

6月11日
担い手研修センターのパッション研修日3回目で3名。
鉄骨ハウスパッションの平棚を30cm程上げ、落果受け青ネットを設置。
まだ交配があるのでちょっとやり難いが安心。
結果母枝を1枝折ってしまったので切り落として数えてみたら、脇枝5本と本枝を足して82個着いていた。まあまあかな。
鉄骨ハウスパッション交配数 253
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 520

6月7日
毎日の作業に追われ久し振りの更新です。
一昨日大雨、昨日霧と雨。今日の花は今年一番の最悪。
鉄骨ハウスパッションの3列目、4列目の蕾はまだまだ沢山着いている。
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号はサイドにぶつかって先を止めたところが増えてきたが蕾はまだまだ沢山ある。
5号棟はT字型に枝を垂らしてみた。主枝にも実を着けさせた。脇枝は順調に大きな蕾を着け、咲き始めてきた。
僅かではあるが鉄骨ハウスパッションの収穫が始まった。
落果防止にかけたネットの小袋の中に熟して落ちてきたもの10個。
花柄除去、雌しべの残骸除去、落果受け小袋の取り付け、落果受け青ネットの設置の準備などやらなくてはならない仕事が山ほどある。
鉄骨ハウスパッション交配数 290
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 40
5月28日
朝から大雨時化。
今日は風もあり涼しかったからか、花が良く咲いた。
ヤギョウパッションは立花は5個くらい。
鉄骨ハウスパッションも良かった。
今日の雨でハウスの雨水タンクが空だったのが満杯になって助かった。
鉄骨ハウスパッションの1列目と2列目の合わせ目は、手前半分の花がかなり減った。花芽が黄色くなって死んでいるところが増えているせいかも。
3月28日交配の実も色付いてきた。
幼い頃毎日遊んだ同級生の葬儀だった。異性ではあったが、缶蹴りや木登り、かくれんぼといつも一緒だった。4年生で転校して行ったが一番の仲良しだったかもしれない。
鉄骨ハウスパッション交配数 810
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 441

5月25日
昨日は雨。やはり雨と霧っぽい日が続くと立花が続出。ヤギョウパッションにもあちこちで出た。
明日は少し回復するとよいのだが。
鉄骨ハウスパッション交配数 579
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 326

5月23日
今日は午前中晴天、午後から山が霧っぽいので花が立つな、と思ったがやはり非常に多かった。
パッションの立花は多い日と少ない日が交互にある状態。
鉄骨ハウスパッションの最初に交配した実に色が出始めた。
最初の頃は、薄い色でいきなり落下する事があるので、ネットを着けた。去年は最初の大きい実を200個ほど落下させてしまって、全部ジュースにした。これが香りもよく酸味も糖度もあり非常に質の良いジュースになったが、原材料費を試算すると飛び上がってしまうほど高くなる。
ヤギョウパッションは伸びてはきたがまだまだ遅れている状態なので、いつまで蕾が持つかが気がかり。エスター線をやっと張り終えたが、そこまで伸びないうちに終わるかも。
鉄骨ハウスパッション交配数 752
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 324

5月20日
晴天。
1列目と、2列目の谷側立花非常に多い。そろそろ満足してきて、成熟の準備なのだろう。
1列目、2列目の合わせ目の結果母枝は良い所は16〜18個連続着果している。13〜15個連続も多い。今のところ19個連続がナンバーワンだ。一枝に合計で20個は欲しいが、どうなることやらこの先のお天気次第。
3、4列目は調子良い。
全体の花数も増えてきた。
ヤギョウパッションがぐんぐん伸びてきた。
隆、本日も総会。
鉄骨ハウスパッション交配数 1117
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 272

5月19日
先日の雨の影響か、立花のほうが多い。
霧が出始めると良くない。
沖縄が梅雨に入ったのでいよいよ八丈島も入梅だ。
この後、霧の少ない寒い梅雨であればパッションには都合が良いのだが。
隆、総会のため15時上がり。
鉄骨ハウスパッション交配数 950
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 274

5月18日
朝は梅雨のような煙った天気だったが、すぐに晴れてきた。
夕方は寒いくらい。燃えるような夕暮だった。
鉄骨ハウスパッションの脇枝の花が更に減っている。立花がいくらか増えてきた。結果母枝の花は調子良い。
ヤギョウパッションの立花はいままでで3個のみ。脇枝が咲き始めている。
ヤギョウパッションのエスター線が重みでどんどん下がってくる。
鉄骨ハウスパッション交配数 1200
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 140

5月17日
涼しかった。午前中雨。
鉄骨ハウスパッションの全体の花数は減ってきたが立花が激減。
鉄骨ハウスパッション交配数 2003
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 215

5月16日
今日はパッションの立花が少なかった。
鉄骨ハウスパッション1列目の道路側の結果母枝がサイドにぶつかったところや、最初に伸びた先を止めた脇枝などで咲き終わるところが出てきたせいか、今日は全体の花数が減った。
他の列はまだまだこれから増えてくる。

鉄骨ハウスパッション交配数 1700
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 203

5月14日
本日は八丈町農業担い手育成研修センターの研修日で
研修生3名が奥山隆農園パッションフルーツハウスにやってきました。
今日はパッションフルーツの研修第2回目です。

画像の説明

JA八丈島支店からも担当者がお出でです。
休憩時間に現時点のパッションの様子を説明。

画像の説明

整枝作業。

ツルを切り、伸びながら先が絡んだパッションの枝を整える。
真直ぐに揃えることで枝が見やすく、交配作業や脇芽取りが非常に楽になるので欠かせない。

画像の説明

花柄の除去。
咲き終わった花を放置すると、実の表面の日光に当たった部分とそうでない部分に色むらが生じる。また、湿度の高い時にカビが発生する。実の表面に爪を立てると傷跡が残るので注意して除去する。
晴天の日に乾いてパリパリになったものを取ると楽に出来るが、梅雨に入るとドロドロになりカビが出るので早めに除去したい。

画像の説明

この後、交配作業で終了。ご苦労様でした。次回の研修は1ヶ月後。収穫が始まってますね。

立花多い。全体の半分ほど。

鉄骨ハウスパッション交配数 1150
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 142

5月10日
立花がかなり減少。
咲いた花数が多く、時間が間に合いそうもないので途中から洗濯バサミ移動を無しにして飛ばした。
鉄骨ハウスパッション交配数 1683
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 140

5月9日
今日は立花が減少。回復する見込み。立花は今のところ特定の株、場所に強く出る傾向がある。

画像の説明
画像の説明

花の“白化”
(栄養がいきわたらず栄養不良を起こし白くなる現象)

ヤギョウパッションは2号、3号に黄化枝数ヶ所あり。
急に異常高温だった時に障害を受けたと思われる。花の紫色が抜けて真っ白で短くなり、全体に小さく雌しべ、雄しべ共に機能しない花が10輪程出現。脇芽も黄化した。そのうち枝先から枯れが出てくるだろう。

全体には良い生育。
そろそろ 疲れが溜まってきた。嬉しくても悲しくても 出るは溜息ばかり。
鉄骨ハウスパッション交配数 1417
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 86

5月8日
いよいよパッションの立花が多くなってきた。全花数1200ほどのうち300〜400位はダメだと思う。
ヤギョウパッション4号棟が咲き始めた。
ストロング連棟左、水を打ち耕運終了。
ヤギョウサンダー実生の2年目かなり出揃った。
今年の実生は僅かに
鉄骨ハウスサンダー実生の2年目はいくらか揃ってきた。
鉄骨ハウスパッション交配数 956
ヤギョウパッション1号、2号、3号、4号交配数 65

5月7日
鉄骨ハウスパッション交配数 878
ヤギョウパッション1号、2号、3号交配数 46

5月6日
鉄骨ハウスパッション交配数 1150
ヤギョウパッション1号、2号、3号交配数 56

5月5日
鉄骨ハウスパッション交配数 1258
ヤギョウパッション1号、2号、3号交配数 42

5月4日
鉄骨ハウスパッションでついに一つの株から立花が10個出た。
毎年GWの間は魔のウィークなのだ!
原因はハッキリしないが急激に暑い日があったかと思うと雨で寒くなったりと変化の多い時期でもある。
交配した良い花だった筈の所が、結実しないで黄色く萎れて来たり小さな花芽が死んでしまうのがこの時期だ。
この木は日当たりは良いが水捌けはあまり良くなく、片側に広い空間があり北風が入る。陽射しが強い時は乾燥もきつい。
早くから先の方の結果母枝4本の伸びが悪く葉は小さく黄ばんでいた。
乾燥なのか過湿なのか解りにくい。

ストロング連棟左フリージアの球根堀り。
ブルームーン、親、木子共に大きい。
まだ青いのでもっと置いて掘れば木子がさらに大きくなるだろうが後作があるので仕方ない。
茎の木子からは蕾が上がってきているものがいくつもありびっくり。
鉄骨ハウスパッション交配数 917
ヤギョウパッション1号、2号、3号交配数 39

5月3日
鉄骨ハウスパッションに立花1個出た。
鉄骨ハウスパッション交配数 981
ヤギョウパッション1号、2号、3号、交配数 28

5月2日
ハウス高温
鉄骨ハウスパッション交配数 770
ヤギョウパッション1号、2号、3号、交配数 26

5月1日
ハウス高温
鉄骨ハウスパッション交配数 1038
ヤギョウパッション1号、2号、3号、交配数 33

4月30日
昨日、今日と夜温が非常に低い。夜7時頃で11度。
ヤギョウパッション3号 交配始める。
枝振りはまだまだ。
3号棟の西向き枝先と主枝の先端にに色が抜けたようになって黄色くなった所が数箇所あり。
日焼けの様な感じ?原因不明。
鉄骨ハウス、ヤギョウハウス共に花の展開が遅く11時頃でめしべの花粉がまだ出ないものあり。交配開始を遅くした。
鉄骨ハウスパッション1列目 362 
2列目 202
3列目 149
4列目 117
鉄骨ハウスパッション交配数合計 830
ヤギョウパッション1号、2号、3号、交配数 33
4月29日
鉄骨ハウスパッションの2列目手前の脇枝の開花が増えてきた。
4列目結果母枝の開花が増えて119個あった。3列目は93個だった。
葉が黄色っぽくなってきた株が出てきた。
一度なるとなかなか戻らないが集中的に施肥しておくと後半力を発揮する。
ヤギョウパッションはまだまだ遅れている。
鉄骨ハウスパッション交配数 719
ヤギョウパッション1号、2号交配数 16

4月28日
鉄骨ハウスパッション交配数 678
ヤギョウパッション1号、2号交配数 20
開花順調。

4月27日
鉄骨ハウスパッション1列目はほぼ全体開花。
鉄骨ハウスパッション2列目の中から奥はまだ開花の始まらない枝が多い。
3列目は枝がまだ出揃っていないところがある。
花は順調に開花を続けている。まだ立花は出ていない。
ヤギョウパッションに枝先が黄色く色が抜けたようになったところが数箇所出た。
鉄骨ハウスパッション交配数 677
ヤギョウパッション1号、2号交配数 8
試験AN播種 470粒
サンダー種 発芽を確認。播種から約2ヶ月余り。

4月26日
鉄骨ハウスパッション交配数 570
ヤギョウパッション1号、2号交配数 11

4月25日
低気圧 1日風雨
花は順調。少し小さい花が出てきたので追肥。全ハウス。
パッション脇枝の先、混んだ所からピンチ始める。
パッション枝に緑色のカメムシ発見。実の表面にガサガサの傷が付くのはカメムシの所為だと思うのだが。
鉄骨ハウスパッション交配数 451
ヤギョウパッション1号、2号交配数 6
ヤギョウパッション3号、4号無し

4月24日
ストロング連棟左フリージア球根掘り取り。
まだ青いが簡単に引き抜くことが出来る。
球根は特大。木子も大きい。
鉄骨ハウスパッション3列目谷側手前多数咲き始める。良花。
鉄骨ハウスパッション交配数 596
ヤギョウパッション1号、2号交配数 6

4月23日
ストロング単棟フリージア後作準備。植え付け。
鉄骨ハウスパッション交配数 434
ヤギョウパッション1号、2号棟 交配数 6

4月22日
ヤギョウハウスパッション1号棟結果母枝の開花始まる。
鉄骨ハウスパッション交配数 484
ヤギョウパッション1号棟 交配数 1

4月21日
鉄骨ハウスパッション交配数 354

4月20日
今日は花数が少ない日。昨日、次の日の分まで咲いてしまったかのような勢いだった。結果母枝から出た脇枝の開花が10箇所くらいに増えてきた。
これをうまく処理していかないと整枝は失敗する。
明日はまたさらに増えそうだ。
ヤギョウハウスパッション1号、2号棟もそろそろ開花しそうな蕾が出てきたが枝ぶりはまだまだ。
その他の棟はまだまだ。
鉄骨ハウスパッション交配数 208
隆 膝の具合が良くならず、診察結果は加齢による変形、筋肉の衰えとか。

4月19日
鉄骨ハウスパッション交配数 367

4月18日

画像の説明

花が3個同時に咲いていた場所が2箇所。
2個同時に咲いている場所も多い。木の力が強いのか?
パッションの花数は順調に増えてきたが、まだ花芽の死んだ箇所が残っている。
ハウスの真ん中から奥へは遅れていて、咲いているのは僅か。
3列目の谷間側で初開花 2個。
4列目は手前だけ開花。4列目は脇枝がまだ出揃っていない。
全体に花が大きい。
鉄骨ハウスパッション交配数 326

4月17日
鉄骨ハウスパッション交配数 269

4月16日
パッション研修生初回。交配作業と整枝。
鉄骨ハウスパッション交配数 98
1,2列目 花、蕾も大きくなってきて良い調子。
1列目 結果母枝から伸びた脇枝に初開花。
3,4列目はもうちょっと。

4月15日
鉄骨ハウスパッション交配数 48
鉄骨ハウスパッション3列目の枝整理。枝の無いところがあり少しばらついている。
2列目と3列目の谷の結果母枝同士がぶつかってきた。
どちらを止めるか決めかねるので今のところ止めないで匍匐前進。
1列目はかなり脇枝が伸び、これも大変。様子見。

4月14日
雨水タンクが空になりかけていたが午後からの大雨で助かった。
鉄骨ハウスパッション交配数 12
そろそろ交配数が回復してきても良い筈。後から伸びてきた枝の一番花が膨らんでくる頃。
3列目、4列目はまだまだ。
1列目、2列目脇枝の整理2回目に入る。3列目はのびが遅く揃ってないので整理を止めているが早い部分は混んでしまった。整理するのに手間が掛かりそう。
サンダーソニア球根最後の掘り取り始める。病気あり。

4月13日
鉄骨ハウスパッション交配数 11

4月11日
隆の成田山新勝寺のお祭りの太鼓出演と次男の結婚準備のこともあり、友人に鉄骨ハウスの管理を頼んで二人揃って数年振りに上京。
鉄骨ハウスパッション交配数 5

4月8日
この後数日は死んだ花芽の影響で交配は休みになるかもしれない。
枝の整枝 2列目まで終了。枝の伸びが遅らせて植えたにもかかわらず早くてサイドにぶつかるものが多数出てきたので先を止めた。
鉄骨ハウスパッション交配数 35

4月6日
フリージア採花終了。
ストロングのフラワーネット、支柱撤去始める。

4月2日
鉄骨ハウスパッション交配数 19
増えてきたがやはり次の花が死んでしまったものが多く観られる。
例年より暖かかったものの途中冷えが戻ったので仕方ないだろう。
去年は4月9日頃から開花が始まった。
枝ぶりは予定よりも早く伸びたので、花芽の無い部分が去年ほどではないが長くなってしまった。
ヤギョウパッションは急な冷えの影響か、葉が少しおかしい。
クワゴマダラシロヒトリの幼虫の駆除に毎日20分は時間をとられるが、見つけては手でとっている。

4月1日
フリージアストロング単棟、ストロング連棟左は収穫を終了し水掛に入った。
残した球根を早めに掘り取る予定。
次作は夏野菜の種蒔き。連棟右は、ポルトサルート、エンパイアーがまだ少し残っているが終了間近。
露地フリージアは思いのほか収穫が多く、アラジン、アンバサ共に露地物とは思えないほど丈が長い。特にアラジンは太くて長く、80センチほどありハウス物と変わらない。
どちらも露地特有のアントシアニンが花びらの裏に茶褐色に出ているが、それもアクセントに感じられるほど花色が濃い。
露地テクセル、露地カルガリーは花色は変わらないが、テクセルは葉が弱くて紫色になるのでダメ。
カルガリーは全体が弱くなってしまうが真っ白で可憐。
祭りの最終日まで間に合いそうだ。
パートさん今日で終了。
鉄骨ハウスパッション交配数 6

3月31日
鉄骨ハウスパッション交配数 5
3月30日
鉄骨ハウスパッション交配数 6
交配数が少ないのは2番目から5番目くらいまでの花が2月の急激な冷えの時に冷害を受けて死んでしまった模様。

3月29日
鉄骨ハウスパッション交配数 5

3月28日
鉄骨ハウスパッション交配数 18

3月27日
フリージア露地トンネル物は白、黄色以外は殆ど終了。
白、黄色は最後の1列が咲き始めた。
鉄骨ハウスパッション交配数 5

3月24日
鉄骨ハウスパッション開花。

3月20日
パッションヤギョウハウス初開花。試しに4個交配し残りの蕾は全て摘花。鉄骨ハウスパッションよりも開花が早い。
寒いと思っていたパイプハウスの方がどうやら温度が高かったらしい。

3月17日
露地アラジン咲き始める。球根は同じものでハウスに2日遅れ。さほど差が無いのはなぜ?
露地ものとは思えないくらい丈が高く80cmほどもあり、太くしっかりしている。

3月14日
夕べの大時化は心配したが露地のフリージアに被害は全く無し。
フリージア
ハウス物はほとんど終了。

ハウス物赤白少量。
ハウス遅咲き黄色咲き始め。
露地トンネル赤咲き始め。
露地トンネルブルーもうすぐ。
露地トンネル遅咲きピンクまだまだ。
露地トンネル遅咲き白まだまだ。

3月12日
光に当てるためと丈が伸びてぶつかるものが出てきたため(アラジン)、露地フリージアのトンネルのネットを剥がした。

3月10日
ハウス物はアラジンがまだ咲かないが後は終了間近。
露地物はまだ色着かない。

3月8日
早咲き黄色僅か。
薄紫少ない。
白と赤ピーク。
露地赤もうすぐ。
全体に不足気味。

3月6日
早咲きピンク終了。露地遅咲きピンクまだまだ。
早咲き黄色不足気味。遅咲き黄色まだ。
白2種と赤咲き始め。
薄紫がピーク。

2月25日

ブルームーン

ブルームーンが開花寸前

ポルトサルート蕾

ポルトサルート蕾
芽立ちは悪かったが花はがっちりと育った。
株数は少ない。
アラジンが非常に遅れているので黄色が間に合わない。

フィガロ蕾

フィガロ蕾
揃って開くまではまだまだ。

エンパイアー蕾

エンパイアー蕾
揃って開くまではまだまだ。
アンバサダーはいまだにスクスクとのびている最中。
茎が非常に太く丈がどこまでのびるやら。

2月21日
ブルームーンの蕾の膨らむ様子。
少し色着いてきた。
初引きは2日後になるか。

ブルームーン

2月20日
夕べから大時化。波6メーター春の嵐。
奥単棟サンダー植え付け2ベット終了。

2月19日
ブルームーンの蕾がようやく顔を見せてきた。
色着くまで4〜5日位か。

ブルームーン蕾

露地パープルの花芽出始めた。
奥のブルーも花芽出始めた。

2月18日
ヤギョウパッションの花芽を摘花。
主幹がぐんぐん伸びて太くなり始めた。
アラジン花芽出始めた。

2月17日
鉄骨パッションの多数の結果枝に花芽確認。
2列目の主枝を全部止めた。
3列目の主枝の先を隣の主幹とぶつかるところで摘まんだ。
4列目はまだ伸びきっていない。

2月8日
ヤギョウパイプパッションの主幹に花芽多数。これは収穫しないので摘花することになる。
ストロングブルーは蕾がガクから見えてきた。色着くまでには2週間くらいか?温度次第だ。
オパラが動き始めは遅いが、出始めるとやはり早そうだ。
エンパイアー、アンバサも動き始めた。
アラジン確認できない。
露地フリージアの赤に花芽の動きあり。
アーチの準備を急がなくては。
節子 痛み止め飲んで作業。

2月7日
隆 7日、8日と太鼓交流会のため休み。
叔母の1年忌。
サンダー出荷。

2月6日
フリージアの白とピンクの花芽も僅かに動き始めた。
ブルーは出揃って伸びてきた。ポルトサルートは伸びたものもあるが不揃い。
アラジン動かず。
サンダーソニア4回目終了。
5回目切り始める。
スリップスの幼虫を虫眼鏡で確認。
節子 ぎっくり腰の痛みが強くなって来てすんなり座れない。腰が伸びないので大年寄りの気分。

2月5日
ヤギョウパッションの残り半分の主幹を吊った。最後の列は成長遅れで吊れない物もある。

2月4日
鉄骨パッションの1列目の主枝を全て止めた。交差した所は僅か。
結果枝は元の近くはぐんぐん伸びているが花芽はまだ見えない。
日長と温度がまだ足りないのだろう。

2月3日
関東東海花展でサンダーソニアが銀賞に入った。
今年はちょうど良い時に良品が咲いてくれた。
フリージアの赤の花芽が動き始めてきた。

2月1日
昨日の日中は風がやみ、止っていたが昨夜から早朝まで又も吹きまくった。
連日定期船欠航。
露地フリージアにアーチパイプ設置始める。
サンダーソニアの三回目開花は2LSP〜Lが主体で特に2LSPは側枝が4本のものもありボリュームがすごい。スリーブに入れるのに一苦労する。
4回目の列も開花が始まった。

1月31日
昨日の夕方から小さい台風並みの風が吹きまくっている。
この1週間、連日の法事に参った〜
フリージアのブルーに花芽が見えてきた。早いものは茎が伸びている。
例年とは少し順番が違っている。
ピンクと黄色の早生種が早いはずなのに少し遅れている。
赤、白は全く動いていない。

フリージア

姉の47回忌。法事は暮に済ませていたので、叔母の忌明けに出席。
夜は地区のお通夜へ。

1月18日
パッションの花芽がはっきり見えてきたが、これは収穫しない。

パッション花芽

1月17日
晴天 暖かい
隆 今日から起きる。仕事休む。大里地区新年会

1月14日
隆 珍しく喉に痛みあり。今朝から発熱。39度

1月13日
晴れ 寒い
サンダーソニアの1月の開花始まった。丈もあり茎もしっかりして花茎も詰まっていて良品。
サンダーソニアの11月咲き1回目終了の球根を堀上げる。茎は黄色いものから青味の残った物まであるが先端に病害が見える物があるので全部掘り取った。
パッション1から3列まで鉢回りに追肥

1月12日
曇り時々小雨 
今日も寒い この冬一番の寒さ?内地は大雪
鉄骨ハウスパッションの1列目のおおかたの主枝の先に花芽が見えてきた。隣の株の主枝と40cm程交差している。
成長が遅れている枝先や脇芽の先にはまだ見えない。
2列目の主枝の成長も順調。
3列目の主枝を摘心しないで横に寝かせた。対の主枝は脇枝を伸ばす。4列目はまだ上まで伸び切っていなく遅れているので鉢周りに追肥。

1月11日
ヤギョウフリージア手入れ
隆 月曜会でパブリックロードレース応援太鼓9時半から4時半 1日休み

1月10日
ヤギョウパッション全部に追肥 
1 2 3までは伸び始めてきた
4は奥の方がまだ伸びてこない。
ルスカス跡地耕運。
ヤギョウ奥単棟耕運

1月8日
朝から雨
ヤギョウ奥単棟の妻面を張る
ストロングフリージアのバイラス抜き
午後ヤギョウ奥単棟の整理
ヤギョウパイプハウス3連棟のルスカスを整理し、リキュウソウ用畑の準備 
サンダーソニアの3回目が色付き始めてきた。

1月7日
快晴 雲ひとつ無くとても暖かい
ヤギョウストロングのフリージアのネット上げ
ヤギョウ露地フリージアのネット上げ
午後からヤギョウ奥単棟のビニール被覆

1月6日
ユーカリ畑の倒れていた防風林のホンコンを伐採

1月5日
親戚の成人式
長男 最終便で帰島

平成21年1月4日
娘夫婦孫達は暮に埼玉へ帰って行き、次男とその婚約者も今日神奈川へ戻って行った。隆の出初式も済んでお正月も終りだが、明日から数日は長男が帰島する。
農園も明日から通常の仕事に戻る。3ヶ月余りの育児応援も終了したことだし、じじばば生活から本百姓生活に戻らなくては!

12月20日
パッションの1列目の主枝と葉がグンと太くなってきた。茎の勢いが強くて寝かせようとすると上を向いて波打ってしまう。
3列目はもう少しで全部上に届く。4列目はまだまだ。
ヤギョウハウスは最後の棟の奥半分が伸びてこない。隣の陰で少し暗いのと、冷えだと思う。
鉄骨処理奥2列

12月19日
日中は陽射しも強く室内は窓を開けないと熱いくらいだったが、風は冷たい。
サンダーソニアの2回目残り少なくなってきた。御世話になった方に少しづつお届けしたい。
3回目は遅れ気味。

12月15日
寒い。フリージアがどんどん伸びている。
パッションの1〜2列目の主枝が伸びてきた。長いもので40cmくらい。3〜4列目は主幹がまだ上まで伸びきっていない。
ヤギョウハウスは主幹が少し伸び始めてきた。

12月14日
小雨のち曇り
今日から寒さが強くなりそう。
サンダーソニアの開花が止まっている。

12月13日
暖かい日が続いたのでサンダーソニアの二回目のピークが早い。

12月3日
陽射しの強い一日だった。
出荷に追われる日々が続いたがサンダーソニアの一回目のピークは落ち着いてきた。

12月1日
PC打ち込みで完全徹夜。午後2時から4時まで仮眠。喉が痛い。

11月29日
隆帰島

11月28日
時々強い突風が吹き、飛ばされそうだ。飛行機が就航できるか怪しい。定期船欠航。

11月27日
隆上京 JA理事会

11月24日
6日の予定を延ばしてもらって父の13回忌のお寺参り。姉の47回忌と祖母の27回忌も一緒にお願いした。アズーロで坂上の姉家族、隣の姉、長女の家族も一緒に食事。とても良いお天気の一日だった。
サンダーソニアを仏前に供えることができて良かった。

11月22日
サンダーソニア出荷始まる。初切り800本(オーランチカ)
結婚記念日。この頃はこの日をいい夫婦の日というらしい。

11月20日
サンダーソニアの出荷間近か

サンダー花

11月14日
未明にさやか第二子、男の子を無事出産。
ますます忙しい毎日になりそう。

11月9日
早朝より優婆夷宝明神社の祭りの準備 (餅まき、抽選会)
餅は雨対策で小袋に3個〜5個詰めた。6000袋以上
雨のため観客、参詣者は少なかったらしい。
さやかの出産予定日1日過ぎたのに変化無し。夜は祭りの手伝いはやめ、匠の子守。

11月8日
朝から小雨
御神輿

11月7日
優婆夷宝明神社のお祭りの準備

11月5日
ストロングハウス連棟のフリージア

今のところフィガロはスクスク伸びているが、ポルトサルートが発芽しないものが多くまばらな状態で心配。

フリージアフィガロ

11月4日
朝から小雨が降ったり止んだり。
鉄骨ハウスのパッションフルーツ定植終了。
10月3日定植の輸入球サンダーソニアに出蕾。

サンダーソニア出蕾

10月30日
朝から雨のためフリージアの植え付け中止し休日。美容院でカット。
隆 JA監査終日

10月29日
ヤギョウ奥露地フリージア球根植え付け。
ストロングハウス連棟のフリージア除草。

10月28日
ヤギョウ奥露地フリージア球根植え付け。
ストロングハウス連棟のフリージア除草。

10月27日
ヤギョウ奥露地フリージア球根植え付け。

10月26日
ヤギョウ奥露地フリージア球根植え付け。

10月25日
鉄骨ハウスB棟 サンダー用地の1回目耕運。
ストロングハウス連棟のフリージアに草が出たので除草を始める。
ホウズキが多い。シマジンはフリージアに使用されている除草剤だが、フリージアにも多少害が出るように思えるので撒かない。

10月24日
低気圧通過。ストロングフリージア吹き込む風強いが気温が高いので閉め込めない。ドアと南側だけ閉める。少し葉折れがでた。
孫の匠発熱のため1日仕事を休む。

10月23日
ヤギョウ奥露地フリージア球根植え付け。P2

フリージア植え付け

10月22日
ヤギョウ奥フリージアのベッド作り終了。フラワーネット設置
フリージア球根ホーマイで消毒

フリージアベッド作り

10月21日
晴れ 少し肌寒い
隆 10年に一度の島しょ合同防災訓練八丈島に消防団出動。
午後ヤギョウ奥フリージア用地耕運2回目。トラクター耕運。
ベッド作り半分終了。トラクターでベッドに合せて駆けたのでベッド作りがとても楽に出来た。

10月20日
曇り〜晴れ
ヤギョウ奥フリージア用地耕運2回目の予定、雨の影響で明日に延ばす。

10月19日
サンダーソニア輸入球植え付け終了
低気圧が台風になる。影響で豪雨。
鉄骨ハウス最初に植えたサンダーソニアはすくすくと成長中。

サンダーソニア

10月18日
サンダーソニア輸入球植え付け

10月17日
北東の風 1日中冷える。
パッション3
サンダーソニア輸入球分割し、植え付け準備。

10月16日
ヤギョウ奥フリージア用地元肥入れ耕運1回目。
4列と3m短い1列、半分の長さの1列の計6列。
鉄骨ハウス、B棟サンダー用に中心3ベッド分ガスタード消毒。

10月15日
リキュウソウ堀上

10月14日
リキュウソウ堀上

10月13日
ストロング単棟フリージア植え付け。ストロング終了。P2.
鉄骨ハウス最初に植えたサンダーソニアに追肥1回目R
状態は良好。
隆 帰島1便

10月12日
ストロング単棟フリージア用ベッドを作りフラワーネットを設置。

10月11日
ストロング連棟フリージア植え付け、P2。午後P1、2.5
隆 上京1便(消防団)

10月10日
ストロング連棟フリージア植え付け、P2。
パッション2 サンダーソニア 発芽見えてきた。

10月9日
ストロング連棟フリージア植え付け、P2。
午前中、鉄骨ハウスにてサンダーソニアの定植研修3名。
ストロングハウス単棟2回目耕運フリージア用肥料入れ。

10月8日
フリージア球根1便で到着。早速ストロング連棟フリージア植え付け開始、P1。4

10月7日
到着する筈のフリージア輸入球根が遅延するとの連絡あり。8日か9日に延びる模様。ベッドが乾き過ぎないように軽く水を打つ。

10月6日
ストロングハウス連棟にフリージア用ベッドを作りフラワーネットを設置。高ベッドにしないで通路を踏むだけにする。

10月5日
ストロングハウス単棟耕運。
ヤギョウ奥、フリージア畑土壌被覆。
パッション1

10月4日
ストロングハウス連棟2回目耕運。フリージア用肥料入れ。
ストロングハウス単棟土壌消毒1週間剥がす。
鉄骨ハウスのサンダーソニアの準備も進み、ようやく植え付けが始まった。年末用に注文した輸入球の状態が発芽が始まった物があったので仕方なく急いで植え付ける事にした。3〜5グラムサイズ。

サンダーソニアの球根植付け

10月3日
今年はパッションの苗つくりをゆっくりすることにした。
8月終りに挿し木したものがようやく30センチほどに伸びてきた。

パッション苗

10月2日
サンダー輸入球到着 午前中サンダーソニアの球根選別研修3名。

10月1日
隆 JA棚卸。
土壌消毒1週間剥がす。耕運。

9月9日
鉄骨ハウスA棟のパッション、伐採終了。
撤去した茎や葉はここのはハウス外に積み堆肥として再利用することにした。
この後サンダーソニアの球根を植え付ける為の下準備に入る。

9月3日
ヤギョウストロングのパッションの伐採風景

切り落とした葉や茎は土に混ぜ込む。有機物の補充になる。
次の作物はフリージアの切花の予定。

パッションの伐採

9月1日
ヤギョウストロングのパッション終了。
(鉄骨ハウスにはまだぶら下がっている。)

画像の説明

パッション伐採を始めた。唐辛子は背丈よりも立派に大きくなってまた次の花をつけ始めているが、2週間以内に撤去してフリージアの作付け準備に取り掛からなければならない。

今年のストロングハウスのパッションフルーツは収穫数は少なかったが、サイズの大きい物が多かった。
最後の3週間は3Lが主で2Lと少しのLサイズで終了。最終出荷まであと1週間くらいかな。今採れているのは酸味が少なく高糖度で水分も多い。

8月13日
去年、農園チラシ夏号デビューの
孫のタクボンがブ〜ンと埼玉からやってきた。

ジージとタクボン
ジージとタクボン
ジージとタクボン
ジージとタクボン

去年はひたすらよこもう(横間海岸)で砂遊び。

今年はジージの指南でパッションフルーツの選別体験学習。

ハウスの隅に放ってあったシワシワパッションにお出まし願って
さあ!

1歳11ヶ月くん、やる気満々。

訓練開始!

カカも トトも ちょっとドキドキ。

スイッチ 入れたり
スイッチ 切ったり

たのしかったあ〜!!

7月30日
東京から農業体験隊2名が26日から3日間農園にやってきた。

農業体験隊
農業体験隊

経営学を勉強中の大学生。パッションフルーツの調整選別、箱詰などを手伝っていただいて大助かり。
父ちゃんと母ちゃんふたりではちょっと間に合わない量の収穫中の時で時期もピッタシ。
最後の日にはまかせっきりでも大丈夫でした。
若いので呑み込みの早いこと!ほんとにご苦労様でした。ありがとう。

7月23日
今日から3日間夏祭り。パッションフルーツのギフト用にならない物をお買い得品として出荷の依頼があったので準備することに。

7月21日
ヤギョウハウスのパッションの落下防止ネットの準備が出来てない。なのに落果が始まった。3Lサイズ落果、ひぇ〜。
島唐辛子も斜めに傾いたものがあったので、慌てて支柱を立てた。

助っ人

7月19日
非常に蒸し暑い。風が強く、吹かれた為か鉄骨ハウスパッションはいつもの3倍収穫する。神戸の太鼓の友人が来島。夕方から調整作業を手伝っていただき大助かり。ここのところの連日の夜なべ作業に、パソコンの打ち込みも1字ごとに居眠り状態。

写真はお手伝いいただいた神戸のSさん。暑かったですね、ご苦労さんでした。

7月18日
久しぶりの恵みの大雨。空になっていた作業場地下雨水タンクに少し溜まる。雨の影響か、パッションの収穫に色の少し薄いものが混じる。
7月15日
農協セリ市場に初出荷の準備。ヤギョウストロングハウスにまたパッションの花が咲き始めて驚いている。
7月7日
あまりの忙しさに久しぶりの更新。
パッションフルーツの収穫も順調。色付きもよく発送の依頼も沢山頂いて毎日郵便局へ通っている。去年は収穫数は多かったがはね出しサイズも出た。今年はS、2Sは殆ど出ない。鉄骨ハウス1列目はやや小さめのものが目立つが2列目、3列目は3L〜Lまでが多い。ヤギョウハウスは全体の数が少ない分、実は非常に大きい。
両方のハウス共に本日で花の交配を終了することにした。ヤギョウハウスはゆったり、かつ整然と整枝できた。摘葉は全くする必要がなかった。主枝1本仕立て。

5月29日

島唐辛子の実

島唐辛子の実 第一号実る
青いうちに採り冷凍保存し一年中利用する。
生の実の炙った香りと辛味は人気が高く刺身には欠かせない。
赤くなったものは更に辛く、これも冷凍保存すると良い。
生の赤い実を乾燥させて粉に引いて一味として何にでも利用する。
どちらも冷やしそうめんなどで美味しい。

島唐辛子の花

島唐辛子の花

青唐辛子を御予約される方はこちらからどうぞ。 6月中頃から発送できると思いますが何分収穫次第なので前後するかも知れません。

5月28日
サンダーソニア実生の土の流れた所の露出部分の土入れは終了。肩部分の土が台風2号後の幾度もの豪雨で流れ、種が通路からかなり発芽してきた。
鉄骨ハウスパッションの立ち花は激減したが花もない。この後の蕾の開花はお天気頼み。
本日の交配数200花。

5月27日
鉄骨ハウスパッションの開花はお休み中。
本日の交配数20花
5月24日
ヤギョウハウスパッションぐんぐん成長中。一文字仕立て。
結果母枝の葉が巨大。
茎葉に見られた異常(帯化、黄班、奇形)や花芽欠落はほとんど出なくなった。
最初の花3つの実に黄筋やたてに凹みが見られる。
これらは状態から見て急激な環境変化(肥料の一時的高濃度、温度の急激な変化)による生理障害ではないかと考える。
鉄骨ハウスパッション1列目はほとんど良花だが花数激減で明日から2〜3日休みに入る模様。
3列目は立ち花多いが花芽は順調。

沖縄梅雨入りしたので八丈も入梅状態に入る。

今日の交配数300花。
鉢上げ島唐辛子に花芽多数。

雨で流れたサンダーソニアの実生苗床に土入れしながらIB化成S1を追肥。発芽順調。
5月23日
ストロングと露地の島唐辛子に追肥IB小粒。
ネリにIB化成S1を少量追肥。
5月21日
台風対策で露地島唐辛子に被覆したサンサンネットを剥がす。

島唐辛子

5月20日
ヤギョウハウスパッションの交配始まる。
花が大きい。
最後の唐辛子をストロングに定植完了。
5月19日
台風4号接近。露地の島唐辛子に風よけサンサンネットをアーチパイプでセット。
ネリは双葉は落ちたものの枯れる様子はなく本葉は元気。定植時にアブラムシ発生が見られたので双葉の裏を指でこすった時の傷に病原菌が入ったのかもしれない。農薬は何であれ控えたいのでこのまま様子見。
パッションフルーツの本日の交配数1000花 1列目立ち花は減ったが蕾も減少気味。
ヤギョウハウスのパッションは回復の兆しあり。
5月18日
サンダーソニアの実生苗はおおよそ順調。
IB化成入れる。
ネリに潅水。
5月17日
2列目の開花数多くなってきた。
ヤギョウハウスはまだ判らない。
本日の交配数 1600花 立ち花減ってきた。
5月16日
鉄骨ハウス横に島唐辛子苗定植。
ヤギョウハウスの島唐辛子の鉢物は蕾が見えてきて、背丈もぐんと伸びた。

5月15日
ネリの双葉に異常発生。
ポロポロ落ちる。
パッションフルーツの花は少しづつ回復中。立ち花減ってきた。
4日ほどすると1列目は3〜4日休みに入りそうだ。
他の列は良さそう。
ヤギョウハウスのほうの葉に異常があり、ツルが伸びないし、花芽も飛んでいる。暫くは回復しないだろう。

5月9日

ネリ(島オクラ

ストロングハウス単棟にネリ(島オクラ)を定植。
朝からずっと雨の寒い一日。

パッションフルーツは1列目花回復傾向 まだ立ち花の方が多い。
2〜3列目まあまあ順調。
本日の交配数1400花 立ち花1500くらいか。

5月8日
ネリの予定地をトラクターで耕す。無肥料。
パッションフルーツの本日の交配数1200花 立ち花多数

5月6日
パッションフルーツの花は少し回復傾向。まだ立ち花の方が多い。
本日の交配数960花 立ち花多数

球根掘り取り後

5月5日
フリージア球根の掘り取り。
枯れてから掘りたいが次の作物が待っているので早めに掘り取ることにした。

5月3日
午前中曇りのち晴天。強日射。午後小雨のち曇り
パッションフルーツの花絶不調 立ち花ほとんどか?
鉄骨ハウス37度越す。遮光カーテンかけたとたん小雨。陽が翳るとヒヤッとする。
例年ゴールデンウイークの頃は急に不調になるが天気の変動が激しいからか?
本日の交配数450花。 立ち花1800花くらい
島オクラ 本葉出始める。

5月2日
強風土砂降りつづく。
立ち花更に増える。
咲く花数はどんどん増えていく。
本日の交配数1200花。 立ち花1000花位か。

唐辛子の苗

5月1日

パッションフルーツの立ち花が増えてきた。
交配数900花 立ち花800花位か。
島唐辛子の苗が定植適期になった。
島オクラ双葉出揃う。

4月30日
鉄骨ハウスの温度が32度。遮光カーテンを午後3時まで。
本日の交配数1300花 立ち花300花位か。

4月27日
どんどん花数が増えて少々疲れ気味。
首が痛くなり始めた。
本日の交配数1600花

4月26日
暑い日差し。あまりの暑さについソフトクリーム求めてさ迷って…。なんと父ちゃんと2人作業着のまま“ポケット”へ。

4月23日
お天気の良い日がつづいている。
パッションフルーツの花の調子もとても良く交配が順調に進んでいる。
本日の交配数 1000花

パッションハエ

4月20日
パッションフルーツの人工交配は一部を除いてほとんどの地域で人手で行われていると思われるが、ハエによる交配の可能性を探る実験が待たれる。

パッション蕾

4月19日
パッションフルーツの交配を終わって最初の株に戻ってみると珍しく午後から咲き始める花を2つ発見。
いつまで待ってもそのままなので無理にこじ開けて交配。
結実するかどうか。

八丈オクラの種蒔き

4月19日
ネリ(八丈オクラ)の種蒔き。
ポットに蒔いて薄く土をかける。
今なら直播がいいのだが場所がまだ空かない。

サンダー球根

4月17日
まあまあの出来だ。
サンダーソニアの球根は二股に分かれ、ブーメラン型になっている。それぞれの先端に芽を出す成長点があり、そこが傷ついたり病気になると捨てるしかない。

サンダーソニア球根掘り取り中

4月16日
うーん、先が黒いなあ。早く掘らなくちゃ。

球根ほりとりの様子

4月16日
パッションフルーツの枝も伸びてきたし邪魔にもなるし、丁度適期だし、というわけでサンダーソニアの球根の掘り取りが始まりました。

a:14294 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional